<   2015年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

親しまれるクラブに向けて選手もサポも進んでいる

最近Vファーレン長崎に関するホッコリするニュースがあちこちから届いている。

一番ワクワクしたのは、やっぱり選手コーチ監督まで総出て体験したペーロンの話。Vファーレンの練習場がある戸石やその前の牧島は漁師町で長崎の伝統的な漕艇競技ペーロンの盛んな地域だ。そのペーロン競漕を選手やスタッフたちが体験したそうだ。その様子を撮った写真が、クラブのホームページにたくさんアップされている。この体験で選手たちが大いにリフレッシュしているのが伝わってきて、見ている側も自然に笑顔になってくる。
井上祐大選手はブログでその体験の楽しさを伝えながら、体験をサポートしてくれた牧島の関係者の方々に向けて、「ペーロン体験をさせてくれたおいちゃん達本当に感謝です!」と書いている。
このペーロンの様子は、日曜日のアビスパ福岡戦の前にスタジアムのオーロラビジョンでも流されて、なんと体験をサポートしてくれた「おいちゃん達」やご家族がスタジアムに応援に駆けつけてくださっていた。この交流が続いて広がっていくといいなあと思う。

ファンサポの間で「クラブ屋敷」とよばれている純和風クラブハウスがリクルートの住宅賃貸物件情報「SUUMO」に取り上げられて反響を呼んでいる。1500件以上の「いいな!」やTwitterでの紹介が続いていて人気記事になっているそうだ。記事を読みながらここでくつろぐ選手達を想像するとなんとなく頬がゆるんでくる。とてもいい記事だった。
そのクラブ屋敷の外観を見たくてアビスパ戦前日に練習見学に行った。海と住宅に囲まれた練習場。グランドの前のお家は毎日練習が見られていいなあと思っていたら、なんとなんと、選手が蹴ったボールが高いフェンスを飛び越えて前の家の庭に飛び込んでしまった。わー大変だと見ていたら、くつろぎ姿のおじいさんが出てきてゆっくりとボールを拾うと、謝りに行ったスタッフのSさんに渡してくれた。嫌悪んな雰囲気は感じられなかったので一安心。私もついご迷惑おかけしていますと心のなかでペコリ。
クラブハウスの見学会など予定されているのであれば、まずはご町内の皆さんをご招待してほしいな。
選手達も周辺の食堂などに出没しているらしい。町の人たちと選手達が気軽に言葉が交わせるそんな地域なっていったら理想的なんじゃないかな。

李 栄直(リ・ヨンジ)選手のtwitterで、サッカースクールのお手伝いに行ったことが報告されていた。小さな子供達と楽しいひと時だったようだ。実は、磐田戦の翌日にGKの大久保選手が中学生の練習にサプライズ参加してくれていたと知り合いから聞いていた。公式の行事ではないが、選手達がプライベートにスクールなどに協力してくれている。選手の方から地域やファンとの接点に出向いてくれているのがとてもうれしい。

先日、W杯予選韓国代表に初選出され1ゴールを挙げて一躍「時の人」になった李 勇載(リ ヨンジェ)選手だが、ガンバ大阪から獲得オファーがあった。さすがにガンバなら移籍も仕方がないなあと思っていたら、彼は長崎に残ることを選んでくれた。その気持ちに応えるため、アビスパ戦でゴール裏のサポーター達が彼の背番号である「27」を描くコレオをあげた。くっきりと上がった「27」の数字が美しいコレオだった。
対するアビスパゴール裏からもコレオがあがった。コレオができるくらい多数のアビスパサポーターが長崎に来てくれた。対戦相手ではあるが、やはりたくさん来てくれると嬉しい。
0−0で勝ち点1づつを分け合う試合となったが、気持ちの切れないいい試合だった。

Jリーグにあがって3年目、まだまだごちゃごちゃすることもあるが、少しづつチームと地域の関係がスムーズになっていく切り口が見えてきたような気がする。それに積極的に関わろうとしてくれている選手達。彼らの気持ちが見えてうれしい。地道だが地域との良い関係は長崎中に広まっていくだろう。
[PR]
by windowhead | 2015-06-30 02:49 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

失点を責めるより得点への後押しを

先日のアウエー讃岐戦翌日の長崎新聞の記事にちょっと違和感を感じた。
記者の署名記事だったが、タイトルが「失点防ぎ好転の兆し」
書き出しが「連敗は3でストップ。第7節から12試合続いていた失点もようやく止まった。その一方で連続無得点は4試合に伸び勝ち星からここ1ヶ月遠ざかっているが「勝ち点1を積み上げたことを前向きに捉えたい」…後略

概ね好意的な記事なのだが、なんか違うような気がする。
うーん、なんか後ろ向きな感じ。

「失点防ぎ好転の兆し」って、確かに毎試合相手にゴールを許していたが、ぼろぼろと「ざる」のような状態ならともかく、1試合たかだか1失点。これってサッカーでは普通のことではないだろうか。
1失点が続いたくらいで おおごとのように書くメディアやファンって珍しいんじゃないだろうか。
点を取られたら取り返す、さらにそれ以上点を取る。サッカーってもともと点を取るゲームだ。
サッカーが始まった頃はキーパーなんていなかった。ゲームをおもしろくするために得点を邪魔する役割をつくった。それがキーパーの始まり。だから基本はいかに多く得点するかだ。実は失点より点が取れないことの方が根本的な問題だと思うのだ。それを記事のように失点が続いたことが問題のように書かれると、サッカーを見慣れていない読者や初心者ファンが失点が最悪のこととミスリードされてしまう。
スタジアムの中に失点に厳しい雰囲気が漂いだすと、選手たちは失点を恐れて冒険したプレーができなくなってしまう。それでは選手たちも見る側も窮屈でつまらないサッカーになってしまうだろう。

今日TV観戦したFC東京と清水の試合。どちらも最後まで点をとるために必死に攻めあっていた。結果3−2でFC東京が勝ったが、どちらのチームのサポーターも2失点、3失点を責めることはないだろう。

Vファーレンの今日の相手は「アジアの壁」と言われた井原監督が率いるアビスパ福岡。
アジアの壁を打ち崩すなんて、考えただけでもワクワクしてくる。シュートを打って打って打ち崩すくらいの勢いで攻めるサッカーをして欲しい。
そのためにはスタジアム中で「今日は勝てるよ!」という雰囲気を作れることが大事なんだろう。
[PR]
by windowhead | 2015-06-28 02:09 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

スコットランドからも

俊輔くんの37歳の誕生日を祝うメッセージがはるかスコットランドからも届いていた。

彼が所属していたセルティックはもちろんだろうが、なんとスコットランドサッカーリーグが公式ツイッター(@spfl)で「セルティックの英雄中村俊輔、37歳の誕生日おめでとう」」というお祝いメッセージと、彼の数々のゴールを編集した映像をアップしてくれている。
一人の外国人選手に対してその国のリーグが心からお祝いしてくれている。
例えれば浦和にいたワシントンやポンテの誕生日にJリーグがお祝いのコメントと彼らのゴール集を公式ツイッターで発信するようなことだろう。
今の日本のサッカー界ではありえないことだけと、スコットランドリーグはそれをやってくれた。
俊輔がそれほど大きなインパクトを残した選手であったからだろうが、それも含めてサッカーへの愛の深さがぜんぜん日本とは違うのだろう。
スコットランドのサッカーシーンを輝かせてくれたことは、そのままスコットランドという国を輝かせてくれた愛すべき存在になるんだなあ。その英雄の国籍なんかでスコットランドの誇りは揺るがないという心の広さに感動してしまう。
俊輔くんは幸せ者だ。

ゴール集Scottish Football Legends - Shunsuke Nakamura
[PR]
by windowhead | 2015-06-26 17:07 | 10-25shun | Comments(2)

Happy 37th birthday SHUNSUKE NAKAMURA

6月24日、中村俊輔選手が37歳のお誕生日を迎えた。
おめでとう。
横浜Fマリノス公式がアップしてくれた俊輔の近況写真がこれ
相変わらず美しい1枚
プロのカメラマンが取れば被写体が誰でもこれくらいの写真にはなるだろうとお思いかもしれないが、俊輔の場合は、カメラマンがプロでもしろうとでもこれくらいの写真になる。
もともとのフォームが美しいのだ。
しなやかさと力強さがいいバランスで宿っている人
このしなやかさと彼が操るサッカーの楽しさをいつまでも見ていたい。
早くピッチに復帰してと心待ちにしている。
最新のインタビューでは、いま練習試合でボランチをしているけど、早くもとの場所でプレーしたい。とトップ下への意欲満々。
彼は攻撃の最前線にいたい人なんだ。
いまのマリノスの監督は三門選手をトップ下に置いてお気に入りのようだから、俊輔が帰って来られるかなどと言う人たちもいるようだが、心配いらないね。
ぜったいにやりたいサッカーを勝ち取るという子供っぽい意欲が折れてないもの。
良い意味で老成していない、できないのが中村俊輔のよさ。
そんな俊輔らしさを凝縮したプレーを見たいと待ち望んでいるのは私だけじゃなさそう。

なんでも、鹿島のヤナギとナカタコとアライバの引退し合いにも俊輔参加らしい。
若い頃、「あいつ変な奴」と俊輔のことを言っていた年下のナカタコが、俊輔も出てくれると嬉しそうに話していたらしい。そりゃあ、大好きなヤナギさんと試合ができるんだもの、俊輔なら絶対にでたいはず。アライバくんは同じ歳だ。
だんだん同世代がいなくなるのは、複雑な気持ちだろう。


中村俊輔と佐藤寿人
私にとってこの2人はJリーグの攻撃の華だ。
[PR]
by windowhead | 2015-06-25 07:14 | 10-25shun | Comments(0)

ストライカー

佐藤寿人選手の1通算150ゴール、そしてJ1&J2通算200ゴール
おめでとう‼︎!涙がでるほどうれしい。
さらにハットトリックでその試合を飾るストライカーの矜持に心打たれる。
誰が何と言おうと日本で最高のストライカーだ。
「日本最高のストライカーのひとり」なんていう曖昧な言い方はしない。正真正銘日本で最高のストライカー。
今のところ彼が負けているのはゴンさんの記録とカズさんのプレーヤー年数。このままいくとゴンさんの記録は今年中に間違いなく越える。
いや、今シーズンも以前のような使われ方をしていたら、すでに越えていたかもしれない。
今シーズンのサンフレッチェは先発で寿人が登場するが、必ず途中で浅野との交代になる。寿人に問題があるわけでもないのに浅野との交代に、私はイライラする。
サンフレッチェと森保さんの方針として新しいストライカーの輩出は重要ミッションなのかもしれないが、寿人ファンとしては納得がいかない。サンフレッチェの試合は寿人が出ている前半までしか見ないってことも多くなった。悔しくていっそ青山といっしょにミシャの所に行けとすら思ったことすらある。一番納得がいかないのは寿人本人だろうが、彼は黙ってピッチを去る。しかしその顔はいつも納得していない。彼の中では浅野や野津田の成長は喜ばしいが、ポジションを取るのはあくまでも競争だろうという気持ちがあると思う。
だからこそ、このハットトリックは涙がでるほど嬉しい。

昨日スタジアムに「君は佐藤寿人を見たか」という弾幕が揚がっていた。
サンフレッチェサポさんのツイートによれば「寿人選手への畏敬の意、そして寿人選手のゴールを誰よりも見てきた、サンフレを愛するライター・中野和也さんへのオマージュ」なのだという。
私のような俗人ファンはつい、これほど素晴らしいストライカーを日本代表に選ばない日本サッカー界や小兵を評価しない代表監督たちに向けて言ってやりたいが、そんな矮小な気持ちなんかぶっとばしてくれている。
絶景を見た時ただただ感動するように、佐藤寿人のゴールを見たことを至福に感じれば良いということなんだね。
今、広島にしか揚げられないすばらしい弾幕だと思う。
そして、TVを通して聞こえる寿人のチャント。「君の瞳に恋している」はやっぱり佐藤寿人が一番似合う。「さとうひ〜さと、らららら〜らら」これ聞くといつも幸せな気分になってしまう。
おめでとう、でもこれこそまさに通過点。


ストライカーといえば、我が「Vファーレン長崎」のストライカー リ・ヨンジェの周辺が騒がしくなってきた。
W杯予選の韓国代表での活躍で絶対にオファーがくると覚悟していたが、なんと「ガンバ大阪」がオファーをだしたという記事がでてきた。
行くしかないだろう。これまでレンタルで来て成長して帰ったり、J1に個人昇格して長崎を出て行った選手達より、だれよりヨンジェは可能性が大きい選手だ。ガンバなら長崎のように負担の大きいディフェンスもしなくていいだろうからゴールを取ることに集中できるはず。ヨンジェがいなくなるのは正直寂しいが、J1ならTVで見られるし、鳥栖に応援にもいける。活躍を見ていたい、そんな選手なのだから。
それにしても残念なのは、マリノスがオファーしてくれなかったこと。たしかに外人枠はいっぱいかもしれない。でもいま一番欲しいのは運動量があって身体の強いストライカーなんじゃないのかなあ。アデミウソンがいればそれでいいのかなあ。俊輔のピンポイントクロスでヨンジェがゴールする姿が見られれば最高だったけどな。フランス人監督はブランド好きなのかもしれないな。

ああ、それにしても俊輔はまだ出られないのかな。
彼がいないのはつまらない。
[PR]
by windowhead | 2015-06-21 15:35 | 紙のフットボール | Comments(2)

赤松小三郎に関する講演会

昨年執筆参加した「朝敵と呼ばれようとも」(現代書館)が縁で知り合いになった静岡のSTさんから連絡をいただいた。
彼女が「朝敵…」で紹介した赤松小三郎に関する講演会が開催されるとのこと。
とても興味があるが、残念ながら開催地が東京ではちと参加は難しい。
私は無理でも都心周辺に在住の幕末ファンの方々には、貴重な情報かもしれない。

b0009103_15232046.jpg赤松小三郎がどんな人物か、このブログを読んでくださる人で知っている方もすくないのではないだろうか。

幕末、上田藩士であった赤松小三郎は、京都で開いた洋学塾で多くの英才を育てるとともに、わが国の
近代化に向けてのグランドデザインを描きその実現に力を尽くした「幕末の偉才」。
高島砲術を伝授された曽根金三郎の門人であり、また勝海舟の従者として長崎海軍伝習所でも学んでいる。
彼が書いた「新銃射放論」は、後に武田斐三郎(佐久間象山の弟子で、函館五稜郭の設計に関係。諸術調所の教官)らの教科書として、採用され、維新後葵文庫に所蔵されていた。
京都では、慶応二年ごろから会津藩邸の洋学教授に就任、山本覚馬とも親しく交流し、同時に、薩摩藩邸でも教鞭を取っていた。そのころの門人に桐野利秋などがいる。また「英国歩兵連法」を慶応三年に出版し、島津公などからも高い評価を受けていたが、公武合体派であったため慶応三年九月に、桐野利秋に暗殺された。

評伝や研究本も少ない人物なので、講演会は貴重なチャンス、興味のある方は参加してみてはいかがかな。

暗殺された赤松小三郎ーー幕末、近代日本のグランドデザインを描いた「偉才」
「幕末の偉才 赤松小三郎」講演会
日時:平成27年8月18日(火)受付開始18:10 講演 18:40~20:40
会場:東京都文京区文京シビックホール 小ホール(文京シビックセンター2階) 
参加費:1、000円(当日会場受付にて申し受けます)
対象:幕末の歴史にご興味ある方であればどなたでもご参加いただけます。
定員:300名(先着順 お早めにお申し込みください)
主催:上田高等学校関東同窓会 赤松小三郎研究会
演題:「幕末の偉才 赤松小三郎」                             
  ・赤松小三郎と日本の近代化
  ・「英国歩兵練法」の翻訳について
   (青山教授ご自身所蔵の大変貴重な『英国歩兵練法』をお持ちいただく予定です) 

b0009103_15243150.jpg


アクセスなどは長崎微熱」のホームページに掲載されているチラシのPDFをダウンロードしてご覧下さい



STさんには、松岡盤吉を書く時は韮山代官江川家文庫の史料でお世話になった。
韮山代官江川英龍といえば、韮山反射炉を作った人物。幕末以前から江川家は多くの家臣達を長崎に派遣して学ばせている。反射炉は近代化遺産の一つ。長崎との縁も深い。
長崎と韮山を結ぶシンポジウムなんか開きたいなとお互い電話口で話しているが、とりあえずは9月初めの原稿締め切りに向けてあくせく史料探しと執筆に追われる夏になりそう。
[PR]
by windowhead | 2015-06-19 15:43 | 長崎と幕末維新 | Comments(0)

ホーリーホック

b0009103_3473397.jpg
いまさらだが「ホーリーホック」が「タチアオイ」のことだと知人のブログで知った。

Jリーグファンにはホーリーホックといえば、「水戸ホーリーホック」
水戸は徳川御三家の一つ、徳川家の家紋「三つ葉葵」にちなんだ名称らしい。マスコットのホーリーくんは龍なんだけど、これも水戸黄門様こと徳川光圀の字「小龍」に由来したらしい。
そうか、水戸と葵は切っても切れない関係にあるのか。(厳密にいえば、「三つ葉葵」と「立葵」は違う種類だけど)
タチアオイは尾形光琳の孔雀立葵図屏風にも書かれているくらいだから日本古来の草花だと思っていたけれど、中国や小アジアが原産地で十字軍によってシリアからヨーロッパに伝わっていたのだ。

野にあることが本懐のように青空に向かって凛とたつ姿は、昨シーズンまで水戸に所属していた鈴木隆行選手を憶わせる。

知らなかったことと言えば、
最近ひょんなことから、Vファーレン長崎に所属するある選手のことが掛かればコラムを読んだ。
「スーパーサッカー」のスタッフブログの中にその選手の19歳のときの姿が書かれていた。
私が知らなかったことだ。おそらく長崎のファンサポーターも知る人は少ないだろう。
また移籍してくる前のチームでは機知に富んだトークができるムードメーカーとして愛されていたようだ。
長崎では彼のそんな姿を見る機会が少ない。よく考えたらピッチ上のプレー以外、彼のことはほとんど知らないという人も多いだろう。彼のそんなエピソードを知ったらもっと親しみを持って応援できるだろう。
「彼」とは、誰だろう……きっと何人もの名前が上がってくるとおもう。

選手はピッチの上で表現できればいいという考えもあるだろうが、こんなエピソードを知るともう少し身近な存在として応援できるような仕掛けがあるといいのになと思ったりする。

b0009103_3483090.jpg

尾形光琳の孔雀立葵図屏風図に書かれたホーリーホック
[PR]
by windowhead | 2015-06-13 03:52 | 日日抄 | Comments(2)

理不尽なお電話いただいちゃった

ほんとにこれでいいのかな、

6月12日19時からココサテで開催予定だった『V・ナイトミーティングaboutグッズ&ココサテ』
12日中止の連絡電話が10日午後7時過ぎに入った。
理由は参加者が少ないためとのこと。
連絡を入れたスタッフによると、多くの人の意見が聞きたい。そのためにはやはり土日でないとだめのようだ。改めてしかるべき土日に必ず開催するので、今回は取り止めにする。とのことだ。
参加申し込みした人は何人いたのか聞いたら、一桁ではあったが数人いらしたようだ。

ふーん、そうなのか。それでいいのか。
一桁の人数だったら開催する価値がない、GMや事業部長が出席するのはもったいないと言われているわけで、それって失礼じゃないのかしら。
すくなくとも開催申し込み時には、規定人数に足りなければ当日参加もOKとはあったが、取り止めにすることもあるとは、書かれていなかった。先ほど確認したが間違いない。それにこのミーティングはファンサポーターが要求したものでなく、Vファーレン側が募集してきたものだ。募集して〇人ならまだしも一人でも参加申し込みがあったら開催するのが主催者の責任のはずだよね。
私も申し込んだからには遅れないようにと、その週の仕事の時間を調整したし、せっかくのチャンスなので、きちんとした提案をしたいと思い、J1他チームのグッズ状況も調べたし、集客やファン層を増やすための土壌作りとなる提案も考えた。「パワーポイント」でプレゼン資料も作っていたのになあ。
知り合いのサポさんはアルバイトの休日を変更してもらったと聞いている。
スタッフさんは、取り止めではなく必ず再度開催しますのでと言われるが、その日を私たちが出席できる日に合わせてくれるわけではないので、次に出席できるかどうかはわからないわけだ。
体よく切り捨てられちゃったねって感じ。
クラブとしては大人数が集まり盛況で実りある時間だったというニュースリリースが出したかったのだろうから少人数ではニュースとしての効果がないと踏んだのだろう。
数人のファンやサポーターとじっくり意見交換するという太っ腹は持ち合わせていらっしゃらないわけだ。
GMや事業部長は忙しい方達かもしれない。しかしファンサポーターだって暇人ではない。どちらの時間も平等のはず。その考え方とっていただかないと、気持ちは離れてしまう。

すっきりしないなあ
[PR]
by windowhead | 2015-06-11 02:11 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧