<   2014年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

チリはバルサより魅力的だった

ブラジルVSチリ戦の楽しいこと!
始まったとたん眠気も吹っ飛ぶ面白さ。
とにかくチリがすごい、エキサイティング。
スピードといい、身体を張った守備といい、コンタクトの激しさといい、流れるような連携といい、すべてがワクワクするチームだった。
PK戦までもつれ込んだが、ブラジルが開催国でなかったらチリが勝ってたんじゃないかなあ。
「このチリ代表はバルサより魅力的だわ!」

日本代表は本来チリのようでなければいけなかったんだろうね。
ブラジルをリスペクトしながらも怯むことない精神力。気持ちの強さやぶれない姿勢って、本当はチリのチームのようなことを言うんだろうな。
ブラジルやチリくらいの確固たるサッカースタイルを完成させてから「自分たちのサッカー」がやれたのやれなかったのって言えるんだと思ったし、攻撃的サッカーってこれなんですよ、この身体を張ったぶつかり合いが、今度の日本代表にできたかっていうと甚だ疑問。チリやブラジルに比べたら日本代表は根拠のない自信に酔っていた過保護っ子という感じ。
とにかく、寄せの速さと激しさ、献身的な守備、最初から最後まで走りきる気力とスタミナ、負けない精神力のぶつかり合いはこのW杯で最高のゲームだった。

このゲームにやたら感動しているかもしれないが、それにはちょっとした訳がある。
この日、J2Vファーレン長崎がアウエーで最下位の富山に負けた試合をTV観戦していた。
激しい雨の中だが、Vファーレンのプレーが終始中途半端に見えて仕方がなかった。
闘っているんだけど、本当にすべてを出し切っているかというとそんな感じがしない。寄せが甘いし、遅い。どこか自信がなくて臆病になっている感じがする。日本代表みたいだった。
たしかに富山は所々事情もあって勝たなくてはいけないという気迫もあった。それ以上に試合日の2日前、キャンプ中の横浜Fマリノスと練習試合をしているのは大きなアドバンテージだったと思う。
でも昨シーズンのVファーレンは相手がガンバであろうが最下位チームであろうが、目一杯走って、目一杯守って、挑んで行くようなサッカーをしていたと思う。まるで昨日のチリのような勢いだった。
だからこそ、このチームに惹かれたんだもの。
今のチームは少しうまくなった分だけ、失敗を恐れる臆病さが出てきているんじゃないかな。きれいに上手になんて色気が出ちゃって判断が遅れてんじゃないかな。
お願いだから、へたっぴでもいいから、挑んで行くようなサッカーしてくれないかな。
どんな相手でも「リスペクトするけど、勝つ!」という気持ちをもう一度取り戻して欲しい。新参者のイケイケサッカーをもう一度見せて欲しい。

「like Chile!」
[PR]
by windowhead | 2014-06-30 03:44 | 紙のフットボール | Comments(0)

ワールドカップはここからよっ!

残念ながら日本代表はグループリーグ敗退に終わった。
ご多分に漏れず、スポーツ新聞各紙トップで日本代表の不甲斐ない闘いぶりを激しく批判。
始まる前までは、これまでの代表で最強!と持ち上げていたのに手のひら返すような節操のなさ。
毎度のことなので、別に驚くこともない。ましてスポーツ新聞だもの。大げさに煽るのが彼らの使命だしお仕事。
批判が酷すぎるという人は同じ新聞が代表を持ち上げていた時、お世辞がひどすぎると思ったかしら?スポーツ新聞は勝っても負けても同じことやってるのよ。

監督も選手もプロ。結果をだせなかったら批判されたり更迭されるのは当たり前と思っているはず。それは私たちの日常でもそう。仕事で失敗したら叱られるし、減給や失業だってありうる。同じことなのに「彼らは頑張ったのに批判するのはおかしい」という人が多いのに驚いている。
結果を出せなかったチームの中心選手が強く批判されるのも当然のこと。これまでの代表の中心選手たちはもっと酷いバッシングや行為を受けているが、それから逃げることなくきちんと傷つき、次のステップの糧にして成長してきている。その経験が本物のメンタルの強さを育むのだ。
頑張った過程も評価しましょうというのは、子供やアマチュアであってプロ選手への賛辞にはならない。そんなこと言われたらきっと選手は落胆するだろう。本田選手なら自分のプロ意識を傷つけられたと思うはず。
贔屓の大切な選手のがんばりを評価したいという気持ちはファンならだれにでもある。それはファンその人が心の中でそう讃えればいいこと。またはファン同士で確認し合えばいいこと。それを他人に押し付けてはいけないよね。
タイムラインに流れてくる“批判するメディアは人でなし”的な流れがちょっと気になった。マスコミ・メディアの記事の質や信憑性を糾弾するのならわかるが、批判するなというのは、子供っぽすぎないかなあ。メディアの存在意義を否定することになるもの。

今日のタイムラインを見ていると、なんだかワールドカップは終わってしまったような雰囲気になっているので、つい偉そうなことを言ってしまったが、ワールドカップはまだまだ続いているし、これからが面白い。
勝ち抜けてきたチームがどんなサッカーを見せてくれるのか、最後に勝ち上がるのはどこの国か?きっと日本代表で闘った選手たちも何かの方法で見るんじゃないかな。
個人的にオランダ代表が気になっている。かなりいいところまで行きそうだけど、これにメキシコが勝って番狂わせなんて楽しみも密かに期待している。

いや、その前にJ2の試合がある。
何としたことかわが町のチームの対戦相手カターレ富山がマリノスと練習試合してるのだ!マリノス、なんてことをしてくれる!怒るよ、もう。
[PR]
by windowhead | 2014-06-27 02:55 | 紙のフットボール | Comments(0)

中村俊輔36歳「走るのは大事」

6月24日、中村俊輔選手が36歳になった。
4年前の今日、現在の俊輔を想像することはとてもできなかった。
彼のメンタルが帰国まで持つのか,それが心配だった。
その他もW杯前後の俊輔バッシング、兄のように慕っていた松田直樹選手の移籍と突然の死、目の前で逃がしたリーグ優勝…劇的な試練に見舞われた4年間。
俊輔はそれを乗り越えるというタイプではないような気がする。それらをみんな自分の中にしまっておいて、時々取り出して向き合って自分を確かめて行くような人ではないのかな。
本田選手は「リトル本田」と対話するらしいが、中村俊輔は「経験」と対話するのかもしれない。
出会った人々の言葉や自分の五感の記憶が伝える事を素直に受けとめることからはじめているような気がする。そこから出てきた課題に挑みながら、その先を作って行っているのではないかと思う。だから、彼が見せてくれるプレーは毎年新しい何かが加わってくる。

俊輔ファンは誰もが大好きなゴールを持っている。
トウキックでふわりと入れたガンバ戦での初ゴールだったり、オマーン戦での変則アウトサイドキックでのゴールだったり、コンフェデ・フランス戦のFK、コンフェデ・ブラジル戦のミドルシュート、レンジャーズ戦のミドルシュート、CL・マンU戦のFKなどなど。それに昨年もいくつかのゴールが加わったはず。私なら鳥栖戦のバックヘッドゴールと跨ぎフェイントから切り返し切り返しで加賀選手を振り回したFC東京戦のゴールを入れるかな。
ただゴールを積み重ねるだけじゃなく意外性のあるゴールや魅せるゴールがまだまだ出てくるところが、俊輔がいつまでもサッカーから愛されている特別の人だよなあと思わせるところ。

その俊輔が、W杯中断期に2000メートルの高地で走り込みの自主トレをしている。
いま行われている十日町市キャンプを取材した朝日新聞長岡支局の伊丹記者がマリノスや俊輔ファンのためにtwitterで報告してくれた内容では「やっぱり走るって大事」と言っている。
昨シーズンはチームがきちんと走り込みができていたが、今シーズンは時間不足で十分な走り込みができないままシーズンに入ったし、すぐにあわせられる選手たちが入ってきたので試合で修正できているつもりでいたが、だんだんごまかしがきかなくなってきた。
中断期にじっくり基礎を固める。昨シーズン並みではなく、新しい形も取り組む。そのためにトップ下にこだわりはないし、だれがどのポジションに合うか、J2とやる練習試合で確かめたいと進化に意欲的。
大きな筋肉もつけようとしているし、中断期明けの俊輔はミドルシュートが期待できそう。

練習試合の相手をするJ2チームって幸運だなあ、どこだろうと思っていたらザスパ草津群馬が相手をしていた。マリノス6−0草津。
近くだったらぜひVファーレン長崎の選手たちに俊輔との試合を体験してもらいたいなあ。
1時間でいいから、タクオくんやハヤトくんやコーシローくんにFKの相手を体験してもらいたいなあ。
草津が羨ましいと思っていたら、もう1チーム羨ましいチームがあった。
札幌が帯広でキャンプ中のサンフレッチェと練習試合するらしい。
隼樹は寿人を体験できるんだ!悔しいなあ。
この練習試合の経験は7月5日のVファーレン戦に大きく影響するよね。
長崎の選手たちにももっと恵まれた環境で練習をさせてあげたいなあ。なんだかとても悔しい。
美味しいチャンスはなくても、しっかり走れるチームの特徴を存分に発揮して札幌には勝って欲しい。
俊輔の言葉は、Vファーレン長崎の選手の努力を後押ししてくれると思う。
[PR]
by windowhead | 2014-06-25 01:50 | 10-25shun | Comments(0)

オランダ、スペイン戦は衝撃だった

あーやっぱりW杯始まるとブログ書く時間もなくなるなあ。
4年間ずっとザッケローニに共感できなかったので日本代表に思い入れができない。
だからW杯もそれほど熱心に見ることもないと思っていた。
ところが毎日時間がないほどだわ。
その訳は、スペインVSオランダ戦を見てしまったから。
ブラジル/クロアチア戦、スペイン/オランダ戦、コロンビア/ギリシャ戦、日本/コートジュボアール、イングランド/イタリア戦、アルゼンチン/ボスニア・ヘルツェゴビナ戦、ドイツ/ポルトガル戦、ロシア/韓国そしてブラジル/メキシコ戦か、録画中心とはいえよくもまあこれだけ見たこと。
それもこれもスペイン/オランダ戦の衝撃が大きかったからだろうなあ。
最後はヘロヘロになってパスもつなげないスペインを見るとはおもわなかった。
終始オランダの迫力とスピードはすごかったわ。あの大きな身体で厳しいプレスを仕掛けてくる。ボールを持っていない選手たちのバトルも激しい。身体の当て方も半端ない。スペイン風のサッカーはめいっぱい研究されているなあ。身体が大きいってやっぱり脅威だと思い知らされた感じ。
日本代表は、最終的に身体的に優位な選手を切り捨てた。パワープレーができる栗原や中澤,闘莉王や豊田や川又を選ばなかった。パワーよりもアジリティを選択した。それがとても不安になるほどスペインの負けは強烈だった。

そういえば少し前、中村俊輔選手が自己のモバイルサイトで中断期の挑戦として胆嚢炎の手術、高地トレーニング、筋肉を大きくすることをあげていた。どちらかというとしなやかさを大事にしてきた俊輔選手が筋肉を大きくしようとしている。高い技術力とクレバーなサッカー脳で相手をいなすプレーが俊輔の真骨頂だったが、その彼がパワーを求めている。スペインサッカーが大好きな彼だが、スペインが研究され尽くしサッカーの主流がかわりつつあるのに対応する準備かな。

この前のVファ−レン長崎と山形の試合でボールを受けるために走るディエゴ選手に走りながらがつんと身体をあてる高杉選手をみて、おおオランダみたい!と思ったり、激しくあたるけれどファウルにならないのは技術力なんだなあと感心したり。高杉選手にものすごく興味が沸いてきた。

オーストラリア、オランダと引き分けたと思ったらやっぱりオランダ、勢いは本物だ。優勝候補なのかもしれない。次はスペインとチリ戦だが、録画準備。スペインがどう修正してくるか。
[PR]
by windowhead | 2014-06-19 02:34 | Comments(3)

今年の港町ダービーかな?

「あと3日!7日のニッパツ三ツ沢横浜FC戦から6月最高のリスタートきらせましょう( ´ ▽ ` )ノ
出来ることはただ一つ、声と応援で監督、選手と共に戦うこと!!
東から故郷長崎へ勝ち点3持って勢いつけてもらいましょう」(ヒサ坊Boh さんのツイー
ト)

朝一番にタイムラインに流れてきたつぶやき。
ガーンと頭を殴られた気持ち。

前節までのVファーレン長崎の勝てない試合で少し気持ちが萎えてきていたけれど、
そして、なんとなくその気持ちになじんできていたけれど、いやいや、だめだよ。
そんな気持ちじゃ、このつぶやきの関東在住のサポさんたちに申し訳ないじゃないと思ってしまった。
Vファーレン長崎には、勝たせようという意気込みで待っている関東のサポーターさんたちが、たくさんいるんだね。ホームのファンたちが落ち込んでちゃだめだわ。
アウエーに行けないから、彼らや長崎から駆けつけるサポさんたちの気持ちの後押しをしなければね。

場所はニッパツ三ツ沢。中村俊輔選手がもっとも好きなスタジアムだと公言している最良の舞台。相手はキングカズが在籍する横浜FC。
これもまた港町ダービー。
開港の先輩として、しっかり勝ってもらいましょう。
ヒサ坊Bohさんのつぶやきのように「東から故郷長崎へ」しっかり勝ち点3を持ち帰って欲しいです。


お近くの俊輔サポさん、マリノスサポのみなさん、よかったらVファーレン長崎を応援してください。
Vファーレンには、以前マリノスに在籍していた古部健太選手がいます。
背番号17番。いまとても好調です。意欲的に仕掛けてシュート打ったりしています。彼の成長を見てください。好調すぎてときどきゴールを外しますので、その時は叱ってください。
そして皆さんに愛された佐藤由紀彦選手もいます。彼が帯同することも祈っています。
今の長崎は、中断期前のマリノスのように、勝てない状況が続いています。マリノスがそのトンネルを抜けたように、長崎ももう少しで抜けるはずだと信じているのですが、先輩の後押しがあると心強いと思います。

もちろん、お願いばかりではもうしわけないですから、マリノスのアウエー鳥栖戦には昨年、一昨年と同様、トリパラもって駆けつけます。

Vファーレン、がんばれ、アウエーで一足早く歓喜の6月を勝ち取ってね。

b0009103_14442024.jpg

讃岐戦の「ミ・ヴィーダ」の前でリードするコールリーダーさんたち。
おかむーやもっちー、しょーへーに向けての幕も見える。
拡大したから画像が荒れたけど、バックスタンドから見えるリーダーさんたちの姿をアップしてみたかったから。元の写真は下

b0009103_150451.jpg

[PR]
by windowhead | 2014-06-04 14:51 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

具の種類や内容でもうどんに勝るちゃんぽんのはずだったのに、

b0009103_7184845.jpg


また勝てなかった。
ゴール裏のサポーターさんたちは、満を持して今シーズン2回目の巨大幕「ミ・ヴィーダ」を出動させた。それほど勝ちたい思いを全面に出して応援する覚悟が伝わっていた。
せっかくの「ミ・ヴィーダ」だが、写真を撮れない。なぜなら、バックスタンドの私たちはゲーフラを揚げることにしていたから。
今日こそは勝ちたい。勝たせたい。そんな気持ちがサポーターやファンに漲っていた。
選手も監督もそうだったのだろう。

前半、すべての面でVファーレンが勝っていたと思う。ただゴール前のプレーは相変わらず。
前半終了間際にPKでやっと1点先制。そこらあたりから、悪しき余裕なのか疲れなのか、なんとなくプレーが淡白な選手が見えだした。
プレスの掛け方が中途半端というか、相手より動きが遅いというか。セカンドボールが取れないし、効果的な縦パスを通されるようになるし。失点のときだって、スローインに入るときの相手のポジションからロングスローは予測できたはずなのに、そんなもんでゴール前が崩されるなんて…。お粗末すぎて悔しい。
失点後も、ピッチ上の11人がバラバラに闘っているような感じで、チーム全体の勢いになってこない。
最後まで、攻撃のアイデアは単調だし、スペース作るような動きはほとんどしないし、中途半端な押上しかしないし、本当に悔しいよりがっかりさせられたゲームだった。

この日ばかりは、選手の健闘をたたえる気がしなかった。
意図的に、ベンチ外になっている選手の背番号のゲーフラをあげた。いまどんな闘い方をしなければいけないか一番わかっている選手の背番号。アイディアもスキルも単調な闘い方しかできないこのチームには彼の正確なクロスや効果的な動きや負けず嫌いな闘志が必要だろう。臆病になって行くチームをピッチ上でまとめて、前向きの勢いに変えるリーダーシップが今のチームには必要な気がする。原点回帰を求める声は多い。

今日はヴィヴィくんでも癒されないなあと思いながら、「岡むー」や「もっちー」「しょうへー」に一目会いたいねと、炎天下の出待ち組にまぎれていた。
やっと出てきた「岡むー」と「もっちー」。相変わらずの「人なつっこさ」と「控えめさ」。本当にたくさんの人がおかむー、もっちーに声をかける。それにひとつひとつ反応する岡ムーの対応の自然な明るさ。ご近所におにいちゃんが帰ってきたようなリアクションに周り全体がなごんでどんどん懐かしむ人が集まってきた。チームバスの出発直前までおかむーともっちーを引き止めて交流していた長崎のファンたち。おそらくJFL時代からのVファーレンを知っていて応援していたファンたちだ。

思えば今のチームには岡むーのような、お茶目で底抜けに明るくて、なにをしても愛嬌になってしまう選手が少ないなあ。
生真面目で端正な選手が多いのはいいことだが、根っからのムードメーカーの必要性を甘く見ているのではないかな。
私たちは軍隊みたいな強さのチームを欲してはいない。鉄人ばっかりそろったって、つまらないじゃない。フィジカルばっかり鍛えてもアイディアが出ない頭になっては意味がない。ゲームが読めて効果的に走れるしなやかな強さが見たい。
人間らしい愛らしさやがむしゃらさが見え隠れするチームが懐かしいなあと、ついそんな気持ちになってしまった。

「岡むー、いつ帰ってくっとか〜?」男性ファンのそんな声が多かったこと。
それをヘラヘラはぐらかしながらも根っから嬉しそうに対応する岡むーがまぶしくて……、
そして、悔しい。



〜〜〜〜〜追記〜〜〜〜〜
なんと、カマタマーレ讃岐サポの方からコメントをいただいた。
長崎遠征したお嬢さんが感じたVファーレン長崎の風景。
顔さんのブログ「オカムと もっちーと長崎サポ様」から感じ取ってください。
[PR]
by windowhead | 2014-06-01 07:30 | Vファーレン長崎 | Comments(2)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧