<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

得ることが多かった!中村俊輔インタビューin ELGOLAZO

b0009103_1128733.jpg


俊輔サポ・Tさんのご好意で2月19日付けの「エル ゴラッソ」が届いた。
16日左足首の手術をした中村俊輔選手。完治にはすこし時間がかかるという。その10日ほど前に取材された俊輔のロングインタビューが掲載されていた。
インタビュアーはマリノス担当の藤井雅彦さん。取材時と現在の状況が大きく変化してしまったのでエルゴラ編集部も藤井さんも掲載についてかなり悩んだようだが、一人でも多くのファン、サポータ、さらにプレーヤーを含むサッカーファミリーにも読んで欲しい内容であるということで掲載に踏み切ったそうだ。多くの人に読んでもらいたい圧巻のインタビューだった。

有名選手のインタビューとなるとヒロイックな表現だったり、日本を背負うだの誇りだのというイメージに流れやすい言葉がたくさん出てきて、酔わせるが中身は平凡ものが多々ある。選手もインタビュアーも壮大な言葉とその言葉が醸し出す雰囲気に酔って飲み込まれて現実を見失う。最近ではブラジルW杯の代表選手達(内田選手を除く)の記事がそれだったと思う。今回の中村俊輔のインタビューはある意味その対局にあると言ってもいい。

中村俊輔のインタビューが他の人と違うのは、具体的であるということ。平易な言葉を使って具体的に話すのでとても難解な話でも理解しやすいところ。独特な言葉で表現するがそれが的確にイメージを伝えることできるところだろう。
その1つに選手の名前を出して説明することも特徴。聞く側読む側はその状態をイメージし易くなる。このインタビューの中でも、木村和司、水沼貴史、レナト、ラモス、名波浩、西澤明訓、森島寛晃、中田英寿という先輩たち、中澤佑二、榎本哲也、藤本淳吾、佐藤優平、中島賢星、兵藤慎剛、斉藤学、栗原勇蔵などマリノスの選手、小野伸二、稲本潤一、小笠原満男、遠藤保仁、中田浩二たち代表での同僚、さらにピルロ、バッジョ、トルシエと多くの名前が登場する。それぞれのプレーやその時の状況を思い出しながら読むと彼が伝えたいことがよくわかる。

ファンの間では有名な話だが、俊輔は自分にプレッシャーを掛けるためクラブから複数年契約を提示されるがあえて毎年単年契約を結ぶ。それは実績や状況にしがみつくことなく刺激を求めながら高みをめざすのが彼の生き方だとインタビュアーの藤井さんが書いている。
チームの中にあっては、いつも競争を意識してアピールしているという。「俊さんは特別だ」と思っている選手がいたらそれは大間違い、自分だってどうしたら監督の信頼を得られるか必死で考え、アピールしているし、そのために練習中に工夫することは大事なことで実践しているという。
中澤佑二をリスペクトし、彼が同じチームにいることが自分のモチベーションにも大きくつながっているという。
チームあっての俊輔か、俊輔がチームを輝かせるのかという質問にも、どちらでもない。チームとして勝つためにトップ下の選手としての役割を分析して弱い部分を高める方法を考える。個人で難しければコンビネーションで高める。彼はセレッソや代表での西澤Xモリシのコンビが好きだという。ずっとサッカーを見てきた人にはあーあれかとイメージできるのじゃないかな。こんな実感が伴うのが俊輔のインタビューの醍醐味。

中村俊輔はマリノスが大好きだ。
子供の頃からの憧れであり夢がマリノスの選手として三ツ沢でプレーすることだったそうだ。だから、三ツ沢が世界で一番好きなスタジアムであり、マリノスの10番を背負うときは今でも木村和司さんの番号だと自然とそう思うらしい。
日本代表の10番を背負っていたころも、和司さん、ラモスさん、名波さんが背負った番号を継いでいる、それがうれしかったし誇らしかったという。シーズンオフのチャリティーマッチで多くの先輩選手達とプレーして、この人たちに追いつくんだと燃えていたころを思い出したらしい。そんなことも向上心につながっているという。いつも先輩や後輩、周囲の人から高められていると思っている人だ。
マリノスの一番のサポーターは中村俊輔自身じゃないかなあ。

このインタビューを読みながら強く感じたのは、俊輔のように感じてくれる選手を育てるサポーターやクラブでありたいということ。
わが町のチームVファーレン長崎に例えれば、県総スタジアムで戦う選手を見てきた子供達が選手やチームに憧れ、プロ選手になってチームに入り、海外や他チームに移籍しても、また必ずVファーレンでプレーしたいと強く思ってくれるクラブ作りだ。
魅力的なクラブはもちろん強いことだろう。でもそれだけじゃない。選手同士、選手とクラブの関係、サポーターと選手やクラブの関係がとても大事になってくる。根っこにあるのは人と人の関係ではないかな。
出て行った選手がいつかあのチームに戻りたいと願ってくれるようなVファーレン長崎にしないとね。
それには、まずは応援です!
いつか由紀彦に返ってきてもらうためにも…。
[PR]
by windowhead | 2015-02-26 11:28 | 10-25shun | Comments(2)

今年最初のVファーレン

久しぶりのVファーレン長崎の試合観戦のためSさんと島原へ
Vファーレンは半分くらい選手が入れ替わったので誰が誰やら分からない。2、3日前に購入した選手名鑑持参での観戦になった。
対戦相手はコンサドーレ札幌。小野伸二に加えて稲本というビッグネームを加えた札幌だが、私たちのお目当ては、札幌の正ゴールキーパーに成長した金山準樹くん。
終始声を出して後ろからチームを鼓舞しコントロールする姿は頼もしい。ゴールキックのときも慌てることなくビルドアップさせてる。チームメイトからも信頼されているんだろう。堂々としたキーパーになったなあ。と、なんだか嬉しい。
小野選手、稲本選手のプレーに周囲の観客から「さすが!」との声も上がっていたが、彼らの絶好調な時代を見ている者としては、何とも言えない複雑な気持ちだった。稲本は本気の試合になるとこんなもんじゃないと思うから侮れない。
コンサドーレとは開幕2戦目のアウエーで戦うことになっている。コンサドーレにとってはホーム開幕戦だ。満員のドームのなかで完全アウエーの洗礼を受けることが予想される。そんな意味では今日の対戦は貴重な経験になったはずだ。

V」ファーレンサイドで言えば、45分3本のゲームでかなりの選手が出場したのでなんとなくチームの具合や意図を感じることができた。
新しい選手で個人的に印象に残ったのは、背番号23の梶川選手、背番号8番の木村選手。ワクワクさせてくれそうな予感がする。
3試合目で出てきた古部くんが、ものすごく生き生きしていた。長崎のスピードスターはさらに進化したみたい。

キーパーも3人ともプレーが見られた。
択生くんがファンブルしてボールこぼしたりすべったりしたが、あまり心配はしていない。相手のコーナーキックが続いたが、昨年の長崎のようにセットプレーからの失点はなかった。なにより択生くんはコーチングの声が通るようになっている。それによって無失点で収められるようになっている。
三浦選手は、それほど攻め込まれていないので何とも言えない。でも人柄が良さそう。ヴィヴィくん押ししてくれているので、ついつい甘くなってしまう。そういえば植草くんもヴィヴィくん押しだったね。植草君の失点は相手が都倉くんってのがちょい悔しい。ふたりは神戸時代に一緒にプレーしたことがあるのかな。今日のキーパーはグリーンのユニだったけれど、ファーストユニはどう見えるんだろう。何が心配って、このファーストユニのソフト&メロウな色合いがどう影響するかが心配。なんで強く見える色合いにしないんだろう?とそれが一番の疑問だわ。

由紀彦のいない今シーズンの長崎。どんなチームになるんだろうか。
選手達の姿に由紀彦のスピリットが感じられたら、その選手を応援することになるだろう。
[PR]
by windowhead | 2015-02-23 03:04 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

マスコット総選挙も大詰め!ヴィヴィくん一押し

ヴィヴィくんを再びセンターポジションに!

1日1回の投票忘れずにやっています。
我が家は、無線LANのため、毎日投票するにはいちいちルーターをリセットしなければいけないらしい。無線LANのルーターを毎回リセットするなんて現実的でない行動。そんなこと要求する投票システムはおかしいよねえ。だからパソコンからの投票はあきらめてスマホだけ。
スマホだって、WIFI切ってリセットしてからの投票。
昨シーズンより何倍も手間のかかる投票システムは、進化ではなく退化している。
そんなこんなで文句はいっぱいあるけれど、ヴィヴィくんをセンターに立たせるためにできる限りのことはやらなければね。

いろんな人がいろんな応援をしている。
ヴィヴィくんの熱狂的サポーター緋桜さんが応援ムービーを作ったということで見せてくれた。
可愛い!かわいい!





おっきい画面で見たい人はニコニコ動画にアクセスして!
    ↓
目指せ連覇!!】ヴィヴィLOVE1000%【2015マスコット総選挙】

見たら投票したくなる!
ヴィヴィくんに投票するならここ!
[PR]
by windowhead | 2015-02-19 00:44 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

開幕待ち

マリノスもVファーレンも宮崎キャンプらしいが、両チームが練習試合などするケースはなさそうだ。
沖縄キャンプも同じ時期だったけれどニアミスもなかったようだし。
マリノスは良くも悪くも大きな補強や選手の移動が少なかったが、Vファーレン長崎は、すごく変わった。
おそらく半分以上の選手が顔と名前が一致しないだろう。
顔と名前が一致する選手は
択生くん、植草にいさん、杉さま、前田くん、ガミさん、あずまっくす、べーさん、黒木くん、ゆうだいくん、洸一くん、深井長老、ヨンジェ、スティッペ、碓井くん、代田くん、新人武内くん、…かなぁ。
半分くらいかぁ。
これだけ変われば、チームは違ったものになるだろう。
開幕までに選手を覚えるなんて、無理!
早々、努力放棄します。

マリノスはまたまたフォワードにアクシデントがでているようだけど、開幕までになんとかしてよ、ね。
先日、俊輔サポのTさんから、2003年日本代表の対ウルグアイ戦のアーカイブ映像をいただいた。
贅沢なメンバーが同時にピッチに立っている貴重な試合映像だ。
俊輔、ヒデ、小野、稲本、ジーコジャパン黄金の中盤。
この4人が同時にピッチに立ったのはこの試合を含めて6試合しかないらしい。
さらにFWには高原、鈴木
今までの日本代表の中で一番ワクワクさせるメンバーたち。
際立つ「個」の魅力。
ヒデは身体が強いしよく走る。俊輔はドリブルで仕掛け、ディフェンスに来たウルグアイ選手をひらりとかわして身体に触らせない。小野のパスセンスといい、稲本のFWさながらの力強いミドルシュートといい、プレーの一つ一つがアイディアとクオリティーの高さに裏打ちされた個性。
解説していた名良橋が、このメンバーと一緒にできることに選手の自分もワクワクしたし、無駄走りも楽しかったと言っていた。
ウルグアイ代表には、インテルのレコバがいるし、フォルランもいる。
ヒデは引退しちゃったけれど、稲本、小野、フォルラン、それに鈴木隆行のプレーをJ2で見ることができるし、J1には俊輔がいる。
開幕がたのしみ。
[PR]
by windowhead | 2015-02-09 03:12 | 10-25shun | Comments(2)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧