<   2015年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「孤高の守護神==ゴールキーパー進化論」

世間は、降ってわいたようなラグビーブームだ。
昔こんな話を聞いた「イギリスのラグビー校で、サッカーの試合中にとっさにボールを持って走った少年がいて、それがラグビーの始まり」って。
でも実はちょっと違うらしい。その子がボール持って走ったのは今のスタイルのサッカー(アソシエーションフットボール)ではなくて、英国の原始的なフットボールで、手を使ってもいいルールのフットボールもあったらしい。ただ持って前に走るのは禁止だったとか。だから、ラグビーはサッカーから派生したのではなく、地域によっていろんなルールがあった初期のフットボールが近代になるにつれてサッカー(アソシエーションフットボール)やラグビーフットボールなどに整理されてきて今があるということのようだ

サッカーとラグビーの違いは手が使えるか否かという部分もあるけど、私は、それよりもゴールキーパーの存在の有無に大きな違いを感じる。

ゴールする場所の前に立ちふさがってボールをいれさせないように邪魔する役目の人。それがいるかいないかは大きな違いではないだろうか。邪魔する役目って、ちょっとネガティブイメージの役目なんだけど、それを担う人がどんな気持ちでその役割を仰せつかるのだろう。
なんとなくぼんやりと感じていたことを明確に教えてくれた本があった。
「孤高の守護神 ==ゴールキーパー進化論」(ジョナサン・ウィルソン 著・実川 元子 訳 白水社)
イギリスのサッカージャーナリストが書いた本だけあって、サッカーの起源と歴史に関する部分がとても面白かった。
英国では昔からボールを蹴ってゴールに入れるゲームが広く存在し、祭礼などにも使われたらしい。得点する人は昔も今もヒーローだ。ゲームをさらに面白くするために得点を邪魔する人を置こうと考える。みんな得点したいから邪魔する役はしたくない。その役割は当然のように弱小者やみそっかすの子に与えられ、ヒーローたちはその子に向かって嬉々としてボールを蹴る。一人だけ違う色のユニフォームを着せられシュートを体を張って邪魔しなければならない存在。ゴールキーパーはそんなにして生まれた。

この本の原題が「 アウトサイダーズ」であるように、英国では過去にゴールキーパーは異端視されたいた時代があったという。しかし、サッカーがヨーロッパや南アメリカに広がるにつれて、別の見方も出てきた。ロシア出身の作家で詩人のウラジーミル・ナボコフは彼の自伝でこう書いている「たった一人超然と、ボールマウスの前に冷静に立ちはだかるゴールキーパーに、少年たちは魅了され、通りで見かければ追いかける。闘牛士か撃墜王を見るように、人はゴールキーパーを見て憧れに胸を震わせる。(中略)ゴールキーパーは孤独な鷹だ。神秘的で、最後の守護神だ。」
ゴール前で人一倍の勇姿が期待されているゴールキーパーは戦争や政治に巻き込まれることも多かったという。

400ページ近くの本にはヤシンからカシージャスまで世界のゴールキーパーの系譜が詰め込まれているが、最近キーパーに興味を持った私には、オリバー・カーンから後の選手しかわからない。それでもカーンからノイアーまでのキーパーを見ているとゴールキーパーの役割はビッグセーブをする達人から攻撃の起点になるプレーもできるプレーヤーに進化が求められてきていることくらいはわかってくる。

この本の中で、私が考えているゴールキーパーの姿をもっとも言い表しているなあと感じた文章があるので、引用してみたい。

「ゴールキーパーほど運命の気まぐれに恒常的に向き合っているスポーツ選手はほかにいない。曲がってくるボール、イレギュラーするバウンド、一陣の突風、瞬間的な判断ミス、誉めるしかない無いみごとなシュート、そんなものが試合中の彼の奮闘を一瞬で帳消しにする。
結局ゴールキーパーは考える時間を与えられ、一人で思い悩む選手なのだ。だからゴールキーパーは危機をいたいほど感じる。ミスを忘れるために、走ったりボールを追いかけたり蹴ったりすることはできず、ひたすら待つしかない。しかも恒に敵の攻撃にさらされ、恒にじっと考えていなくてはならない。…」


そういえば、我がチームが得点した時、キーパーがどのようにしているのか、しかと見たことがない。自陣のゴールの前を動くことができない彼は、得点を喜ぶ仲間たちの輪の中に入ることができない。飛んで行って讃えたい気持ちをぐっと抑えて小さなガッツポーズをしているのだろうか?それとも賞賛の拍手をしながら自分ならどう守れたかとそのシーンを頭の中でリプレイしているのだろうか。一度しっかりと我がチームの守護神の喜びかたを見たいとおもっているのだが、ゴールが決まった途端そんなことは忘れてハイタッチの雨嵐に身を任せている。
自陣が危機のときしかそのプレーを集中してみてもらえないからか、キーパーはどこか人から少し離れたところを好む孤独な人にみえたりする。単純なのか複雑なのか、彼らの心を覗き見たくなる。


最後にとっても興味深い文章を
「知識人にゴールキーパー経験者が多い。フランスのノーベル賞作家アルベール・カミュ、帝政ロシア生まれの詩人ウラジーミル・ナボコフ、フランスの作家・随筆家アンリ・ド・モンテルラン、英国の作家イブリン・ウォー、ジュリアン・バーンズ、…。
アーサー・コナンドイルはポーツマスでプレーした。喘息だったチェ・ゲバラはゴールポストの後ろに吸入器を置いて、それで呼吸を整えながらプレーした。また宗教界にもゴールキーパー経験者がいてアマチュアのレベルで活躍していた人もいる。教皇ヨハネ・パウロ二世もその一人だった」

b0009103_1552892.jpg

「孤高の守護神 ==ゴールキーパー進化論」(ジョナサン・ウィルソン 著・実川 元子 訳 白水社)
[PR]
by windowhead | 2015-09-28 15:50 | 至福の観・聞・読 | Comments(4)

攻めるね〜〜V長崎さん

b0009103_0344421.jpg

Jリーグも終盤に差し掛かり、どのチームも最後のスパートをかけ始めたよう。
いろんなチームの企画広報さんたちも、漫画やアイドル、タレントとのコラボやったりしていて、賑やか。
そんな中で、我がVファーレン長崎の後期ポスターはなんの賑やかしもひねりもなく真正面から真っ向勝負で挑んでいて、その写真とコピーの潔さに感動です。
先日、サテライトショップでこのポスターをいただいて、我が家の壁の中村俊輔選手の横に貼ってしまいました。その横は「The Police」です。ついに、Vファーレンが俊輔とスティングと同列に並んでしまいました。

「正統派だなあ〜」
と、眺めていたら、それを打ち破るおっそろしいバクダンが一昨日Vファーレンから投げ込まれました。
おかげで、密かに応援している(って、ゲーフラあげてて、密かにはないですが)大久保択生選手の誕生日も俊輔選手の芸術的アシストもぶっ飛んでしまいました。

なんと「ふんどし専門店」とのコラボでふんどし姿の選手のポスターが!
長崎の超激しいトレーニングで創り上げられた素晴らしい長身の肉体。
流行りの体脂肪率はゆうに一桁でしょう。
もう、体脂肪率にうるさいハリルホジッチ日本代表監督に見せてあげたいくらい。
偉そうに評論していますが、初見では正直目のやり場に困りました、大切な選手たちにこんなことしてもらっていいのかしらって。
かみがたくんや かいくんは おかあさんから叱られない?って、近所の子供のやんちゃを見たお隣のおばさんの心境です。

しかし、攻撃はこれで終わりではなかったのです!
Vファーレンのフロントさんたちは、さらに攻めてきました。
なんとコラボグッズとしてオリジナルふんどし「とにかく勝ちたいVふん」なるものが、限定発売とか!!
なんとお尻部分に控えめにヴィヴィくんのイラストがある〜〜〜。ヴィヴィくんがついた長い布ものを作るのならなんでスカーフにしてくれないんだ〜〜とは現実的なおばさんの心の声です。
スカーフじゃあ、彫刻のように美しい裸体は見られないものね。

で、ふと思ったのですが、
このふんどしファイブのモデルの人選はどのようにして行われたのでしょうか。
じゃんけんやくじ引きかな?
植草番長のご指名かな?
それともオーデションでもあったのでしょうか?
そこで思い出したのが、少し前、スタッフさんが漏らしたあの洸一選手の赤パン姿の写真です。
なんのためにパンツ一丁の写真がスタッフのパソコンにあるのか?3Dモデリングのフィギュアでも作るのかななど考えましたが、サッカー選手のフィギュアでパンイチはないですよね。
としたら、もしかしたら、あれはふんどしモデルのオーデション写真だったのでは。全選手の写真があったのではなかと、ミス・マープル的に推理したりして、ワクワク!

Twitterでは、さっそく、J1浦和の槙野選手が食いついてきてくれています。本当にサービス精神満点のいい人です。ふんどし締めてキャッキャしている寿人選手の可愛いイラストを描いてる広島サポさんもいました。明日になると、いろんなチームの関係者やサポーターさんたちが騒ぎ出してくれることでしょう。
きっとVファーレンの担当スタッフさんは、してやったり!でしょうね。
私は、もしかしたら、こんなことがあるかも…と(ワクワクしながら)恐れています。ほら、今シーズン始めファジアーノ岡山が取り上げられた番組(有吉とマツコが新三大◯◯を見るというあれ)のことです。取材が来たらどうするんだろ…。
「地方サッカークラブの鋭角的すぎる新三大地域密着活動」ってタイトルで
その1、クラブハウスは地元のお屋敷をリフォームした純和風
その2、フィジカルトレーニングに伝統のペーロン競漕
その3、地元商品とのコラボ企画「ふんどし」
十分なインパクトがあると思うのです。

ここまで話題を引っ張りながら、その絵柄がないのは、いじわるでもなんでもありません。
どうしても見たい人は、ぜひVファーレン長崎のオフシャルサイトにアクセスしてください。ニュース>トピックス>2007.9.21のオフシャルグッズ新発売情報にアクセスです。大きな写真でじっくり眺められます。
必ずや美しい肉体が躍動する姿が見たいと思われるはずです。
そのときは、ぜひぜひVファーレン長崎の試合を見に来てください。
汗で張り付いたユニフォーム姿の彼らはさらにセクシーです。
[PR]
by windowhead | 2015-09-22 02:37 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

代表監督も唸らせたマリノスの10番!

土曜日の横浜FマリノスVS浦和レッズは4:0でマリノスの完勝。
中村俊輔、トップ下でスタメン。ファン待望のフリーキックでのゴール。
俊輔ファンにとって最高の試合だし、いろんな意味で感慨深い試合だった。

この試合を見たすべての人が中村俊輔に魅せられてしまうような華やかで美しくありながら容赦ない凄みすら感じさせるパフォーマンス。
これは、今シーズン怪我やチームのスタイル変更やポジションなどで悩み抜いた彼がフランス人監督に向けて出した一つの答えなのかもしれない。

トップ下に運動量とスピードを求める監督の要求を淡々とこなす俊輔。鳥栖戦で見せたメラメラした闘志ではなく、さらりと自然体にみなぎる力で、自ら得点し、決定機をつくり、ボランチやディフェンスの所まで下りて相手のチャンスの芽を摘んでいく。それはデータでも現れていた。前半だけで6キロの走行距離は両チーム合わせてトップ。マークした浦和のキーマン・柏木選手に決定的なパスをださせていない。

相手のファウルを誘い自ら得たフリーキックでスーパーなゴールを決め、学くんのゴールの起点となる縦への決定的なパスやファビオに目掛けてのピンポイントのコーナーキック。
「パスは人が走るより早い。前への推進力を止めないパスを出せば、一緒に走るよりも速い攻撃になる」という俊輔の持論を結果につなげて見せてくれた。
中村俊輔がスタメンでトップ下にいることが、チームの力になり、助けになっていることは、学くんやボンバーの試合後のコメントにも現れている。


俊輔はバルサのサッカーが好きだし、浦和や広島のようなスタイルのサッカーが好きだ。
そのサッカーでのトップ下はやはり彼の究極のポジションなのだろう。俊輔のことだから、好きなサッカー、やりたいサッカーは研究を重ねていることだろう。浦和との対戦は心待ちにしていたのかもしれない。
その前にあった鳥栖はフィジカルとスピードが持ち味のチーム。そこでは、彼らに負けない激しさを見せながら、しっかりとその中心となる藤田選手に仕事をさせないように執拗に食らいついていた。私的に鳥栖戦の俊輔でもっとも印象的だったのはこの藤田選手への執拗なマークだった。そして浦和の柏木選手は、どちらかというと俊輔のようなファンタジスタ系。しっかりマークしながら彼のアイディアを凌駕するプレーを見せている。俊輔にとっては、藤田選手より柏木選手の方がマークしやすいんじゃないかなあ。
もしかしたら俊輔は折衷案として、ペップ グアルディオラが率いてからのバイエルンミュンヘンみたいな独特のポジェッションサッカーを考えているのかもしれない?なんてチラッと思ったりしたけど…素人考えで〜す。

監督と俊輔が思い描くトップ下のイメージは違う。監督と俊輔のイメージのすり合わせがどうなるのか、まだわからない。それでもこの試合においては、俊輔が監督のイメージを凌駕したと思う。
この試合を見た日本代表監督が「中村俊輔がもう少し若ければ…。彼のようなプレーができる若い選手が代表に欲しい」と言い、俊輔の途中交代時にマリノスサポーターたちがスタンディングオベーションで讃えたという事実がそれを物語っている。

「ヒョウや勇蔵や淳吾のようにレギュラーで試合に出てもおかしくない選手たちの気持ちを持ってプレーしている」という試合後のコメントも、マリノスを支えてきた仲間に対するメッセージなんだと思う。
監督が変わってもマリノスの本当の魂は選手たちに受け継がれている。選手こそが俺たちこそがマリノスなんだよ。と言っている気がする。

「ウイ アー マリノス!」
[PR]
by windowhead | 2015-09-03 10:40 | 10-25shun | Comments(2)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧