<   2012年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ヴィファーレン監督解任で夢しぼむ

驚いた。
そして、時間がたつにつれて大きく膨らんでいた来シーズンの夢が薄汚れてしぼんでいく感じがしている。

佐藤由紀彦選手が長崎に来た時から、ぼちぼちヴィファーレンを見だした新参者だが、1年ごとにチームが形になって応援しがいのあるチームになっていた。
はっきり言って田舎くさいチームから脱却したなって感じ。
そんなチームを作って、今シーズンの目標のJ2参入をやってのけた佐野監督の解任。

18日の最終戦、いつも出場機会少ない選手たちがスタメンしたが、それでもきちんと勝利するチームを見て、佐野監督を中心にチームの意思統一がしっかりしているから、来シーズンのJ2での戦いが楽しみだねって、友人と話してた。
今シーズンからサッカー観戦初心者の友人を誘って後援会にも入ったし、その友人などは、このチームに愛着を覚えて、後援会はもちろん、個人株主制度があれば株主になっていいよって言っていた。
18日のわくわくした気持ちがしゅーんとしぼんでいく。
しぼむだけでなく、納得のいかない監督人事の裏になにかありそうで、夢が薄汚れていく感じがする。

佐野監督の解任の理由に、Jリーグ監督の経験が少ないというのも1つだという。降格制度があるので是が非でも降格は免れたい。そのためには経験豊富な監督がいいんだと。
もしそうなら、J1で優勝争いしている、広島の森保監督と仙台の手倉森監督はどうなんだ?二人ともJではほぼ新人監督さんだ。

新しい監督は、Jの経験豊富な長崎県出身の1人にしぼって交渉中らしい。
長崎県出身の監督といえば、サンフレッチェ広島の森保監督、J2栃木SCの松田監督、J2徳島ヴォルティスの小林監督、そしてJ2ロアッソ熊本の高木監督。うち小林さんと高木さんは国見出身。
どうも高木琢也氏らしいとのこと。
少し前から、高木さんがJ2熊本の監督は今季限りとのニュースが流れていたので、去就が気になっていたが、すでに裏取引があったのでは、と疑ってしまう。
いったん退いていた小峰さんやその周辺の地元の政治力がうごめきだしたのかとか、高木さんは島原出身、小峰さんも県知事も島原出身だもんなあ~と、どんどん裏読みしてしまう。

長崎初のJリーグチームには長崎出身の監督のほうが宣伝効果がある、なんてばかなことを考えそうなのは経済界や広告代理店。
なんでもかんでも県産品志向が田舎くさい。サッカーはじゃがいもや魚とは違うんだから!

ツイッターでnettaroさんがこうつぶやいていた
「V・ファーレン長崎 http://www.nagasaki-np.co.jp/news/v-varen/2012/11/21021427.shtml … Jリーグでの監督経験がある本県出身者1人に絞り。ビルバオでさえ監督はバスク人に拘ってないのに。アビスパが九州出身者を監督に選んで、2012年、大失敗したのに。さらに範囲を絞って長崎出身者に拘ってもしょうがないだろw」
まったくです!禿同!!
でも、本県出身者を選べという人たちには、このつぶやきの意味がわかる人はいないかも。
最後のwの意味も。
それくらいサッカーのことわかっていない人が圧力かけたんじゃないかなあ。

おばさんは、ながーく長崎に住んでいるから、ついついこんな憶測をしてしまう。
そして、つい口がすべっちゃった~~。

ヴィファーレンのサポーターの人たちは、きっとはらわた煮えくり返りながも、チームのために冷静をとおしているのだろうなあ。
私はまだファンのレベルだから、いいサッカーをしたチームにこだわりたくて、悔しさをぶちまけている。

佐野監督が去ることで、選手たちが離れなければいいけど…。
佐藤由紀彦は、長崎に残ってくれるだろうか。

もう修復はきかないのだろうか。
佐野監督と由紀彦といまのメンバーで初々しくJリーグデビューし、さわやかでしたたかなチームに成長していくのを見続けたいと思っていたのに。

悔しくて悔しくて…ぶつぶつ書いていたら3時すぎてしまったわ~~。
[PR]
by windowhead | 2012-11-22 03:30 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

ヴィファーレン長崎最終戦も勝ち!

b0009103_74832.jpg

Vファーレンサポーターが掲げるビッグフラッグの中
はじめてバックスタンド側で応援
サポーターさんたち、気合入っていましたがどこか楽しそう

なによりうれしいのは、佐藤由紀彦選手がフル出場。
随所に質の違ったプレーを見せてくれました。
ユキヒコ目当てですから、堪能しました。
試合後、優勝セレモニーには、一昨年のFマリノスのユニフォーム姿のユキヒコ。
背番号は3。
マツのユニフォームでした。
たしか天皇杯予選でマリノスと戦ったとき、マツとユキがユニフォーム交換していたとマリノスファンの方のツイッターで知りました。
きっとその時のユニフォームでしょう。
全てを相談していたマツがいなくなって、一人悩み苦しんだときもあった。これからも彼と一緒に戦っていきます。とのコメントです。
マリノスの俊輔もおなじような気持ちで戦ってきたんだろうなあ。
マツのユニフォーム姿のユキをヴィファーレンサポーターの方が撮影してツイッターにアップしてくれています。感慨深い勇姿をみてください。
http://instagram.com/p/SLIo3KGRWT/

来シーズンも「由紀彦」応援でいきます!


b0009103_7135293.jpg

もう1人のお目当て「ヴィヴィくん」
きょうも変わらずかわいかった。
ちっちゃな王冠とちっちゃなケープで、控えめにJFL王者のしるしなのかな。
来シーズンは、マスコットファンの間でヴィヴィくん旋風が起きるはず。
それ、一番たのしみです。

佐世保バーガーお土産にウキウキ気分で長崎に帰りましたよ。
[PR]
by windowhead | 2012-11-19 07:17 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

ヴィファーレンJFL優勝

b0009103_032663.jpg

ヴィファーレン長崎のJFL優勝が決まった。

なんでも明日J2に昇格できるかの決定が下されるらしい。
ヴィファーレンの問題点は、資金力らしい。
我が家のみんなも後援会に入れるくらいしかサポートできないけど。
ぜひJ2に入れてください。

ヴィヴィくんのJリーグデビュー!
叶いますように。

b0009103_0191493.jpg

[PR]
by windowhead | 2012-11-12 00:33 | 長崎なう | Comments(2)

消えた町・内中町

b0009103_0532045.jpg


長崎市役所の近くにある「桜町公園」
木々が紅葉しはじめました。

この場所には、戦前静かな家並みがあったことを知っている人も少なくなっています。
現在の八百屋町から、この公園と長崎市議会の建物あたりまでが「内中町」という住宅地でした。
原爆投下後の火事で内中町の住宅は焼失してしまいました。
戦後の都市計画で、市電のルートがこの場所を通ることになり、分断された町は、桜町公園と長崎市議会など市関連の施設になりました。

桜町公園の片隅に、斉藤茂吉の歌碑がありました。
「朝あけて船より鳴れる太笛の
     こだまはながし並よろう山」

そういえば、斉藤茂吉は、大正6年「長崎医学専門学校」の教授として長崎に赴任し、東中町(今の上町)に居を構えました。
桜町公園に茂吉の歌碑があるのも、ご近所のよしみなのかもしれません。
私も小学生のころ、一時期このあたりに住んでいましたので思い出のある町です。

   
[PR]
by windowhead | 2012-11-11 01:29 | 長崎なう | Comments(2)

セルティック勝った!ロッドが泣いた!

昨日1日ご機嫌だった。
朝からうれしい情報が!「UEFA Champions League 、グループリーグ第4節セルティックが2-1でFCバルセロナを破った!!!。

b0009103_12241216.png

セルティックのHPから頂いたその時のセルティック・パーク。パラダイスはいつも美しい!

試合の内容はUEFA.comのサイトに詳しく掲載されていた。
セルティック、バルセロナから殊勲の勝利
http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2013/matches/round=2000347/match=2009541/postmatch/index.html
試合データを見ておどろいた。
セルティックとバルセロナのゲーム支配率は、28%:72%、シュート数は5:24
ほとんど攻撃できない状況でよくまあ、勝ってくれたものだ。
バルサの枠内シュート数は、14、キーパー大健闘だったんだ。
中村俊輔がセルティックに所属した時から、セルティックファンになった。俊輔ファンで今でもセルティックファンを続けている人は多いと思う。
幕末明治の歴史愛好者としては、スコットランドという土地には、格別の愛着を感じるから、俊輔が去ってもセルティック好きは変わらない。
このセルティックは、チームのレジェンドの一人でもある俊輔に「ぜひともセルティックで引退してほしい」と、獲得オファーを出しているようだ(古巣セルティックが、横浜M・俊輔にオファー
今でも俊輔がセルティックファンに愛されていると思うとうれしい。

セルティックの大ファンとして知られるロック歌手の大物、ロッド・スチュワート氏は、セルティックの本拠地“セルティック・パーク”で試合を生観戦。金星を挙げた試合終了後に感激のあまり号泣している映像が中継画面に映し出された。(サッカーキングより)
との記事を見たのでその映像を探したら、You-tubeにありました~~~
ニュースショーで映し出された映像のようだが、


うロッド、かわいい!白いハンカチ使うロッドはやっぱり紳士だね。


ロッドといえば、初のクリスマスアルバムが発売されたらしい。
そのクリスマス・アルバムから「Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!」をどうぞ。



ハスキーで色っぽい声は健在。
相変わらずのタータンチェック姿。
彼のスコットランドへの憧憬(彼はロンドン生まれだったよね)と表敬がタータン姿に込められているんだよね。

あ、セルティックにもオリジナルのタータンチェックがあるのを知っていますか?
以前、このブログでも書いたんですが、グリーン基調の素敵なタータンです。

セルティックの勝利に気をよくして、ついつい好き勝手に書いてしまいました。
この浮かれ具合では、ロッドのこと笑えません。
サンフレッチェさん、マリノスさん、ヴィファーレンさん、次の試合で、私をまた浮かれさせてください。
[PR]
by windowhead | 2012-11-09 13:19 | 至福の観・聞・読 | Comments(0)

ストライカーという生き方

b0009103_544592.jpg
アウエーオマーン戦に向けて日本代表のメンバーが発表された。
FW登録の選手名を見て、なぜか急にまたこの雑誌を再読したくなった。
「ジャイアントキリング エクストラ vol.11」
テーマは ストライカーという生き方。
Jリーグで輝くバリバリのストライカーたちのインタビューが詰まっている。
サッカー選手の中で、唯一数字で評価されるポジションがFW。
どれだけ技術があろうが、どれだけ守備に貢献しようが得点ができなければFWは評価されない。
乱暴な言い方かもしれないが何得点あげたかがFWの価値だ。
だからこそ、得点することに命を懸けているというような強烈な個性がそこにある。
日本代表メンバーのFW登録選手は、どちらかというと得点の上手なMFという個性の選手が多い。
チームで得点する戦術では、もはやストライカーという個性は無用といわんばかりだ。
日本では良いFWは育たないなどと言われるが、すくなくとも今回の日本代表FWたちに比べるとジャイアントキリングエクストラが取り上げたFWたちのほうが得点力ははるかに高い。(前田はどちらにも登場だが)
前田遼一、佐藤寿人、赤嶺真吾、豊田陽平、工藤壮人、大迫勇也、マルキーニョス、J2から藤田祥史、大久保哲哉、阿部拓馬。Jリーグのストライカーたちに声援を贈りたいと思った。

b0009103_655930.jpg

なかでも佐藤寿人への取材記事はとても興味深かった。
チームリーダーの顔とストライカーとしてのエゴの共存
センターフォワードへのこだわり
身長というマイナスをカバーするために続けている「考えるプレー」
佐藤寿人という頭脳派FWは、日本代表かどうかなどという狭い基準を凌駕して、いま日本最高のセンターフォワードであり、彼の姿が日本のサッカー界に伝えるものはたくさんあると思った。

佐藤寿人が、今の日本代表のことをどのようにとらえてきたかがわかるインタビュー記事があった。
彼が、先日ヨーロッパ遠征に選ばれた少し前のインタビューだ。
現在実績を見せている最高のプレーヤーでありながら代表に選ばれない事実をどう乗り越えてきたか、それを支えた矜持とは何かがわかるインタビューだ。
ぜひとも、自分の中で記録にとどめたい記事だったのでリンクをさせてもらった。。

広島・佐藤寿人がザックジャパンへ!招集直前に語っていた代表への想い。(細江克弥・number webよりhttp://number.bunshun.jp/articles/-/283427)

サッカー選手というよりも30歳の男の真っ直ぐな生き方に感動を覚えた。
[PR]
by windowhead | 2012-11-06 07:17 | 紙のフットボール | Comments(0)

いいな、男の子

b0009103_9121881.jpg

「ちびっこくんち」の男の子
長崎くんちの出し物を幼稚園や保育園児たちが披露する「ちびっこくんち」
いまや本物のくんちを凌ぐ人気(え、私の中では、だけどね)
衣装も演技も本気です。
ながさきの観光大使で派遣したいくらいです。
そこらの子役たちよりよっぽど感動させてくれます。
そんなくんちに出演の男の子の後姿
どうです、なんだかもう男の子じゃなく、男のかっこよさでしょう。
前に回ってみると、ホントに幼い顔でした。
もってこ~~~い!


b0009103_920376.jpg

最近気になっているCM
ユニクロのフリースのCMですが、
このお父さんは、サッカー元日本代表の鈴木隆行選手ですよね?
とても自然なCMで惹かれます。
お母さん役、女の子は、ご家族なのかな?モデルさんなのかな?
鈴木師匠、やっぱり絵になる男です。
こんなさりげない姿が魅力的なサッカー選手,素敵です。


などと、朝から和んでばかりはいられない。
今日はヴィファーレン長崎の大切な試合がある日。
今日勝利すれば、そして、長野が引き分けか負ければ、JFL2位以内が確定。
Jリーグ入りがだんだん現実になってきます。
選手のみなさん、プレッシャーに負けないで!
ここは、ベテランで日本代表経験者の佐藤由紀彦キャプテンが力になってくれるはず。
「俺たちの由紀彦」
そんな時代から、好きです。
だからヴィファーレンでも私の一押し選手は佐藤由紀彦です。
是非とも勝利を!

こんな大事な日に仕事でいけないのが残念
18日のホーム最終戦には絶対行く
きょうは、応援のみなさん、ぜひともヴィファーレンを勝たせてください。
お願いしますね。
[PR]
by windowhead | 2012-11-04 09:32 | 男たちの眺め | Comments(4)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧