<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「週刊サッカーダイジェスト」の後退に感じたこと

週刊サッカーダイジェストが週刊から隔週刊になるらしい。
少し前「週刊サッカーマガジン」が休刊になったのに驚いたが、ついに毎週発売されるサッカー雑誌がなくなった。
あとは週3回発行の新聞「エルゴラッソ」があるが、雑誌とはちょっと違うし。
サッカーダイジェストの隔週刊への後退は、やっぱり経営難からなのかしら、書けるライターや記者たちが少なくなったからなのか、


たしかに私もサッカー雑誌を買わなくなった。
今定期的に購入するのは、「サッカー批評」(最近は分裂して「サッカー批評」と「フットボール批評」に分かれたので、どちらを買うかはその時のライターと内容によるけれど)と「月刊J2マガジン」のみ。その他の雑誌は立ち読みでパラパラめくり、中村俊輔のインタビューなどがあれば買うというスタンス。

「J2マガジン」は応援しているVファーレン長崎の情報が必ず掲載されているから。
「……批評」は、日本のサッカー界全体を見渡せるから
では、俊輔の所属する横浜Fマリノスの情報は…と言われると、残念ながらそれを得る雑誌がない。
「週刊サッカーダイジェスト」がその位置のはずだが、この雑誌はどちらかというと日本代表と代表選手のほうに重きを置いている感がある。そのため日本のトップリーグであるJ1の各チームの情報がJ2よりも少ないという不思議な現象になっている。この1年「ダイジェスト」に何度マリノスの選手なりチームの特集があっただろうか。中澤選手のコラムや俊輔選手という特別のコンテンツがあるマリノスはまだいいが、中位以下の他のチームはどれほど取り上げられただろう。表紙だってしかり、代表選手が優先だもの。
代表に足を置いているので、ライターの書き方もJリーグに対してどちらかというと上から目線が否めない。応援しているチームや選手達を代表選手に比べて…、海外に比べて…というような見方で書かれても、その記事を読みたくならない。闇雲に誉めろとは言わないが、せめてプレーヤーにたいしてのリスペクトくらいは感じさせる書き方をして欲しいと何度思ったことか。
雑誌側としては、Jリーグよりライトな代表ファンを購買層に取り込もうというスタンスだったのかもしれないが、ライトな代表ファンはサッカー雑誌のサッカー記事など読まない。イケメンランニングを載せる「サッカーi」のような雑誌もすでにある。
本当に日本のサッカーの情報が欲しいのはJリーグの各チームを応援するサポーターやファン達だと思う。自分のチームが他のチームと比較してどうなのか、自分たちのチームが批評家やライターからどう思われているのか、チーム内のエピソードなど、知りたいことがたくさんあるはず。
「J2マガジン」はそのようなサポーター・ファンの思いをうまくくみ上げた作りになっていると思うし、いろいろな選手の顔が見えて楽しい。
いっそサッカーダイジェストも「J2マガジン」のような編集でJ1に特化した雑誌になってくれないものかなあ。
J1各チームの情報が同じウエイトで毎回きちんと掲載される情報誌がのどから手が出るほど欲しいのだ。W杯があってJの記事が減った今シーズンは特にそう感じた。
今の日本代表戦はお祭り騒ぎでしかない。「いまそこにあるサッカーを愛せよ」というロック総統の言葉のように自分たちの身近なチームを応援し、毎試合足を運ぶサポやファンが毎回心待ちにするような情報発信するというスタンスが大手メディアや出版にも欲しいと思っている。
[PR]
by windowhead | 2014-12-24 14:24 | 紙のフットボール | Comments(4)

J2マガジンとVファーレン選手のこと

J2マガジン2015年1月号の「全22クラブ監督・選手完全査定」はなかなか興味深い内容。
Vファーレン長崎のMVPは、予想外だったけれど、振り返ってみれば納得の人選だわ。試合をきちんと見ている人が査定している感じで好感が持てる内容。さらに佐藤由紀彦引退インタビューがまたすばらしい。なにより由紀さんの清々しい写真がいい!!!(保存版だ〜!)

しろうとおばさんは選手のプレーの査定はできないから、少しだけ印象を書いてみた。

高木琢也監督
●白髪が増えたね。悲壮感漂う時期もあったけど、なんとか保てたのかな。
 いろいろ背負い過ぎ。「郷土のため」なんて背負うことない。純粋に「いちサッカー監督」であっていいんじゃないかな。

1 大久保択生選手
●Sさんと私は択生ファン。すくすく育った東京生まれ東京育ちに長崎の生活はどうだったんだろう?
ファン感トークショーでの「振り返ることはないです、前に進むのみ」的発言に今シーズンの悔しさがにじんでてた。ハスキーボイス。おばさんたちは来シーズンも母の気持ちで応援するからね!(ハラハラドキドキ覚悟の上)あ、アップ時に履いている赤のトレーニングシューズ、洗練された色ですね。どこの製品か気になっています。


2 山口貴弘選手
●ぐっさん、なにも言うことないくらい頼りにしています。大学時代教育実習で択生くんのクラスを受け持ったというエピソードに納得。なるほど先生が似合う人だ。ホーム湘南戦のとき、湘南サポさんから「山口出せなくてごめんなさい、姑息なようだけど出られると厄介だから」と言われ、ぐっさんの存在の大きさを再確認。来シーズンもいてもらわなきゃ困ります。


4 高杉亮太選手
●開幕からずっとスーツ姿でファンサするのを見て、夏に放出かもと心配してたら出場後はずっと高パフォーマンス。スーツ姿の足の細さに、取り巻く女性陣はざわざわ、夏のアップ時はブルマスタイルでその足を惜しげもなく見せるサービス精神、練習を見に行けばミニゴールを動かすいたずらっ子ぶり、天然なのか計算づくなのか…。ファンは「杉様はイケメン枠」と思っているのに、ご本人はヴィヴィくんの代名詞「あざとかわいい」枠を狙っているんじゃないかと疑ってしまう。真っ先に契約更新サインしてくれた男気にブラボー!。


7 奥埜博亮選手
●誰もが認めた長崎のエースだからこそ毎試合削られ、倒され、満身創痍の1年だったろうなあ。「うちの奥埜になにをする!」何回相手選手にブーイングしたことか。おとなしい人なのかいつも表情が変わらない。そんな彼だがシーズン最後の練習後、出待ちのサポから去就を聞かれ「はぁ」と受けながしていたので「仙台に帰ったらマリノス戦では容赦しないからね」と言うと、「えっマリノスサポなんですか?」と反応したその顔は無邪気なサッカー小僧。黒い練習着が夏向きでないという鋭いご意見、確かにね、支持します。


8 野田紘司選手
●開幕前から長崎入りをtwitterでセルフリポートしたり、ファン感でのパフォーマンスはさすが人気チーム経験者。サービス精神に感謝!柔和な笑顔に似合わない闘志あふれるプレーに惹き付けられました。鼻骨骨折したすぐあとの試合でフェイスガードを外して果敢に競り合う激しさに感動すらおぼえた。まさかの甲府への移籍。荻君と仲良くしてください。


10 佐藤由紀彦選手
●Vファーレンを応援するきっかけを作ってくれてありがとう。最終戦での右サイドからのクロスも良かったけれど1月のマリノスの波戸選手引退試合で見せてくれたダイレクトで上げたクロスは鳥肌物だった。思えばスマホカバー、本、ユニフォーム、マフラー、ゲーフラなどいろんな物にサインをいただいた。私も長崎も由紀彦選手から貰ってばかり。見合うお返しができていないのが心苦しい。長崎にいて欲しいが「佐藤由紀彦」は広くサッカー界に還元しなければいけない存在。でも将来監督として長崎に帰ってきて欲しい。


11  神崎大輔選手
●成長著しいシーズンだったよね。勢いのある選手になったなあ。チームが臆病になったとき「神崎入れて!」と言ってる自分にびっくり。戦う気迫を託せる選手になったと思う。トレードマークのルーズソックスは自然なのか故意なのか。レガース入れてるのかな?とおばさんの疑問と目線は鼻より足元に。


20 黒木聖仁選手
●チョープロ広告の黒木選手の写真をセレッソの知人に送ったら、「いい顔になったなあ、自信にあふれている」との感想がいくつも来た。セレッソサポの人たち黒木のこと好き
 

16 三原選雅俊手
●ほのぼのな雰囲気なのでまさか神戸からとは思わなかった。(神戸の選手はプレーが荒いという印象があるから)目立たないけど安心感のある選手だなあと言う初見はシーズン終わりまで変わらなかった。練習見学では彼のストレッチを見るのが楽しみ。開脚も上肢側倒もだれよりも柔らかいので気持ちいい。三原選手とマリノスの三門選手を見間違えることがしばしばありました。


35 チョン・フンソン選手
●TMでしか見られなかったがクロスが上がると一目散に走る姿がフリスビーを追いかける犬みたい。ひそかに「フリスビー犬」とあだ名をつけてた。街で会ったらご飯ごちそうしたくなるほど可愛い!というおばさまは私も含めて多数いるよ。



5 石神直哉選手
●練習場で何度由紀彦選手と間違ったことか。クロスも色の黒さも刈り上げのうなじも良く似てる。長崎の選手のFKゴールが見れるなんて!感激でした。さらにさらに、アワードのタキシード姿の似合うこと!タキシードの着こなしではMVPの遠藤をはるかに越えていたよ〜〜。



18 佐藤洸一選手
●2年目だけど、よーわからん選手です。今シーズンはムラが多かったと思うのに2桁得点。TV越しに覇気がないプレーに見えるのに、相手サポーター女子がtwitterで「気迫があって凄い選手」とつぶやいていた。「どこがぁ〜!」不思議です。
・さらにジャパネットでCM撮影時、ヴィヴィ君がホワイトボードに「佐藤選手がお騒がせしてすみません」みたいなこと書いていた。何をしたんですか?こどもを恐縮させるようなこと。


17 古部健太選手
●Vファーレンってチームの清々しさを具現すると古部くんになるんだよね。少年漫画(それも小学高学年向けの)の主人公みたいにまっすぐ正直で明るく元気がよくて、人のために頑張る男の子。少年ヒーローは足が速いのも魅力。今シーズンは大活躍という感じだったなあ。彼のチャームポイントに頭の形の良さというのもあり!


22 井上祐大選手
●さりげない気配りの人なんだろうなあ。選手の情報がなかなか発信されないチームにあって、彼のブログは選手の素顔が見れる数少ない場所。ファンと選手の間をつないでいる貴重なコンテンツ。いつも楽しませていただいています、ありがとう!


23 井波靖奈選手
●いつもニコニコしてて感じのいい子。サインをお願いしても笑顔で応じ、丁寧な言葉で話してくれる。女性サポ(おばさま、お姉様サポですが)の間では「育ちのいい子」と好評だった。ファン感のファッションチェックで、ローソン制服を着てくる気配りとユーモアにセンスの良さもにじみ出てて…。
最もプレーを見てみたい選手だったのに…。もう1年長崎で育てても良かったんじゃないかなあ、彼、ファンを集める魅力を内蔵していたと思うのに、もったいない。いいチームに行けますように。
[PR]
by windowhead | 2014-12-22 02:55 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

おかえり!シュンスケ ナカムラ、パラダイスへ

Welcome Shunsuke Nakamura back to Paradise

J2,J3入れ替え戦も、延期になっていた新潟・柏戦も終わって、Jリーグの試合がすべて終わった(天皇杯は今シーズンは思い入れがない)
多くの選手が引退していく。
長崎では、Vファーレン長崎を応援するきっかけとなった佐藤由紀彦選手が引退した。幅広い経験を積んで将来長崎の監督として帰ってきてもらおう!と前向きに捉えた。
さらに、もう一人、大事な選手が引退を表明した。
仙台の柳沢敦選手。
私の知っている中村俊輔サポたちはみんなヤナギさんが大好きだ。
若い頃の俊輔はよくヤナギさんのプレーに感嘆していた。
「パスを出そうと顔を上げると、すでにヤナギさんはそのコースに走り出している!」そのころはあまりいなかったパスを引き出すFWの動きをやっていたのがヤナギだった。ときおりシュートよりパスを選択するというので叩かれたが、それも彼の視野の広さと素早い判断力が為せる功罪だったのかもしれない。ヤナギのプレーからパスを引き出すFWの大切さを教わった俊輔は、それを佐藤寿人に伝えている。
俊輔のプレースタイルの一部にはヤナギによってインスパイアされたものがあることは確かだろう。
俊輔にとって、いつまでも後ろ姿を追っていたいだろう大切な選手がまた一人ピッチから姿を消す。

その中村俊輔が、ついにパラダイス再訪するというニュースが入ってきた。
パラダイスとはセルティックのスタジアム「セルティックパーク」の愛称。
セルティックの公式ホームページには
Paradise will welcome back a legend of recent years, Shunsuke Nakamura.
と書かれている。
中村俊輔はまぎれもなくセルティックのレジェンドなのだ。
現役選手でありながら世界中に900万人のサポーターがいるというビッグクラブからレジェンドとして迎えられる選手はそうたくさんいないだろう。日本人では初めてではないだろうか。

5年半前、エスパニョールに移籍する俊輔をセルティックサポーターは「ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン」の大合唱で送った。6万人収容のスタジアムのサポーターたちが、一人の東洋人に「歩き続けろ、希望を胸に、君はひとりじゃない」と後押ししてくれる。どんなに心強かっただろう。サポーターの素晴らしさを教えてくれたのも「セルティック」だった。

12月14日の対セントミレン戦のハーフタイムに俊輔がセルティックサポーターの前に姿をみせるようだが、サポーターはどんな歓迎をするのだろうか。
“A wonder bhoy from the land of rising sun”だったかなあ?ワンダーボーイなんとかという俊輔の応援歌もあった。(BHOYはBOYのことでセルティックサポ独特の表現)歌ってくれるかな?

当の俊輔は、「懐かしさに浸りにいくのではない、刺激をもらったり、メンタルをかき乱してくれるところに行くのがいい」と言っている。
セルティック再訪で必ずなにかをつかんでくるだろう。
俊輔のいいところは、それをきちんと伝えようとするところだ。自分が感じたことなどを彼独特の言葉(ファンは俊語と言っている)で具体的に語ったり、チームの後輩にプレーで伝えて行く。代表での寿人へのアドバイスのように所属クラブの垣根を越えて、伝えるべきことは伝えていこうとしている。本気で日本のサッカーの未来を見据えて行動している数少ない選手だ。
久々のグラスゴーと俊輔を取材し放映してくれるメディアはないのだろうか。
[PR]
by windowhead | 2014-12-09 03:19 | 10-25shun | Comments(4)

由紀さん引退記念Tシャツ、コーデが楽しみ

b0009103_18201566.jpg

ファン感の日に受け取ってしまいこんだ「佐藤由紀彦選手引退記念Tシャツ」
由紀彦さんがご本人のブログで「みんな 着てねー」って書いていたので、改めて広げてみた。
純白にゴールドのプリント。ゴールドの色味がちょっと気になったが、すっきりしてて美しい。
文字の上にプリントされているちっちゃな星2つ。「あーなるほど!」
これなら、女性、それも大人の女性が着てもすてきなんじゃないかな。
メモリアルグッズとして大切にしまっておくのもいいけれど、やっぱり服は着てなんぼ。
暖かくなったら着ようかな。
下ろしたてのような鮮やかなインディゴのデニムにスニーカーはクラシックな形がいいなあ。アディダスのカントリーとか、パトリックのマラソンみたいなの。


今日で、Vファーレン長崎の今シーズンが終わるということで、練習見学。
ミニゲームで楽しそうにプレーする選手達。
このメンバーを見るのも今日が見納め。
ミニゲームも終わって、練習終了後、お互いに握手しあったり、名残惜しそうに話している選手達をみていると、プロサッカー選手って毎年出会いと別れを繰り返しているんだなあ。1年かけて作った人間関係を解体してまた新しいチームの構築にチャレンジしていく。技術だけでなく人間力も高くなければやっていけないハードな世界なんだなあと改めて彼らを見直してしまう。
Vファーレン長崎の選手達はまっすぐで素直で献身的な選手達ばかりだったなあ。
できれば来シーズンも彼らと再会して応援したい。
選手のみなさん、短いオフをゆっくり休んでくださいな。
[PR]
by windowhead | 2014-12-04 23:01 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧