<   2015年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ファッションと音楽熱ふたたび!

よれよれカーキのトレンチの上に羽織るストールにょうなものを思案しながらファッションTVを見ていてすごい衝撃をうけてしまった。
今朝はもうそのことて頭いっぱいでネットをザッピングしまくっている。
ファッションTVで見たのはバーバリー プローサムの15,16秋冬コレクション。
このショーは昨年末か今春始めに行われたものだからもうすでに1年。おそらくこの秋冬のレトロなポンチョやフリンジなどはこのショーの影響なのかも。
バーバリーが大儲けの土台になっていた日本企業とのパテント契約を解消して大衆化から方向転換したのは賢明だったなあと思わせるようなショー。
たしかに日本のデパートにあったバーバリーは英国のバーバリー製品とは全く違うものだったけれど、日本人はデパートのバーバリーをこぞって買っていた。デパートのバーバリーはバーバリー社のものではなくて、パテント契約した日本の会社が作っていたもの。パテント契約の製品は日本の大衆のちょっと背伸びして身につけるブランド品として普及したけど、それが海外にまで出てしまうと(中国富裕層の爆買などで)バーバリーの世界的な価値を落とすという諸刃の剣的な心配もあってバーバリー社は日本の企業とのパテント契約を解除したという話を何かで読んだ。

衝撃を受けたのはバーバリーのショーの中での生演奏していた歌手。正確に言えばその歌手の歌声。
彼女はクレア マグワイアという英国の期待の女性アーティストらしい。
日本ですでに騒がれてもいいのではないかというくらいの容姿と歌唱力を持っている人だった。
もちろん日本でもすでに彼女の音楽はリリースされているが、「クレア マグワイア知ってる?いいよ〜〜」という声はあまり聞かない。
なんでだろう、おそらくその歌声が日本人のかわいいっ娘好みに合わないのだろう。
骨太の歌声。それも厳しい風土から育ったような骨太さと陰影を含んでいる。
綺麗な高い声や、かわいいしぐさと明るさが好きな今の日本人向きではないのだろう。

そういえば久しくCDを買ったり、歌を有料でダウンロードしたりしていない。
手元でなんども聴きたいなあというほどの歌にであえていない。
最近買ったのは「トレモロイド」の古いCDかな。なんとなく70年代末から80年代ごろの雰囲気が感じられて懐かしさで買って聞いている。
クレア マグワイアはぜひとも手元で聴き続けたい歌声。
身近に音楽を流して聞いていたいと思わせる歌手(あえてアーティストと言わない、そう名乗ってごまかしている下手くそな歌手の多いこと!)に出会えたことで自分の中でも音楽熱が再燃してきた。
ありがたいことにファッション熱もいっしょに。(来年はおそらくもっとファッションの近くにいることが日常になる。だからファッション熱が再燃は必須だった。)

これだけ語っても独りよがりでつまらないはず。
そこで、この映像を!

「London in Los Angeles」

今年4月、バーバリーのヴィヴァリーヒルズショップのオープンを記念して行われたショーの映像。場所は LAの歴史的建造物・グリフィス天文台。セレブがいっぱいの中で繰り広げられるショーで歌っているクレア マグワイアのかっこよさ!
曲はなつかしい「朝日の当たる家」..
ランウェイサイドの真ん前にアナ・ウィンター(プラダを着た悪魔のモデルになった米ヴォーグの名物編集長)がいる、その横にビッド・ベッカム一家の姿もチラリと。
とにかく圧巻の映像。
そして耳に残るクレア マグワイアの歌声!
ブラボー!


○Burberry Prorsum「London in Los Angeles」
[PR]
by windowhead | 2015-10-30 14:06 | 至福の観・聞・読 | Comments(0)

俊輔とボンバーが極意を語る雑誌を買った

b0009103_2325031.jpg

久々に「Number」を買う。
武豊騎手が表紙の日本競馬特集。競馬を読みたいからではない。久々にあの連載があったから。
「中村俊輔のサッカー覚書」、今回は「2015年版フリーキック論」この4ページのために590円。
だけどぜんぜん惜しくない。中村俊輔の企業秘密が590円で手に入るんだから。
中村俊輔のインタビューは具体的でとてもわかりやすい。ヒロイックな精神論は語らない。おそらくそれは個々人の中のものであり、プロとしては当たり前のことだと思っているからだろう。その代わり技術的なことを素人にもわかるように伝えてくれる。言語力と伝達意欲が並外れて高い人だと思う。
V長崎の前ちゃんにもぜひ読んでもらいたい。
彼のFKもどんどん精度があがっている。おそらくたくさん練習をしているのだろう。俊輔のFK論には前ちゃんに役に立つtipsみたいなものがあると思う。プロの選手に同じプロの選手の技術を手本にというのは失礼かもしれないが、中村俊輔くらいの名手となればその言葉に耳を傾けてもいいのではないだろうか。
太っ腹の「Number」さんがその一部をweb版に公開してくれている。
日本最高のキッカーが語る極意 中村俊輔のFKはいかに生まれるのか」
絶対に続きが読みたくなるはず。

おなじ棚にあった目新しい雑誌「Sporty Life(スポーティライフ)」創刊号
食とスポーツをつなぐ情報誌らしい。
表紙と巻頭インタビューがボンバーこと中澤佑二選手。
ボンバーのストイックな生活スタイルは有名で、俊輔でさえ彼の生活スタイルに敬意を払うくらいだ。
食事という切り口からボンバーのサッカーに取り組む真剣な姿勢が垣間見える。
自分に甘い生活をしている私などは自戒のためにもこの雑誌を身近に置いておく必要がありそう。
ジュニア世代のためのスポーツ和食レシピ や食材、サプリメントなどすごく役に立つ内容。特にスポーツする子供さんをお持ちのお母さんにはおすすめ。
メンタル強化法やスポーツマネジメントについてなど幅広い。
スポーツマネジメントについては、身近なチームに当てはめて読んでみるとわかりやすい。
[PR]
by windowhead | 2015-10-29 02:35 | 至福の観・聞・読 | Comments(2)

牙突?高杉選手の不思議なポーズ

b0009103_0233896.jpg

久しぶりに「るろうに剣心」を楽しんだ。吉川 晃司ファンなので何度見ても楽しめる。
そういえば、1週間くらい前の長崎新聞にもるろ剣っぽい人がいたっけ。
「ヴィヴィかる」に登場した高杉亮太選手の傘を持った不思議なポーズ。
息子に見せると「あ、牙突ね」とことも無げに言う。なるほどアニメるろ剣の藤田五郎(斎藤一)の必殺技「牙突」の構えだわ。高杉選手がそれを意識されていたかどうかはわからないが、そうであれば嬉しいなという密かな希望。るろうに剣心を通してでも斎藤一に興味を持ってくれていることがうれしい。

新選組関連の本や史料を読みあさっていた頃から15年以上経つので、その後も新しい事実が出てきているだろうが、私にとっては斎藤一は謎の多い人だった。
彼が新選組に参加したのは20才なるかならないか、Vファーレン長崎でいえば、北川選手や木村選手くらい。そのときすでに組の撃剣師範と3番隊組長を仰せつかっている。永倉新八に言わせると斎藤は組で一番の使い手だったようだ。
剣の流派は一刀流だったと思う。新選組は実戦の剣として突きを重要視していた。それも刀身を寝せた独特の突き。刀身を寝せるのは、肋骨に当たらず一突きで急所を仕留められるから。考え出したのは土方歳三との説あり。いかにも土方らしい。るろ剣の「牙突」はこれをモデルにしてるのね。
斎藤一は、徳川幕府が瓦解してからもずっと土方歳三たちと戦い続け、会津で土方と別れた。土方は箱館に渡り翌年の箱館戦争で戦死したが、会津に残った斎藤は会津落城まで戦い、会津藩士として斗南などでの苦しい生活に耐え、明治維新後、警視局の警視として西南戦争では政府軍として西郷軍と戦っている。戦うことに関しては土方の一番の理解者だったと思う。晩年の斎藤一は会津で結婚した時尾さんとは生涯連れ添い、自分のふんどしは毎日自分で洗っていたというエピソードも残っている。亡くなる時は、床に伏せることなく床の間に座禅を組んで座って亡くなったとか。

るろ剣の時代は、廃刀令後西南戦争の前のようだから明治9年ごろか?アバウト明治4年から9年とすると、るろ剣の斎藤一は30才代前半。高杉選手と同じくらいの年齢なのかな。
新選組がいつの時代も若い人や女性に人気があるのは、スポーツのチームに相通じるようなものがあるからではないだろうか。


斎藤一が登場する小説は数多くあるが、その中で私の一番は浅田次郎の「一刀斎夢録」かな。晩年の斎藤一が毎夜訪ねてくる若い近衛兵に昔話をするという設定で、剣で命のやりとりをする宿命を背負った男たちの心の叫びを描いている。
[PR]
by windowhead | 2015-10-25 00:29 | 新選組!な人々 | Comments(0)

頼もしいオーバー30、上には上が!

今日は1日昨日の勝利に浸っている。
朝からオンデマンドでVファーレン長崎VSFC岐阜を見返し。
試合後のコメントで岐阜の高地選手が言いは放った「…3バックの裏に蹴ればいい。相手は前には強いが裏はそうでもない。」
いやん、堅守のイメージに隠していた我がチームの弱点ばれてるじゃん!
いけずなラモスさん、そこをガンガン突いてきた。失点もカウンターでそこを突かれた。タクオくん最初のシュートは弾いたのに、風間選手に股抜きされたの悔しいね。杉様のカバーも間に合わず。
それでも早いうちの失点なので、あまり気持ちのダメージはなかった。いけるよ、いけるよ、まだ時間はたくさんあるよ、アディショナルタイムまであるんだから!って、強気の応援ができたのは、実は、その前日に見た試合のおかげ。

横浜Fマリノスとヴィッセル神戸の試合。

どちらのチームも天皇杯から中2日、万全の体調でないはず。ましてこの試合でJ1で500試合出場となる中澤選手や中村俊輔選手は37歳、連戦大丈夫と危ぶみたくなる。早々と神戸の先制ゴール。追いかけるマリノスはなかなか点がはいらない。レッドで1人欠いた神戸は1点死守のため引いて守る。マリノスはDF陣を一人減らしてSBのバンゾーくんがCBと、そこまでして攻撃姿勢、引いた守りをどんなして崩すか、時間は刻々と過ぎていく。あと4分でアディショナルタイムか、というときアデミウソン選手のゴール!
これでやっと振り出し。アディショナルタイム5分が表示されたのであと1点なんとか〜と思っていたら、俊輔くんがミドルを打った。キーパーが弾いたボールをミカドくんが反応し、学くんにパス、学くんのシュートでギリギリに勝ち点3をもぎ取った。
ミスターマリノスとも言えるボンバーの記念すべき試合をぜひとも勝ち試合にしなければという強い気持ちがこの勝ちを引き寄せたのだろう。「誰かのためにチームのため」にという言葉にはしやすいがイメージの統一がしにくいものを、チーム一リスペクトされている(俊輔もボンバーをリスペクトしているからね)中澤選手の記念日に勝つ!という具体的なイメージで気持ちを一つにできたのだろう。
すごく前向きに勇気をもらえる試合だった。
試合終了前8分で2得点し、逆転できたこの試合が焼き付いている。

長崎の選手の動き出しも悪くない。サイドを使ったりしていつもより動きが整理されているような感じもした。両サイドの岸田選手と神崎選手のプレーがいい感じにバランスがとれている。
ワントップのヨンジェ選手が本当に献身的に走ってボールを追ってくれたパスを神崎選手がつないで梶川選手が絶妙のトラップでシュート。それはノイアーでも取れません!的ビューティフルゴール。
前半で1点返したので、あとは攻めるだけ。リスク犯しても勝ち点3取らなければ!
岐阜さんには悪いけれど余裕持ってリスクを犯せる試合はきっとこの試合だけのはず。
水戸さんもいま勢いに乗ってるようだし、そのあとは大宮、磐田、セレッソ、北九州ですよ。ボロボロになる覚悟で戦わなきゃ勝ち点1取れないような強豪ばかりですよ。
攻める意識も高かった後半20分ごろか、長崎のカウンター。
こっちに向かって走ってくるヨンジェくん、相手選手も追いついている。
倒されないで!取られないで!と思っていたら、センタリングがー〜、ファーサイドに入ってきた神崎選手が決めた!
(嘘みたいと言っては失礼だが、昨シーズンまで神ちゃんはここでふかしていた!)
今シーズンの神ちゃんはプレーが変わったね、より攻撃的な意識が見えるけどクレバーになってると友人たちと話していたけどなかなか結果に繋がらなかった。でも信じてよかった!ゴール裏に駆け込んでく神ちゃんを見て、こちらがうるっとなってしまった。
いつの間にか長崎で一番古株になっていたんだね。由紀さんが大好きで由紀さんの魂を引き継いでいる神崎選手(と勝手に思っている私)彼のゴールは、また格別にうれしい。
長崎もマリノスみたいに逆転したよ〜〜と思っていたら、なんとアディショナルタイム5分だと。そこまでいっしょか〜。
杉様が痛んでピッチ外に出た時のセットプレーは怖くて仕方がなかった。5分の長いこと。先制されたゲームでの逆転がすくない長崎がやっと勝ち取った逆転ゲーム。
古部選手のブログにも書かれているが、チームを引っ張る高杉選手、セットプレーキッカーと安定のディフェンスの前田選手、クレバーな攻撃を見せてくれた神崎選手みんな三十路に入っている。サブGKの番長植草選手、選手会長の深井選手も三十路。長崎のオーバー30選手たちは本当に頼りになる。

そんなことを考えながらJリーグサイトをザッピングしていたら、一昨日のマリノスVSヴィッセル神戸のトラッキングデータがでていた。
この試合での総走行距離12,31km(両チーム合わせて2位の走行距離)をあげているのはなんと37歳の中村俊輔選手なのだ(1位の三門選手が12,32km)。大分での天皇杯から中2日での試合でこれだけ走って、ゲームを作る37歳。もう1人の500回出場の37歳も9km走りスプリント回数12回。
J2はトラッキングデータが出ないので比較できないが長崎の選手たちと比べてみたいと思った。


彼らに比べれば長崎のオーバー30はまだまだ若者よ〜〜〜!

走れるのは当たり前なんだよ〜〜〜と愛のあるプレッシャーを捧げよう。


⚫️横浜FマリノスVSヴィッセル神戸のトラッキングデータ
http://www.jleague.jp/match/j1/2015/101712/live/#trackingdata
⚫️古部健太選手のブログ「雨のち晴れ」
http://ameblo.jp/furuken13/entry-12085691668.html
[PR]
by windowhead | 2015-10-19 18:29 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

ホーム戦がまちどおしい

アウエー愛媛戦をまた見返しているけど、本当にお互い集中を切らさないいい試合だ。
大写しになる高杉選手、何回大写しになっても表情が変わらない。最後まで高い集中を切らさないメンタル、表情は静かだけど闘志がみなぎってる。改めて高杉選手のすごさを感じている。
解説の人が以前愛媛の監督さんということで高杉選手を評して「あの無口な男がキャプテンなんですからねえ〜」と言っていたが、私たちにはなんの違和感もない。高杉選手は喋ろうが無口だろうが長崎の顔だし大黒柱だ。人見知りのような雰囲気だけど、人を受け入れるキャパや気配りのある人だと思う。改めて素晴らしいキャプテンだと思った。

翌日のトレーニングマッチを見に行ったけど、観戦者がいっぱい! 200人以上いたらしい。みんなVファーレンのことが気になっている。前日スタメンの選手は出ていなかったけど、故障者はいないようす。試合見ながらVTR取るための櫓を見たら、櫓の3階に守護神と最強のボランチが並んで観戦していた。子供のように足をぶらぶらしながら見ている姿が可愛い。寒くなってきたけど、2人は最後までそこにいた。いつの間にかウインドウブレーカーを着て防寒しながら。選手間のコミュニケーションの良さがこんなシーンでも感じられた。試合中はこの2人の間にキャプテンがいるんだ。長崎の守備力の高さは選手間の信頼関係も大きな力なんだろう。

翌日、オフだったらしい。
優しいパパ姿の深井選手とバッタリ出会ってしまった。あらって立ち止まってしまったのでそのまま行くのも失礼だし、お嬢さんですか?可愛いですねと、挨拶のような会話。日常のご近所さんに対するような自然な会話をされる深井選手の人柄。もう、これでファンになりました。応援するぞ!となってしまう。
オフの選手と会った時は、自然な感じの出会いなら、挨拶の声はかけることにしている。ただし、レストランとか動けない場所、人の多い場所では控える。写真やサインは控える。私的なガイドライン。

天皇杯は残念ながらかやの外。
大分にマリノスが乗り込んできた。平日だし夜、鳥栖なら行けたのに。
いや、長崎が大分に勝っていたら、マリノスが長崎にきたのに〜〜〜〜と、相変わらず往生際の悪い私。マリノスはほぼ主力が大分入りした。もちろん俊輔も。さすがにスタメンでは出てないが、延長戦になってしまったので、途中出場したらしい。ボンバー、俊輔、そろい踏みでまた見られたのに〜〜。
この日の大分の観客数は2800人くらいだったらしい。
もったいない。
ボンバーと俊輔がいるうちに、V長崎と対戦して欲しい。マツがいる頃天皇杯で三ツ沢で対戦しているけど、たしか俊輔はでてなかった。由紀彦とマツが試合後、ユニ交換した試合。長崎の健闘にマリノスサポさんたちが長崎に良い印象を持ってくれていた。
ぜひ来年は実現して欲しい。

その日、古部選手がNHK長崎のローカルニュースに出演したり、今日は竹内選手と北川選手がFM長崎に出演し、その後ココサテで店長さんをつとめるそうだ。
そういえば昨日は三浦選手が多良見の熊野神社のイベントに参加してくれたようだ。三浦選手のtwitterに楽しそうな様子が流れていた。
選手たちが長崎の人たちの中に溶け込もうと一歩前に出てきてくれた。そんな感じがして嬉しい。

そうそう、J2マガジンのことも触れたい。
今発売されている号には、Vファーレン長崎の今がよく分かる記事がたくさんある。小さな記事や写真やコメントも見逃すな!

クラブを挙げて、長崎県を挙げて、ホーム最終戦に向けて、いやプレーオフ出場とその先にあるJ1昇格に向けて一丸になって行動しているという感じをひしひしと感じる。
今シーズンもあとわずか、思い残すことのないシーズンにしたいし、来シーズンもまたみんなで会いましょうといえるようにハッピーな終わり方にしたい。

ファンは応援あるのみ。気持ちよく応援して、いっしょにハッピー体感したいな。
[PR]
by windowhead | 2015-10-16 12:49 | Vファーレン長崎 | Comments(2)

拍手の持つ力を信じていきたい

ホーム熊本戦のことがずーっと引っかかっていた。
先制しながら1−2で負けた。
得点されるシーンの前、ゴール裏から見ていると、あれ?準備ができてないのでは?と感じることがあって、あらら〜って感じで得点されている。
熊本戦でも、戦っていないとか気持ちが負けているとは感じなかった。ただ、黒木選手がいないので危機察知部分で差がでてしまっているのかなあという感じ。相手が選手交代後にシステム変更したりしてたので、ゴール前でマークの受け渡しやなんかがスムーズにいかなかったのかな、で対応が遅れた?そんな感じにも見えたし、相手は細かい戦術変更が選手に行き渡っていて、功を奏した。こちらはそれに対応できるだけの連携やコミュニケーションがたりなかったのか…。そんな感じの負けだったと思った。
試合後ゴール裏に挨拶に来た選手たちの気持ちがとても重く感じたので、次こそ勝って欲しい、次に期待しているという気持ちを込めて拍手で送った。
ゴール裏中心からのAカテよりのほうからは選手に向かってブーイングというかなにか大声で叫んでいる人もあったが、今日の試合の見方はそれぞれだろうなあという感じを持った。ただ、なんとなく選手との距離が離れていくような感じがした。選手がゴール裏を信じてくれなくなったのではないか…。そんなことはないと思いたい。

驚いたのは「ola! 」のレビューだった。月500円を出して読んでいる有料記事はその試合でのブーイングを正当化するように見える内容だったことだ。ダービーなのに先取点を守りに入って闘う気持ちが負けていたとか、チャレンジャー精神が欠けているかのように取れる記事に個人的に疑問を感じた。記者の主観だから彼はそう感じたのだろうと流せば済むことだが、できれば気持ちという不確実なものでなく、プレーの一つやシーンを具体的にあげて説明して欲しかった。気持ちというもので批評されるのは選手たちも一番対応しにくいものだろう。「ola!」に望みたいのはもっと専門性のあるレビューであり、もっと親しみのあるオフの選手の姿なのだ。選手やクラブとの架け橋になってくれる記事なのだ。

もやもやしている時に出会ったブログに救われた気がした。
山野陽詞さんというゴールキーパーコーチを専門職にしている人のブログだ。この10月6日に書かれた「【感動】サンフレッチェ広島サポーターの「敗戦後の拍手」が意味するもの。」という記事だ。
もし時間があれば、ぜひ読んでみて欲しい。
応援をするってどんなことなのか、それを思い知らされた。

長崎だって、ずっと負けていなかったではないか、たかが1試合負けたくらいでゴール裏がバタバタしてはみっともない。選手を信じているというのなら信じ倒すくらいの気構えが必要だなあと改めて思った。
自分の不満ややるせない気持ちを選手にぶっつけない。これだけは守り通したいと思う。
Vファーレン長崎のいまいる選手たちとプレーオフを戦い、J1を目指したい。
気持ちはみんな一緒のはずだ


⭕️「【感動】サンフレッチェ広島サポーターの「敗戦後の拍手」が意味するもの。」(元U-20ホンジュラス代表GKコーチ・山野陽嗣の「世界一危険な国での挑戦」より)
http://ameblo.jp/chanchakorinmanyoji/entry-12081161495.html
[PR]
by windowhead | 2015-10-09 15:14 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

見たかー!おっくん

容赦なかったでしょ、おっくん。
b0009103_2251781.jpg

ベガルタ仙台VS横浜Fマリノス
1−3で横浜Fマリノスの勝利
それよりなにより、またまた俊輔がFKを決めた。
東口選手、西川選手、そして六反くんと今の日本代表ゴールキーパーたちをFKでノックアウトするんじゃないかと、ファンは期待満々だったが、期待にお応えするところが俊輔くん。
FK決めた後のあの可愛いパフォーマンスはなんだったんだろ?
まさかヴィヴィくんポーズじゃないし…。

仙台には、昨シーズンまでVファーレン長崎にレンタル移籍していた奥埜選手と昨シーズンまでマリノスにいた六反選手がいる。
奥埜選手の仙台復帰後の活躍は凄まじい。仙台のサポーターさんからも愛され期待されている。ゴールを決めると仲間に囲まれて本当に楽しそうな笑顔を見せている。
長崎にいた頃、おっくんのあんな笑顔は見たことない。ゴール決めても外しても倒されてもラフプレー受けても表情も変えず黙々とプレーする姿や頼もしいゴール前のプレーで長崎にもたくさんのファンを作った奥埜選手。

修行僧のような奥埜選手の表情がふっと崩れて無邪気なサッカー小僧がのぞいた瞬間を見たことがある。
昨シーズンのすべての試合を終えチームが解散する頃、松山町のラグビーサッカー場での練習見学の後だった。出てきた奥埜選手は「来シーズンも長崎にいてくれますか?」という声に「まだわからないんですよ」と濁しながらサインをしていたので、「もし仙台に戻ったら、マリノス戦のときは容赦しないからね!」と声をかけると、「えっ、マリサポなんですかっ?」と顔をあげてこちらをむいた表情は今まで垣間見せることがなかった明るいサッカー小僧の顔だった。その表情を見たとき、「あ、彼は仙台に帰るな」と直感した。
仙台でゴールを続ける彼は「マリサポですか?」と言ったときのような自然な笑顔をしている。彼にとっては長崎は修行の場だったんだなあ。

仙台の若い主力選手に成長したおっくんと六反くんに容赦ないプレゼントを贈ってくれミカド、バンゾー、俊輔!
ブラボー!

見たかーおっくん、
君より10歳以上もオッサンな俊輔の凄さを。
仲間内でもいい人だった六反くんに向かって3点もぶち込む場の空気を読まないマリノスのお兄さんがたの容赦なさを。


「ベンチにもベンチ外にもいい選手いますし、なかなか試合に出れなくてストレス溜まってる選手もいるのでそういう選手の気持ちも考えてチーム一丸となって行ければいいかなと思います。」という試合後の俊輔の言葉がピッチ上の選手の戦う覚悟を物語っていると思う。
[PR]
by windowhead | 2015-10-04 02:27 | 10-25shun | Comments(0)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧