<   2015年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

サポーターのサポーター

「えーっ、あの横断幕や大旗はクラブが応援してもらうために貸し出しているんじゃないの?サポーター側が自費で作っているの?、そこまでして…」
巨大幕「ミ・ヴィーダ」修理の話をしたときの友人の反応。彼女は応援のための幕や旗など大掛かりなものはクラブが貸し出すものだと思っていた。サポーターの自費制作だというと、あきれ顔だった。彼女だけでなく一般的な認識はそんなものだろう。
お金も時間もかけてひたすら選手達を応援するサポーターの献身はなかなか理解しにくいものなのだろう。

私がサポーターという集団の可能性に興味を持ったのは東日本大震災のときだった。
その前年のシーズン末、マリノスのサポーター集団は松田直樹選手の戦力外放出撤回を求める署名集めを行っていた。俊輔サポ仲間から私のところにも署名依頼がきたりして、マリノスサポーターの動向がtwitterやWEBサイト、メールなどを通して入りやすくなっていた。
震災から数日あとだったと思うが、マリノスサポさんの間に被災地支援の話が流れ出した。救援物資を集める話しあいがなされていた。物資の種類や輸送の方法など細かく議論されたようだ。震災から1週間くらいで救援活動の詳細が発表された。初回は自力でマリノスタウンに持ち込める範囲で集めるということだった。遠方のサポーターが横浜まで物資を送ることで、本来の救援物資を輸送する宅配便などに負担をかけない配慮からだ。救援活動は1回で終わらないので、遠方のサポーターはその時期がきたときに協力して欲しいとのメッセージも出されていた。
最初の支援活動が行われたのは震災から10日後くらいだったと思う。
参加した人たちのtwitterなどで現地の様子が逐一伝わってきた。
そのときの詳しい様子は参加された武藤文雄氏がブログに書かれていたので、それを読んでいただきたい。(武藤文雄のサッカー講釈「Jサポータの支援活動に参加して」2011.3.21
その後も支援物資集めやがれき除去作業など支援活動は継続的に行われていた。
さまざまな任意のグループや団体があるが、この災害のときJリーグサポーターの動きは最も早かったと思う。この時感じたのは「Jリーグのサポーターには地域社会の中核になれる可能性がある」ということ。

個々人を否定しない緩やかな統率、人のために声を振り絞って応援する献身、苦しいときこそ燃える心意気、大旗を振り試合中歌い続け飛び続ける体力、応援スタイルやゲーフラに見られるアイデアや発想力、ホーム、アウエーと駆け付けるフットワークの軽さ、他チームサポとのネットワーク…。
こうして見るとJリーグサポーターたちのポテンシャルはとても魅力的だ。
サポーターが地域活動に入り込んでくるといいのにな。自治会やPTAなど形骸化しつつある組織にこそ彼らの力が欲しいと思う。

さすがにゴール裏の中心で飛び跳ねる体力気力はないわ〜という私たちおばさん組は、サポーターのサポーターならできるかな。サポーターさんたちが活動しやすくなるような環境づくりをお手伝いする。そんなスタンスでゴール裏を楽しもう。
さあ「ミ・ヴィーダ」登場なるか!巨大幕の内側初体験できるかな。
[PR]
by windowhead | 2015-03-29 04:50 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

チョークが…

Jリーグでもバニシング・スプレーが使われたとかなんとか…そんな諸々の情報を暇に任せてチェックしていたら、あら〜困るかもって情報がでてきました。
「チョーク、電子化に泣く…廃業で製造機は韓国へ」

ホワイトボートができて、電子黒板だってできて久しいのに未だに学校は黒板チョークが主流だというのが不思議なくらいだが、そろそろチョークにも引退の時期がせまっているようです。

で、なぜむか〜しに学校を卒業した私が困るかもなのかというと、歴史ファン兼史跡調査愛好者として大切なツールのひとつだから。
史跡調査、特に崩れた墓石や石碑などを探す時にチョークは大切な道具。
苔むしたりすり減って読みにくくなった石碑などの文字を読む時、どうするか。
苔や汚れをとったあと
懐中電灯の光を角度をつけてあてて凹凸を浮かび上がらせて読む(書き写す)
それでも読めないほどすりへっているとき、チョークをつかっています。(ただし、近くに水があることが条件ですが)石碑の読みたい文字の部分をチョークで軽くこすると凸部分が白く凹部分が石の色になってすり減った文字もくっきり出てきます。
読んだあとは、水で流して持ってきた布で拭きとります。水が少ないときはチョークが残りますが、雨が降ると流れます。
墨汁を使って拓本を取るという人もいますが、私はチョークを愛用しています。
やわらかくて上質のチョークじゃないと崩れかけてもろくなった石を傷つけると思うので、安売りチョークは使えないのです。

b0009103_15192770.jpg
わたしにとってチョークが活躍してくれた大切な調査があります。
長崎市西小島にある「梅ヶ崎・佐古招魂社」の墓碑銘調査。
明治8年の台湾出兵と明治10年の西南戦争で戦病死した政府軍兵士や関係者の御霊が祀られているところだ。戦前に移設されたり、敷地が削られたりで残っている墓石もずいぶん朽ちています。
2004年頃から時間がある日曜日に出かけて、調べたかった警視局関係者の墓石調査をしていました。お墓ということから、敷地内に水道もあったのでチョークがかつやくしました。
明治100年記念で郷友会が発行した名簿と照らし合わせながら簡単なデータベースを作ってホームページにアップしています。
ここの調査はまだ終わっていません。名前だけでなく出身地やいつどこで戦ったのかなど刻まれている墓石がまだ残っているので、まだまだチョークの出番があるのです。
バニシングスプレーのようにシュッと吹き付けてそのあと消えるものが出てくると水がないところでも、寒い日でも史跡調査愛好者には画期的な道具になるんですがね。
[PR]
by windowhead | 2015-03-23 14:59 | 長崎と幕末維新 | Comments(2)

Vファーレンだってクールジャパンコンテンツになれるんだ

b0009103_13501796.jpg


昨日夕方からスポーツ文化新聞「ola!」さん主催のトークショーに駆け込んだ。
先週の幸野健一氏の話も興味深かったが、今回の山下修作氏の話は久しぶりにワクワク感を感じるプレゼンテーションだった。
山下修作氏は「Jリーグ」のアジア室のプロジェクトリーダー。Jリーグを「クールジャパン」コンテンツの一つとして政府や経団連などに認めさせたキーパーソンだ。
40歳代なのかな、スタジアムで会えばわが町のチームを応援に来たパパさんサポーターとして挨拶を交わせそうな風貌でフットワークも軽そう。「J's-goal」の編集長もされていた方なので、ファンサポーター目線も併せ持っている人だった。
「Vファーレン長崎」の集客やスポンサーの獲得や長崎県民へのアピールなどチームを中心にどんな方法があるんだろうかなど考えたりするんだけど、山下さんのお話からは、Vファーレン長崎が長崎県や企業のアジア戦略の魅力的なコンテンツになりうるという希望さえ見えてくる。
この話は30名くらいの参加者だけで聞くにはもったいない。行政の人や議員さん、長崎の経済界の方々など広く聞いて欲しかった。

とてもシンプルなパワーポイントファイルを使ったプレゼンだったけど、わかりやすいし話に集中できる最良の資料だった。プレゼンとなると矢印が動いたり文字がフェイドアウトしたりなど凝った動きのパワーポイントファイルを作ろうとするけれど、プレゼンしたい内容が魅力的であれば、プレゼン資料なんてシンプル イズ ベストだって言うことを教えてもらった気がした。

うれしくなるようなエピソードも聞くことができた。
2013シーズンの終盤、中村俊輔のマリノスを応援に来日したセルティックサポーターのオーストラリア人夫妻に取材されたときの話だが、俊輔応援を含めて3週間の日程で日本を回る旅程のなかに長崎があり、県総で長崎VS讃岐戦を観戦したそうだ。その後、京都観光に行ったら長崎VS京都のプレーオフがあっていたのでそれも観戦したということだった。オカムーの笑顔が悔しかったあの讃岐戦のあのスタジアムにセルティックサポのオーストラリア人ご夫婦がいたんだなあ。なんか嬉しい。

ワクワク感の伝わるお話だった。それも長崎でも可能性があるという現実感を伴う内容だった。
山下氏の今後の活躍を心からお祈りしつつ、このトークショーを企画してくれた「ola!」の植木さんに「感謝!」です。

アゴラの「言論アリーナ」に昨年7月24 日の山下修作氏へのインタビュー映像が掲載されていた。「201407サッカーでクールジャパン〜Jリーグのアジア戦略展望〜」
https://www.youtube.com/watch?v=NjNV19boeL0
[PR]
by windowhead | 2015-03-14 16:22 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

2015シーズン開幕戦のあれこれ

b0009103_2349641.jpg


今シーズンからゴール裏組だが、さすがにこの歳では終始飛び続け歌い続けるコアグループは無理。ゴール裏も端っこのほうを定位置に。その分だけチャントや応援の声は張り上げます。久々にお腹のそこから声を出して歌うのが気持ちいい。詩吟のお稽古よりずっと声が出るわ〜〜。
クラブ創設10周年記念の開幕戦での紙吹雪は、ウルトラさんのユースト放送で聞いていたので、500万円くらい準備。(お金じゃないよ万札大の新聞紙で500万円ってこと)見渡せば付近のみなさんも札束もって準備している。
紙吹雪撒く時ときのみんなの顔がこの日一番楽しそうだったなあ。
その後のお掃除は覚悟の上だったが、撒いた人たちがそれぞれに自分の周辺を片付けていたので、最後に残って拾い集めるのはA席側に飛び込んだ札を回収する作業くらいだった。

紙吹雪に13基の花輪,大旗の数もまた増えて賑やかなゴール裏だったが、試合のほうはホーム開幕なのに0対1でジェフ千葉に負けてしまった。
開幕前に札幌とのTMだけしか見ていないので、こんどのチームのベースがどんなものかわからないが、クラブや監督の発言では昨シーズンよりも力のある選手が集まっているとのこと。まあ昨シーズンも初年度より質の高い選手を取ったと言っていたっけ。その発言を信じれば一番力不足ということになるJ初参加の時の選手達が一番結果を出していることになる。個々人の力は別として、3シーズンの開幕戦だけを見ても初年のチームが一番「野生的な勢い」があったのは確かだ。
42試合の中の最初の1試合負けただけじゃないかと言われるかもしれないが、昨シーズンホームで負け続けられる体験があるので、仕切り直しのホーム開幕戦には何が何でも勝って今シーズンは違うぞという勢いが欲しかった。そう思わせる試合をして欲しかった。

前日J1が開幕し、マリノスも初戦完敗した。中心の中村俊輔が足首の手術で開幕に間に合わず、期待のFWも怪我人ばかりというチーム状況で挑んだ開幕戦だったので致し方ないという見方もあるだろうが、それでもサポーターの人がこんなことをつぶやいていた。「いつの試合も試合が終わった時ユニフォームが一番汚れているのは36歳の俊輔だった。今回彼がいなかった。そんな中でいつもの俊輔ほどユニフォームが汚れていた選手がいただろうか」と。
チームの中心であり技術力が高い中村俊輔は当然のごとくJリーグで最も多くファウルを受けているというデーターがある。その彼が怯むことなく1試合に何度もスライディングしてボールを奪い返す。チームの中心である責任と自負からだろう。
この言葉を長崎の選手達にも言いたい。ゴール前で身体を投げ出してでも相手を止める気迫があったのか、突き飛ばされても、転んでもボールを渡さないとあがいただろうか。一昨日の長崎の黒木選手にはそんな覚悟が感じられた。梶川選手や木村選手には点を取るぞという意気込みが垣間見えた。でも全体として今ひとつ必死さのようなものが見えにくいチームだった。
まあ新しい選手にしてみれば初めての長崎での試合だし、戸惑うことも多かったのかもしれない。きっと次のホーム戦の時はワクワクする試合を見せてくれるだろう。期待してるね。


話はちょっと変わるんだけど……言っていいかな????困るかな??
あのね、大久保択生選手、
私やSさんは彼のことをご近所のおばさん気分で応援しているんだけど、おばさんたちがとっても気になっていることがあるんですよ。
開幕日にSさんが「択生くんて結婚してたんだね」って突然聞いてきたのね。「え〜っ、初耳、なんで?」と聞くと、Sさん曰く「サッカーダイジェスト版の選手名鑑のプロフィールに「既婚」と書かれているとのこと。私は大きいサイズもポケット版もエルゴラッソの選手名鑑を買っている。エルゴラ版は2冊とも「未婚」になっている。ちなみに昨シーズンはダイジェスト版でもエルゴラ版でも「未婚」。記事のミスかしら? もし「既婚」が正しければシーズンオフに変わったのかな?
おばさんたちには、どちらでもたいした影響はなく「応援してあげたいご近所の男の子」的存在なんだけど、もし、もし、シーズンオフに「既婚」になったのなら「おめでとう」ぐらいは言わせてよ、みずくさいぞ!なのね。もし記事のミスなら「択生君、災難だったね」というしかないか。

どっちなんだろうね。…ああ、おばさん的野次馬根性、ごめんなさい。もし変わったのならおばさんたちお祝い贈るからね。


b0009103_2274899.jpg

今日浜町で素敵なことに出会った。
好文堂書店の入り口のボードにフォトブック「ヴィヴィくんと」の紹介PRが貼られていた。
おそらく女性の書店員さんが書かれたものだろう。可愛くって素敵で足が止まってしまった。
なんだかとっても嬉しくなって、また1冊買ってしまった。このまま行くと我が家には「ヴィヴィくんと」が何冊も平積み状態になりそう。先日ヴィヴィくんからサインしてもらった1冊はいつもお世話になっている人に贈ることにします。他クラブサポさんだけど、絶対に喜んでくれるはず。
[PR]
by windowhead | 2015-03-11 02:04 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

コラムで今シーズンの判定基準を知った

いよいよ今週末からJリーグが始まる。

マリノス、今年こそ!と思っていた矢先、俊輔が手術でしばらく離脱。とにかく彼が返ってくるまで希望のある形をつくっていてくれれば…。2ステージ制が利点に働けばそれでよし。その間しっかり応援です。

由紀彦ロスで気持ちがVファーレンに乗らなかったが、島原でのT Mを見たあたりからすこしづつ応援モードになり、2日はサポーターミーティング(カンファレンスでないのが残念)に参加した。
クラブのコンセプトが確認できたのはよかった。

そんな中でゼロックス杯 ガンバVSレッズでの審判の判定について興味深いコラムがあった。
ゼロックス杯は、昨シーズンの王者同士の戦いでもあり、マスコット総選挙もありで、絶対見逃せないのだが、もう1つ大事なものがある。
ゼロックス杯の審判のレフリングは、そのシーズンの判定基準を示すことにもなるので、どんなシーンで笛が吹かれるか、カードがでるのかそれも大事な視点だ。

前記のコラムは「【清水英斗の「観戦力」が高まるレッズコラム】ゼロックス杯 G大阪vs浦和レビュー『山本雄大主審が示した今年の指針。そして試合終盤のジャッジについて』」というもので、わかりやすい解説になっている。浦和側のコラムだからといって浦和によったコラムではないので、レフリングに興味がある人は読まれるといいと思う。
このコラムで注目しているのは
ホールディングの判定が厳しくなるということ(海外では以前からシビアに取られているらしいが日本ではそれほどでなかったという)
スライディングタックルのファウルの判定は足にいったかいかないかではなく、足の裏を向けて両足でで激しく行くという危険行為も含まれているので「ボールに行ったか行ってないか」が判定基準のすべてではないということも認識しておくべき。
最終的には、選手と審判の間に信頼関係が築けているかどうかが良い試合をつくるのだろうが、サポーターのほうも、判定基準などを少し知っていると、変なあおりやブーイングもさけられるんじゃないかなあ。
セロックスをレフリングした山本氏ともおそらくどこかの試合で出会うことだろう。審判の特徴を知っておくことも試合を楽しむひとつの楽しみ方かもしれない。審判のレフリングの特徴は選手名鑑に載っていた。
我がチームも特にホールディングには気をつけようね。
[PR]
by windowhead | 2015-03-04 10:23 | 紙のフットボール | Comments(0)

ヴィヴィくんもみんなもがんばりました!

Jリーグマスコットによるセンターポジション争奪総選挙で我がVファーレン長崎のヴィヴィくんは4位でした。
昨年1位、今年4位、いいポジションです。
ヴィヴィくんファンお仲間で2連覇めざして頑張って投票しましょ!と毎日1回ポチッを忘れませんでした。J2Vファーレンのファンやサポーターの数からいくと、投票数でJ1のクラブに肩を並べるのは至難の業です。きっと全国のヴィヴィくんファンが毎日毎日ポチッとしてくれたんでしょうね。
おかげさまの4位です。
4位より何よりうれしかったのは、皆さんがアップしてくれる会場写真で2重3重4重に取り囲まれたヴィヴィくんの姿がアップされていて、ああたくさんのファンの人がいるんだなあと実感できたこと。いろいろな人がヴィヴィくんの写真をアップしてくれていました。
そうそう、東京ドロンパと一緒に写っていました。
ドロンパくんともお近づきになれたのかな。
「ぼくのだいすきなゆきひこさんはげんきですか?」と聞けたでしょうか。
私的にドロンパはマスコット界のキングオブキングだと思っています。
彼の可愛さとエンターテイナーとしてのスキルの高さは浦安のネズミさん以上です。(疑う方は、Utubeでドロンパの動画を見てくださいな。)

マスコット総選挙に満足し、もうすぐ幻の「ヴィヴィくんフォトブック」も出版されそうです。
公式から発表はないようですが、Amazonで予約できましたもの。ベースボールマガジン社のMook版としてでるんですよ。メジャーすぎて、申し訳ないくらいです。

昨日のヴィヴィくんの写真をあちこち探していると、なんか羨ましいもの発見!
http://www.fctokyo.co.jp/207633
さすがドロンパさんです。
一歩お先に、東京ガールズコレクションのランウェイデビューしていました。
とたんにあーうらやましいなあ。
メディア露出の多い東京ガールズコレクション。
特に地方ではかなりの影響力がありそう。
いつかヴィヴィくんもこのランウェイを歩けますように。

Vファーレンの集客はヴィヴィくんだけに任せられないとばかりに、公式ホームページが大幅にリニューアル。選手プロフィールには素敵な笑顔がいっぱい!オチも話題もずっこけもいっぱい。
重すぎてなかなか開かないという欠点満載のホームページですが、親しみがあるものに変わりつつあってクラブのみなさんの努力に感謝です。
あのーサーバー代くらいファンが持ちますから、もっと大量アクセスに対応できるサーバーに買えませんか?たかだか年間ン万の世界ですよ。
[PR]
by windowhead | 2015-03-01 16:29 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧