<   2014年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

高杉選手のすみませんが耳に残る対ロアッソ戦

湘南戦の勢いを信じて、かきどまりに「ロアッソ熊本」を迎えたその日は、朝から小雨が降ったり止んだりのおかしな天気だった。
山の上、霧がかかったりするかきどまりだからと雨具と防寒準備をし、ウルトラさん企画「勝手にハロウィン」にもちょいと乗っかるいでたちででかけた。

なんの根拠もなく勝つ勢いだったが、スタメンを見て「おやっ」と違和感が走った。なぜ山口選手がサブなの?良い状態のチームはいじらないというのが普通なんだろうけど湘南戦で山口選手が抜けたのは契約の都合であってコンディションの問題ではなかったはず。センターバックの要、チームの要の選手を外しても大丈夫なのかしらん。
ポジショニングや守備力では高杉選手も遜色ないのだが、山口選手がいると高杉選手の持ち味でもあるステルスのような攻撃参加やリズムをかえる縦パスが遺憾なく発揮できチームの攻撃の厚みが増す。チームに危機感や不安が芽生えた時は山口選手の叱咤激励によってチームは平常心を取り戻す。長崎の守備の安定感はこの二人の絶妙のバランスがもたらしていると思う。せっかく二人が使えるのならなぜ使わないんだろう。

前半まもなく、目の前でロアッソのコーナーキックは意外なショートコーナー。瞬間、これつながると崩されると直感、コーナーフラッグの延長線上からスペースが空いているのが見えていた。案の定失点してしまった。
取り返す時間はたっぷりあるし、攻めるしかないのだから思い切りガンガンいけるねと思っていたけれど、なぜか前線の選手達が安全策ばかり選んでいる。シュートを打てばいいのに安全なパスを選ぶ、そのパスがつながればいいのだが相手の素早いチェイス&チェックにボールを奪われてしまう。

選手のコンディションもプレーも悪くないのになんだか淡々とした静かなゲームというような感じがする。のどかなかきどまりの風景のせいかなあ。
メインA席の私の周辺もウルトラさんのチャントに合わせて一生懸命応援しているのだが、いつものような必死な盛り上がりが今ひとつ周囲から感じられない。

前半の1点が返せなくて、喉から手が出るほど欲しかった勝ち点がするりと相手に渡ってしまった。
試合終了後、ピッチサイドでの高杉選手へのインタビューがオーロラビジョンに映し出された。
テンションの高いインタビュアーの声とまだ気持ちの整理もついていない高杉選手のぼろぼろの声が対照的で、ついビジョンに見入ってしまった。短いインタビューの最後、インタビュアーのファンへ一言という元気な声に、顔もあげられず絞り出すように「すみませんでした」とこたえる高杉選手。タオルを投げ捨ててバックスタンドへの挨拶のためにピッチを横切る高杉選手の後ろ姿。バックスタンド、ゴール裏、メインスタンドと挨拶を終えて去り際、高杉選手は悔しそうに腕からキャプテンマークを外していた。
彼はこの試合を背負ってたんだ。山口選手の分まで背負っていたんだなあ。

高杉選手の「すみませんでした」がずっと頭に残っている。
選手に「すみませんでした」と言わせてしまうほど、みんな必死で応援したか?
一緒に闘っているんだから、謝らないで欲しい。
私たちは勝ち負け以前に応援できる選手とチームがあるという恩恵をあなたたちから貰っている。
高杉亮太っていう魅力的な選手を、そしてVファーレンのすべての選手のプレーを間近で見られて、応援できることが生活のスパイスになっているんだから、謝るのはなしにしてよね。

彼ら選手達を長崎の選手として応援できるのもあと4試合しかない。奇跡のプレーオフも入れて5、6試合
シーズンが終われば、彼らすべて一旦長崎の選手ではなくなる。再契約でどれだけの選手が残ってくれるか、長崎を離れる選手も当然出てくる。
愛着のある選手達とともに闘えるのは本当に少なくなってしまった。
ホームでの2試合、彼らの姿をしっかりと脳裏に焼き付けて、悔いのない応援をしたい。


私の「勝手にハロウィン」はこれでした。
b0009103_12371560.jpg

観戦仲間のSさんも相変わらずおしゃれな手芸の腕を披露して可愛い帽子を作っていたが、負け試合の悔しさで彼女の帽子を写真に撮る余裕もなかったなあ。
負け試合は平常心を失わせるね。
杉さま、次は勝とうね!いい顔が見たいもの。
[PR]
by windowhead | 2014-10-28 12:42 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

フットボールが覗く英国映画が好き

b0009103_3362877.jpg

久しぶりの英国映画、それも大好きなスコットランドが舞台の映画ということで、あさから長崎セントラル劇場へ
「サンシャイン♪ 歌声が響く街」
フライヤーのキャッチコピーには、英国の大ヒットミュージカルの映画化、スコットランド版「マンマ・ミーア!」誕生!と書かれている。
兵役を終えて帰ってきた青年とその家族の物語。若者の恋、夢への旅立ち、結婚25年目の夫婦に舞い込んだ危機、そこにある問題が起こってそれぞれの関係が再生していくおはなし。
お話としては平凡な物語だが、英国で空前の大ヒットとなったミュージカルの映画化だけあって、歌やダンスが素晴らしくいい。自然なのにしっかりしている。ミュージカルを見る楽しさにどっぷり浸る!
「マンマ・ミーア」より好きだな。
舞台は、エディンバラの港町リース。高台から望む港の見える景色はちょっと長崎にも似ている。
グラスゴーとエディンバラの関係がわかるようなジョークやスコットランド人、イングランド人というアイデェンティティへのこだわりが会話の中にチラリとのぞくところが英国映画らしい。
もう1つ英国映画の密かな楽しみは、フットボールに関する会話やシーンがちらりとのぞくところ。
サンシャインでも出てきましたよ!
フットボールサポーターが集まるパブのシーン。TV画面には緑ユニと臙脂ユニの試合が流れている。パブにいる男女の首元に巻かれているのはグリーンベースのチームマフラー、グリーンと白の横縞模様のマフラーのおじさんもいたので「セルティック」かな?と思ったけれど、いやいやエディンバラだし、エディンバラのチームなら「ハーツ(ハート・オブ・ミドロシアンFC)」だ。でも「ハーツ」のチームカラーはえんじ色。でも絶対架空のチームではないはずとスコティッシュプレミアリーグのチーム名を思い出してみた。中村俊輔ファンにとっては懐かしく楽しい3シーズンの思いでとともに浮かび上がったチーム名「ハイバーニアン」!
「ハイバーニアンFC」のホームタウンはリース!そしてチームカラーは緑と白。セルティックと同じアイルランドからのカトリック系移民によって創設されたチームでその歴史はセルティックより古いようだ。パブのTV画面に流れている試合はエディンバラにある2つのチーム「ハーツ」と「ハイバーニアン」の試合なんだろう。
「とにかくハッピーになれる」ミュージカル映画だった。

サンシャイン効果は夜まで続いた。
マリノスが鬼門・大宮に勝った!
俊輔が2アシスト!
いやあもう、いつも思うけれど、俊輔のプレーは別格。ここにこのタイミングでこの早さのパスを出すと点につながるという一連のシーンがいくつもイメージでき、瞬時に決定期につながるシーンを選び、イメージどおりのプレーが実行できる。ハードワークするようになっても、しなやかでやっぱりエレガント。
雨の中で、藤本淳吾や若手選手達がユニフォームの下に長袖のアンダーを着ているのに、俊輔は半袖のままだ。夏も冬も長袖ユニがご愛用だった若い頃の彼の姿を思い出しながら、頼もしいおとなになった中村俊輔の成長をまだまだ見続けたいと思っている。



e="color:rgb(255,0,255);">*************************
長崎市茂里町にフットボール専用スタジアムの実現を!
~建設に向けて10万人署名活動実施中~

WEB署名はこちらから!

*************************
[PR]
by windowhead | 2014-10-23 03:31 | 紙のフットボール | Comments(2)

Vファーレンのスタジアムは美しい

長崎がんばらんば国体真っ最中で、Vファーレン長崎の試合をホームスタジアムで観戦できない。
せめてスタジアムの風景写真でしばしのあいだ、この物足りなさを慰めよう。

b0009103_18736.jpg


b0009103_1105024.jpg


b0009103_1112970.jpg


b0009103_114061.jpg
b0009103_1133055.jpg


b0009103_1142895.jpg


b0009103_1164423.jpg


b0009103_118571.jpg



やっぱり、Vファーレン長崎のスタジアムは四季折々に美しい
[PR]
by windowhead | 2014-10-17 01:35 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

長崎国体とメタセコイア

昨12日から10日間、長崎県の各地で長崎がんばらんば国体が開催されている。
メイン会場は諫早市の長崎県総合運動公園。Vファーレン長崎のホームスタジアムでもあるので私にはおなじみの場所。
ここで、私と同じように2度目の国体を静かに見守っている存在がある。
競技場の目印ともいえる存在。「メタセコイア」だ。
国道57号線沿いに高々とそびえ連なるメタセコイアの並木。この道路と並木は昭和44年に長崎で最初の国体のために整備されたものという。
45年前、植栽されたとき並木のメタセコイアはどれくらいの高さだったのだろう。いまでは10メートルは遥かに超えて伸びやかで美しい。
長崎市松山町の爆心地公園のメタセコイアの並木も1回目の国体頃に植えられたらしい。
当時の長崎は、三菱重工長崎造船所で巨大タンカー建造が相次ぎ、高度成長まっただ中だった。成長が早く、まっすぐに天を目指して伸びていくメタセコイアは当時の機運にぴったりの樹木だったのかもしれない。注意してみると私たちの生活圏の公園や学校にメタセコイアを見つけることができる。案外ポピュラーな樹木だ。

日本中のメタセコイアは戦後育ちだ。昭和24年アメリカから1本の苗と500粒の種が贈られるまで日本にはメタセコイアは存在しなかった。100万年前に絶滅したとされていたメタセコイアの新種が戦後すぐに中国奥地で見つかり「生きた化石」として世界中で話題になった。その種子を持ち帰ったアメリカの研究者が苗木と種子を増やし、それが戦前からメタセコイア研究に尽力した三木博士のいる日本にも贈られたのだ。日本でも種子をもらった大学や植物園などがその株を増やしていき、3代目4代目が広く全国の学校などに贈られるようになったのだ。西城山小学校のメタセコイアはその頃のものだと言われている。

最初に日本に贈られた1本の苗はどこにあるのか?
それは皇居にあるらしい。昭和天皇のお住まいだった吹上御所のお庭に植えられた。昭和天皇は皇居の木々の中でもことのほかメタセコイアがお好きだったそうだ。メタセコイアの和名は「あけぼのすぎ」、御製の和歌にもその名前を詠み込まれている。
45年前、昭和天皇をお迎えした若い「あけぼのすぎ」の並木が、まっすぐ天を目指す巨木に成長して、次代の今上天皇をお迎えしている。
実感できる歴史の流れだ。
[PR]
by windowhead | 2014-10-14 00:54 | 長崎なう | Comments(0)

鳥栖でマリノスのチャントを歌う!

今シーズン九州で唯一中村俊輔のプレーが見られる鳥栖へ〜!
ところが、出発前に俊輔帯同せずの情報が入ってきた。残念だが仕方がない。
ならば兵藤選手を応援する!
鳥栖に向かう列車に佐賀から多くの鳥栖サポさんが乗ってきた。とたんに我が俊サポ魂に火がつく。マリノス勝たせなきゃ。
はるばる千葉から駆け付けた俊輔サポのTさんと合流してベアスタへ。鳥栖駅では単身で足早にスタジアムに向かうマリノスの社長さんも見かけた。
A自由席のマリノスゴール裏近くに陣取ってユニやタオルマフラー準備完了。
見回せば周囲には鳥栖ユニがいっぱいいる。わざわざアウエー側に席を取る人たちってどんな意図があるのかしらん。でも鳥栖の人たちは悪意はないようだ。おだやかにそこで見ているという感じ(豊田のゴールの時は歓声をあげていたけれど)

俊輔、栗原、小椋、中町、学、ラフィーニャが負傷中、バンゾーもやっとサブに復帰というマリノスの状況は普通じゃないよ。
主力が居ない今、若者達のがんばりが見所か、若者達、チャンスだよ!
鳥栖のメンバーはほぼ主力、サブに幡戸や谷口〜〜なにげにイヤな感じ。敗戦が続いている鳥栖は何としても勝利が欲しい。マリノスはもっと深刻なはず。深刻になってもらわないと困ります!

ゲームは動きだしもプレスも勝つぞという気持ちも集中力も細部に至まで鳥栖が上回っていた。
マリノスは、榎本や兵藤や中澤、佐藤が気合いの入ったプレーを見せていたが、全体的に中途半端なプレーが多いように感じた。闘いの形が見えず選手が戸惑っていて一歩出遅れている感じ。
それでも攻められっぱなしではない。マリノスの選手は技術的には鳥栖より巧いのでしっかりチャンスも作るし、決定的なシーンも作れる。なのにあと一歩が…。だから余計にモヤモヤしてしまう。

鳥栖で初めてマリノスのチャントを歌った、Tさんと一緒にゴール裏に合わせて。
周囲で歌っているのは私たちだけ???いつもVファーレン長崎の応援で思いっきり歌っているからか自然と声が出てしまう。さぞかし熱狂的なおばさん方に見えたことだろう(汗)。
俊輔が出ていたらこんなもんじゃないぞ!!

鳥栖で俊輔ファンの方と知り合えた。
それまではサッカーなんか興味がなかったのに南アW杯時の俊輔の姿に心を打たれてファンになったそうだ。俊輔のプレーが見たくて北九州から駆け付けたとのこと。
俊輔のプレーが見られなかったのは残念だけど、スタジアムでサッカーを見る楽しさに惹かれたと言われていた。
きっとまたどこかのスタジアムでお会いすることになるだろう。
いつも中村俊輔は、初めての人にもずっと応援している人にも新しい感動や出会いをプレゼントしてくれる。
[PR]
by windowhead | 2014-10-07 02:23 | 10-25shun | Comments(7)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧