<   2012年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「ポンペの化学書」というのが出ていた

幕末の長崎に幕府が設置した「長崎医学伝習所」。
そこの最初の先生として来日したのが28歳のオランダ軍軍医ポンペ・ファン・メーデルフォールト。

なぜかこの人が好きで、長崎案内を頼まれたときは、できるだけこの人の業績が残る場所を入れようとしてみたり…観光を楽しみたい人には迷惑ですよね、医学教育の歴史なんか。

少し前、TVドラマで「JIN-仁」というのがあったとき、直感的に、ポンペも似てるねと感じたのね。
南方先生の孤独感や不安感がひしひしと伝わるたびに、ポンペも同じように感じただろうなあと、二人をダブらせてドラマを見ていたような気がします。
あ、ポンペが長崎に来たのは安政4年11月で、南方先生がタイムスリップする4年くらい前です。

ポンペに関する本は、たくさん読みましたし、長崎大学医学部に残る関連の器具や書物なども見せてもらったりもして、一時期、ポンペにかなり迫ったのです。

最近ポンペをもう一度おさらいする必要があって、本を探していたら、ポンペが授業で教えた化学の講義録の翻訳本が出ていることを知りました。
ポンペは医学だけでなく、化学や物理学なども総合的に講義していたことはよく知られていますが、講義録の翻訳本があることは知りませんでした。

「ポンペの化学書」というタイトルで、彼の講義録「朋百舎密書」というものの翻訳のようです。
「朋百舎密書」は2000年に発見されたもので、日本の化学史上かなり貴重なものらしいのです。

読みたいですよ~~。
アマゾンにあるくらいだから読みたければ買えば~と言われそうですが、それがね、中古品しかなくて、それも29,800円からなんです。
もちろん長崎の図書館の蔵書にないかネット検索してみましたが、ないようです。

うーん、今29,800円の本は買えないわ~~。
いつかこの本と出合うことがありますようにと祈りながら、とりあえずはちょっと頭を冷やすことにしました。

しかし、知らなければこんなに悩むこともないものを、存在を知ってしまうと好奇心がざわついて平常心ではいられないって、やっかいなものです。

好奇心って、齢を取っても弱まらないものなんですね。
つくづく、厄介だなあと思いつつ、そんなわくわくモノを知ったことに感謝したりもして…。

さあ、お休みだし、掃除です。
[PR]
by windowhead | 2012-05-14 12:06 | 長崎と幕末維新 | Comments(3)

サンフレッチェとマリノス…開始時間が待ち遠しい。

b0009103_11231691.jpg


苗床から鉢に移し替えて、ゴーヤカーテン作戦開始です。
ことしは昨年より2週間早いのですが、ひんやりした気候なので、成長が心配だなあ。
今年もよろしくね!、ゴーヤ君。
へちま君はもうすこし後の登場になりそう。勢いがいいので、ゴーヤくんが遠慮しそうだから。


お天気がいいので、外に行きたいのですが、今日はがまんです。
2時50分からのサンフレッチェ広島と横浜FマリノスのTV放映にそなえています。
美容院にいきたいんですが、今日は無理。明日もヴィファーレン長崎の応援にいくので無理かな。

美容院  中村俊輔、佐藤寿人、ヴぃヴぃくん
サッカーファンしか理解できないだろうけどね、この力関係。

今のマリノスのスタイルって、サンフレッチェがにがてな相手に近いんじゃないかなあ。
サンフレッチェは苦戦しそうな予感がする。
どちらのチームも、特別の存在ともいえる最高の選手がキャプテンを務めている。
なにより、寿人の10ゴール目を今日のホーム戦で見たいよね。
俊輔が見れるというのは、広島の人にも特別のことのようで、そんなサンフファンのつぶやきがTLに流れていた。
どこのチームであっても、最高の選手たちが対戦するのが見れるとなると気持ちが昂るね。
今日最高のカード、見逃せない。
[PR]
by windowhead | 2012-05-12 12:05 | 日日抄 | Comments(0)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧