<   2013年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ヴィヴィくんが人気者になっているらしい

ゆるキャラというのは大嫌いだけど、
サッカーチームマスコットは大好き。
チームマスコットは、チームの主役は選手だよ!
という、立場をわきまえた礼儀を心得ている。
そのチームにいた大好きな選手がほかに移籍しても
マスコットは、ずっとそのチームにいるんだね。

今シーズンも、FC東京から、大好きな選手たちが
ごっそりいなくなってしまった。
けれど、ドロンパはいる。
ドロンパを見るために、FC東京をチェックすることになるなあ。

我が県のヴィファーレン長崎のチームマスコット
「ヴィヴィくん」が、なんだかサッカーファンの間で話題になっているらしい。
「圧倒的な可愛さ」らしい
「ヴィヴィくん旋風吹き荒れるかも」らしい
ドメサカ板なんだけどここみて!
まったくヴィヴァーレンに関係ない人たちが、ぬいぐるみあったら欲しいって!
こっそり会いに行くかもって!(ヴィファーレンホーム試合にきてくれるってことだろ)
そうそう、かの有名な「いぬろぐ」さまも、ヴィヴィくんの転入を大喜びしていましたぞ。
「いぬろぐ」さまはこちらですぞ。

どうする?ヴィファーレンのフロントのみなさん
いや、長崎のちぢさんや、しちょうさんや、けいざいかいのひとや、せーじかのみなさん、そしてながさきのひとたち、
ちっぽけなマスコット分際で、これだけ話題を集めるんだぞ。
もうすぐJリーグシーズンが始まるってのに、長崎での盛り上がりはぜんぜんかんじられないよ。
せっかくのヴィヴィくん人気にのっかって、ヴィファーレン応援旋風をまずは県内に仕掛けてはいかがかしらん。
もっちろん「ヴィヴィくんぬいぐるみ」はすぐさま作ってくださいませ。
これはもうヴィヴィくんファンの悲願ですから。
それと、2011シーズンみたく、ヴィヴィくんのついたタオルマフラーも。

あ、ヴィファーレンはもちろんヴィヴィくんばかりじゃありません。
今年も佐藤由紀彦がいる!!!!
昨シーズン気になった選手たちがJリーグでどれだけの位置にいけるのか楽しみ。
そりゃあもう、由紀彦がいうように、本当に大変なシーズンになると思うけど、Jリーグのいちばん下っこから、どう上がっていくか、その姿見届けたいね。

b0009103_1413631.jpgヴィヴィくん人気に気をよくして、駅の西友にお野菜や牛乳を買いにいったら、また変なものがあったよ~~。
くまもんのイラストの付いた牛乳。
西友ブランドより30円も高いんだけど、
「くまもん」に負けた。




[PR]
by windowhead | 2013-01-22 14:02 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

1月20日、旅立つひと

あわただしく決まったFマリノスの若い10番小野裕二選手のベルギー移籍。
空港に駆け付けたサポーターに見送られて今朝の飛行機で飛び立ったようだから、もうベルギーに到着したのかな。
メディカルチェックを済ませたらそのままベルギーリーグ、スタンダール・リエージュの選手としてそのままチームに合流するらしい。
一部報道によると移籍金は200万ユーロとか。
0円移籍で海外に出ていく若い選手が多い中で、育ててくれたチームにきちんと違約金(移籍金)がはいる移籍、あっぱれです。
若くてもチームの10番を背負った選手のプライドと責任を見せてくれました。
小野君にとってもマリノスにとっても価値ある移籍です。


小野君の旅立ちと同じころ、もう1人の若い選手の旅立ち。
なぜかとても愛着を持っている選手なので、彼の旅立ちが気になっていました。
FC東京の若手DF椋原健太選手がセレッソ大阪に1年間のレンタル移籍。
1月20日の朝、大阪に向けて旅立った。
東京生まれの東京育ち、FC東京のジュニアユース、ユースからトップチームに昇格したザ・東京のような選手が、異文化大阪でどんな成長をするのか楽しみ。
FC東京ではなかなかコンスタントにスタメン定着はできなかったけど、2009のナビスコ杯優勝や2010のスルガ銀行杯、20011の天皇杯優勝とタイトルを勝ち取った試合にはすべて先発出場しているし、ACLでもブリスベン相手にゴールを決めるなど、不思議な勝ち運を持っている選手。
フォトジェニックな笑顔で女子供のみならずオジサンサポーターまで魅了していたFC東京のアイドルに大阪の女性ファンがどう反応するのか興味しんしんです。
むっくん、桜色が似合いそうだね。
[PR]
by windowhead | 2013-01-21 02:44 | 紙のフットボール | Comments(0)

ビブリア古書堂は広かった

b0009103_224026.jpg

5,6年前に閉店してしまったご近所の書店。お昼間時々シャッターがあいているが、中はすでに書架も本も取り払われて車庫代わりに使われている。そういえば「いつか読書する日」という映画にこの本屋さんが登場した。主人公の青春時代の思い出の場所として。

本屋さんが舞台になる物語といえば「ノッティング・ヒルの恋人」や梶井基次郎の「檸檬」や宮部みゆきの「淋しい狩人」などが思い当たるが、最近なら「ビブリア古書堂の事件帖」シリーズがお気に入り。

この「ビブリア古書堂の事件帖」が、ドラマ化されるということで楽しみと不安半々で待っていた。
第1回目の放映を見て、ちょっとほっとした。
心配だったのは若くてはつらつとした剛力彩芽さんが、彼女の実年齢より年上で人見知りで本の虫の栞子さんを演じきれるのかという部分。でも、1回目を見て違和感はなかった。剛力さんは案外レトロな空気感のある人なんだ。ただ、原作通りメガネっこにしてほしかったけど(本のカバー絵はメガネでないのよね、なぜだろ)。栞子さんが大丈夫なら、他の登場人物はそう気にならない。原作で高校生の妹が弟になっているのは、妹では実年齢が若い剛力さんと見た目であまり歳の差がでにくいので、あえて弟に変えたのか、それともジャニーズを出さなければという大人の事情なのか。妹の同窓生の女学生が出てくる事件があるが、これは弟でも大丈夫かな。予告エピソードで次回はその女子高生・小菅 奈緒の登場となるはずだが、だれが演じるのかな。

ビブリア古書堂はその立地も大事な要素だと思うけれど、ドラマでは場所ははっきり出していない。五浦くんが自転車で移動するシーンで江ノ電や建長寺や北鎌倉駅周辺など北鎌倉をイメージさせるシーンがでてきたので、安心。次回からのロケ場所も楽しみになった。
ビブリア古書堂内部が思ったより広かった。まるで古い図書館みたい。もう少し小ぶりの町の本屋さん的な内装でやってほしかったけど、それでは月9のおしゃれなイメージに合わないのかもしれない。リアル感がないほうがこの物語には合っているのかもしれない。

原作をもとにしたオリジナル脚本ということらしいが、テーマとなる本にまつわるエピソード部分は大きく変えることなく原作の本質が保たれているので、このままいけば大丈夫。

ちょっとうれしかったのは主題歌。映画「ネバーエンディングストーリー」のテーマ曲が使われていた。懐かしいなあと感じたあと、あ、そうか!とその曲を使った意図がわかってニヤリ。「ネバーエンディングストーリー」の原作エンデの「はてしない物語」も、いじめっ子から追われて逃げ込んだ本屋で出会った本から不思議な物語の世界が始まるのだ。
きっとドラマ「ビブリア古書堂の事件帖」の製作者たちはもともと本が好きなんだろう、そう思わせる主題歌の選曲だ。


ドラマ第1回放映の後、twitterなどで、主に出演者をけなす感想がたくさん流れている。演技力がないだのセリフ棒読みだの、歯に衣着せぬ辛辣さにおどろいたが、このドラマにそれほど高い演技力はいらないと思うよ。というより、あまり大げさな演技は、この物語の世界観に合わないはずだ。セリフ棒読みぐらい淡々としてくれたほうが古書の持つドラマ性が引き立つというものだ。小津安二郎の映画みたいなセリフ回しが似合うような気がする。だったら主演二人は問題なく合格点でいいんじゃないかな。

ドラマ「ビブリア古書堂の事件帖」は、次回も見たくなる楽しみな作品。
[PR]
by windowhead | 2013-01-15 04:25 | 至福の観・聞・読 | Comments(3)

「新島八重を歩く」に出会った

b0009103_22161349.jpg


長崎駅ビルの中の大型書店で出会ったよあの本に

「新島八重を歩く」
(星亮一+戊辰戦争研究会著)が、なんと大河コーナーに平積みされていた。

大河人気で新島八重や会津戦争に関する本がどんどん出版されているようだけど

その中からこの本を選んで、良く見える場所に平積みしてくれた「メトロ書店」の書店員さん、ありがとう。

なんでお礼を言うかって?

実はちょこっと執筆に参加しているから。

新島八重と長崎…何のつながりもないんだけど

八重の兄・山本覚馬とは劇的な関係があるんだ。

そのことを少し書かせてもらった。

だからやっぱり売れてほしい。

少し高価だけど、大河を楽しむにも、関連の土地を訪ねるためにも

大いに役に立つと思う。

原稿を渡してしまうと、案外あっさりとそのことから離れられるので

本が出版されても、それほど思い入れはなかったんだけど

その本が他の本と並んでいるとやっぱり愛おしくなるね。

ぜひともたくさんの人に読んでほしいという気持ちが湧き上がってきた。

だから、遅ればせだけどちょっと紹介したくなった。

「新島八重を歩く」って本をどこかで見たら、ぜひ手に取ってみてください。
[PR]
by windowhead | 2013-01-12 22:53 | 至福の観・聞・読 | Comments(4)

2013ご利益ヨロシク!

初詣なのよね、世の中は。
しかし、私は昨日は天皇杯サッカーで、今日は箱根駅伝みている。
これはまさに寝正月オッサンの行動パターン、…だけどやめられない。
初詣はというと、自分勝手に旧正月に詣でますってことにしている。
だってさ、混雑する神社でちゃっちゃとお参りするのはいやだもん。
神社ではゆっくりとして気持ちをつくりたいからさ。
今年は、2月10日か。
2月の節分に昨年のお札なんかをお返しして焚いてもらって、旧正月元日にお参りして新しいお札をいただく。
ものぐさ者が勝手に考えたやりかた。

みなさん、年に何回神社に詣でるのだろうか。
正月だけの人も多いかもしれない。
ならばちゃっちゃとお賽銭あげてかしわで打ってお祈りして、おみくじ引いてちょっとはしゃいで終わるのではもったいないよね。
長崎の諏訪神社には、面白いご利益スポットがあるんだし。
諏訪神社の面白ご利益
・「恵美須・大黒縁結び・恋占い」
 7メートルくらい離れて向かい合っている木製の大黒様と恵美須さまの間を、目をつぶって恋しい人のことを思いながら歩き、それぞれの像の前にたどり着けば恋愛成就とのこと。
・止め事成就の狛犬
 拝殿裏にある狛犬さん。足に包帯をしているの?とよく見れば、膨大な数の紙縒り(こより)。備え付けの紙縒りを巻き付け辞めたいことをお祈りするらしい。
禁酒、禁煙…今の恋をやめたいって?ご利益あるかどうか、試してみては
・高麗犬の井戸
 狛犬の口からでている水でお金を洗えば倍になって帰ってくるとか。
・縁結びの陰陽石
 女石、男石、両性合体石の3つを決められた順序で踏んでお参りすると願いがかなうらしい。四の鳥居、一の鳥居、拝殿前とある場所が離れているので、踏み間違わないことね。

b0009103_14403535.jpg諏訪神社の近くにある松の森天満宮もぜひお参りしたい。
子供のころ、うちの母は諏訪神社はそこそこに、私と弟の手を引っ張って松の森天満宮にまっしぐら
「ここは勉強の神様やっけん、まじめに祈らんばいかんよ!」と、諏訪神社より多めのお賽銭の渡してくれましたっけ。
昨年の晩秋、久しぶりに松の森神社を訪れました。変わらないなあ。時間が止まったみたいに懐かしい場所。


女性向けの一押し初詣スポットなら
長崎鎮座八坂神社
なんてったって、美人になれるというお稲荷さんがあるんだから。
八坂神社は安産祈願や初宮参りでも人気の神社。安産祈願は、御祭神の応神天皇(八幡大神)の母・神功天皇が大陸から帰国したとき腹帯をして筑紫の宇美(産み)の浜で無事、天皇を生んだという故事に由来しているらしい。
美人になれるお稲荷さんは、本殿の右横に。小さな赤い鳥居がかわいらしい。
櫻姫美人稲荷大明神
 名前にあやかってか、若い女性の間で、隠れたパワースポットになっているらしい。
ただ、残念なのは、八坂神社は商売っ気がないのか、美人にあやかったお守りやグッズがぜんぜんないのね。「顔を抑えるごとに美人に近ずく脂取り紙」など作ればかなり儲けると思うんだけどなあ。(お正月早々、生臭い話は品がないですね。)
このそっけなさが案外ご利益の信憑性を高めているのかも。
お隣に清水寺もあって、ここも安産祈願。さらに、良縁祈願できる「奇縁氷人石」がある。

美人も安産もお願いするには遅すぎる年齢になったけど、お願いすることはまだまだいっぱいありそうな2013年。
ことしは、言霊に託そうかなと思ったりしている。
[PR]
by windowhead | 2013-01-02 14:42 | 長崎なう | Comments(6)

初夕日

b0009103_17561315.jpg


長崎の元旦は今一つのお天気だった。
マリノスが負けた時点で天皇杯は見ないぞと思っていたけど
やっぱり元旦のサッカーやめられない。
柏レイソル、強いというか堅かったなあ。
これは勝つチームだわ。

夜はお正月のお楽しみ!「ウルトラマンDASH」
今年の俊輔は水上を走る船の上でFK蹴って25メートル先の対岸の家の窓にボールを入れるという課題にチャレンジ。水の上でおまけに時速15キロくらいで走っている船の上からターゲットを狙うってかなり難しいよね。
きっとだれもやったことがないはず。
5球蹴って結果的には、窓には入らなかったが、最初の試し蹴り以外は「惜しい!」の連発
ご本人はかなり悔しかったはず。
今日の放送を見た息子さんたちからも、ダメだしされているかも。
これで来年も登場ですね。
そういえば、数年前のやべっちFCのFK対決でやべっちに負けた俊輔君は、土下座してもう1回対戦させて~~とお願いし、スコットランドでリベンジ。この対決はここでも終わらず、他の選手たちもやべっちにFK対決を所望するほどの人気コーナーにしてしまったっけ。

34歳になっても、キャプテンになっても、相変わらずのチャレンジャー。
失敗して落ち込んだり悔しがる姿も味があって、見ていて楽しい。
明日も明後日も俊輔登場番組があるようだ。
視聴率が取れるアスリートなんだね。

今年こそ、俊輔のFKが決まるのをスタジアムで体験したいな。
鳥栖で決めてね!とは 気が早いかな。
[PR]
by windowhead | 2013-01-01 18:02 | 長崎なう | Comments(2)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧