<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

迷宮ラリーから20年か

b0009103_12434853.jpg


26日夜、長崎の小さなジャズバー「さろまにあん」にはいい年のおじさんおばさん10数名が集まっていた。

1月ほど前、マスターからあるVTRの上映会の案内をもらった人たち。
ジャズバーに似合わない体格のいいおじさんたち。
じつは、彼らはみんなバイク乗りさん(私のように過去のバイク乗りもいるけど)
それもハーレーのようにつるんで走るファッションライダーではなく
オフロードバイクで道なき山や荒れ地を走ったり、エンデューローレースに参加してきた人たち。
いまでもレースにエントリーしている人たちもいる。

彼らが集まったのは、20数年前のラリーの映像をみるため。

ラリーの名前は「ラビリンスラリー」

渡された「こま図」のみをたよりに、長崎近隣の山の中をバイクで1昼夜走り回るレース。
秋の夕方5時ころがスタートなので、すぐに真っ暗になってしまう。
真っ暗な中12時間以上山の中を走りまわる考えられないようなバイクレースが長崎で行われていたのだ。
長崎のJAZZシーンでその名を知られる「さろまにあん」のマスターも20年前はこのレースの常連さんだった。

映像には、集まった人数人の20年前の姿が。
そして20年前のバイク。
ホンダXLR250、ホンダXLRBAJA、カワサキKDX,スズキジュベル、YAMAHAセロー…
真っ暗な映像の中に二つ目ランプが光り、ドドドドッツという独特のエンジン音がきた!
「おお、○○さんのJAVAだ!」と誰かがいう。
真っ暗でも、20年前でも、あの時JAVAに乗っていたのはだれか、みんな知っている。

撮影されたラリーは、長与の琴の尾岳から諫早土師野尾ダム周辺から有喜、森山をとおって白木峰高原というようなルートのよう。ほとんどが夜の山中シーンなのでどこかは走った人たちの記憶で補完していく。
なるべく公道に出ないように設定されているコースなのでほとんどは山の中。それもけもの道もないようなところだったりする。
いまは整備されて車が通る林道もそのころは、人が歩くのも困難なダート道だったから、オフロードバイクの天国だった。
走り回った山も誰かの所有だったり、県や国有林だっただろうが、知られない限りはバイクで走るのは許されていた。そのかわり、山を走るときは絶対にタバコは吸わないし食べ物飲み物のごみはすべて持ち帰るという仲間内のルールが守られていた。
まだまだ性善説が通る世の中だったのね。

ついこの前と思っていたら20年以上すぎていた。
このラリーの発案者のUさんももう長崎にはいない。
VTRを見ながら、UさんにTELするマスター。
広島の山の中から元気なUさんの声が電話に乗って届いてきた。
「俺はよばれていないぞー!」

つぎはUさんも交えて、また見ようねとマスターの提案。
「さろまにあん」があるので、「つぎ」も実現できそう。
最後はマスターのサックスを所望してお開きに。
やっぱ、ロリンズの「セントトーマス」で〆ました。


この映像の回ではないが、ラビリンスラリーに「トライアルジャーナル」の記者さんが参加したときがあった。
彼が書いた体験記がWeb上に残っている。
ぜひアクセスして20年前の迷宮ラリーを追体験してください。
http://www.shizenyama.com/nishimakio/tj/isahaya.html
[PR]
by windowhead | 2012-02-27 13:49 | 男たちの眺め | Comments(0)

選手名鑑、今年はエルゴラ版

b0009103_239531.jpgJリーグのあたらしいシーズンが始まる前に選手名鑑を買うのが恒例になっている。

中村俊輔選手が海外移籍してからJリーグにあまり興味がなくなっていた。
それでも、好きな選手はちらほらいて、彼らはあまり日本代表の監督のお目には留まらず、見る機会はJリーグの放送しかない。
そこで、そのチームのことを知るために購入を始めた。
サッカーマガジンとサッカーダイジェストのものを交互に買っていた。
寿人か西川くんか…寿人が表紙のほうを買うとか、まあそんな判断基準。

ところが今年、私の周辺の俊輔ファン、マリノスファンの方がこぞってエルゴラ版購入。
さらに、わが町にJFLチーム・ヴィファーレン長崎が掲載されていると、ヴィファーレンから携帯メールが届きた。
そこで、初めてエルゴラ版に手を出した。

これはいいぞ!
まずサイズがいい。
小っちゃくて携帯しやすい。
なにより各選手の紹介文にチーム愛がほとばしる。
各チームの担当記者さんが書いたのかな?

たとえばね、
俊輔くんが4児のパパで育メンだとか
FC東京のむっくんはファンからのプレゼントがチームで一番多いとか
鹿島の岩政くんの救急搬送された災難とか
サガン鳥栖は黒髪がデフォルトのようだとか
どうでもいいことだけど密着していないとわからないようなことが短文のなかにさらりと折り込まれている。
選手の戦歴データはないが、いつも必要というわけではないので、困らない。
あ、JFL5チームについては個人データだけだった。(ヴィファーレンよ、コメントを書いてもらえるリーグに昇格しようね)

それと、これおもしろいなあと思ったのは、Jリーグ担当レフリー名鑑というページがあって、それぞれのレフリーが出したカードの内訳分析などがあるところ。データからレフリーの特徴がみえてくる。

なにより520円というプライスと文庫本サイズというところがいちばんうれしいよ。

そうそう、選手が好きな音楽とか尊敬する人とか、仲良しはだれとか、そんなデータが欲しい人には、エルゴラは向いていません。マガ、ダイから選んでね。
[PR]
by windowhead | 2012-02-25 13:36 | 紙のフットボール | Comments(2)

マリノスのDNA?

U-23日本代表のマレーシア戦で、初めて斉藤学くんのプレーを見た。
愛媛にレンタル移籍中に14ゴールをあげ、対戦した反町監督から「エヒメッシ」なる称号をもらったという若者。
素朴な田舎っこのような風貌がなんともかわいくて興味があった。
解説の名波氏もずいぶんほめていた。
初召集、初スタメンということもあって、連携がいま一つ合わないのはしかたないのかな。
とても印象にのこったのは、
仲間を活かそうとしているように見えたこと。
強引なシュートより、ゴールの可能性ある選手へのパスを選んでいたような。
それは消極的というのではなく、より確実で丁寧なプレーをしている風に見えた。
東くんなんかと比べるとがむしゃらさがないと見られるかもしれない。
それでも、何が何でも俺が!というのは苦手そうな雰囲気。
だれかに似ているなあ。

そう、中村俊輔くん。

先輩、後輩といっても、二人が同じチームでプレーしていたのは俊輔君がマリノスに帰ってきてから学君が愛媛にでるまでの1年くらい?
先輩の影響をもろに受けるには時間が短い。
そういえば、あの天真爛漫アピール男のひが君だって、昨日は必死に学君探してパスしてたっけ。
マリノスの選手を思い起こせば、人を差し置いてでも自分がという自己顕示欲の強い選手はあまりみかけない。
マリノスのDNAなのかもしれない。
熱い雄叫びが好きな人にはものたりないかもしれないが、それがチームの特徴なのかも。
良くも悪くも都会育ちのチーム。いいじゃない。


ツイッターでは、斉藤君は、「エヒメッシ」から「カモメッシ」に称号変更がされていた。
「カモメッシ、酒井を活かしてくれてありがとう!」などというつぶやきが流れていた。
なぜか、ちょっとうれしかった。

斉藤君、君のライバルは香川君だよ!
[PR]
by windowhead | 2012-02-24 02:07 | 紙のフットボール | Comments(2)

菜の花忌近づく

b0009103_1858432.jpg

昨日は、1日中暖かい1日だった。
長崎の夜空には飛行船が浮かんでいた。
夜の飛行船はちょっと幻想的。
なのに、今日は1日中どんよりと灰色の空で午後から雨模様。
ランタンフェスティバルも明日で終わる。

来週はもう「菜の花忌」だ

今回の「菜の花忌」のスケジュール

2月11日(土曜日)午前11時より
場所は、長崎市風頭町の風頭公園内「司馬遼太郎句碑」の前で
(坂本龍馬の銅像がある展望台)
句碑に菜の花をそなえて、司馬遼太郎さんをしのびます。
どなたでも参加できます。

ことしは、どなたか坂の上の雲の一節を読んでくれないかなあ。
[PR]
by windowhead | 2012-02-05 19:10 | 日日抄 | Comments(4)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧