<   2016年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

俊輔とスパイクの話を読みながら

スポーツライター二宮寿朗氏による「中村俊輔とスパイクとホペイロの物語」http://bylines.news.yahoo.co.jp/ninomiyatoshio/20160125-00053751/は「よく知っていること」と、「ずっと不思議だったこと」が混ざり合った素敵な記事だった。

俊輔選手がスパイクをとても大事にしていることや、ここぞという試合にはいわくのある古いスパイクを使うことがあること、マリノスのホペイロ・山崎さんや副務の緒方さんをとても信頼していることなどは俊輔ファンの間ではよく知られている話だ。それはことあるごとに俊輔選手が口にしていることでもある。
不思議だったことといえば、2010年南アW杯から帰って8月の試合でFKを決めた俊輔がひざまづいて自分の紫のスパイクをポンポンと叩いたシーン。なんか気持ちを込めて感謝するかのような叩き方だったので、自分を奮い立たせる左足に感謝したのかな?などと俊サポさんと話したりしたが、その本当の理由が二宮さんの記事で明らかになった。スパイクに本気の気持ちを込めている人たちらしい夢のようなエピソードだった。

またこんな話もある。ホペイロ・山崎さんのブログかなにかに書かれていたのだが、昨シーズン最後の試合の前日のロッカールームでのこと。すでに長野パルセイロに移籍が決まっていた天野貴史選手のスパイクを俊輔選手がこっそりと磨いていたという。「出られなくても移籍でも腐らずに最後まで練習の手を抜かずに、居残り自主練もきちんとやるアマは本当にすごい。マジで尊敬する。」と言いながら。
マリノスユースから育ってずっとマリノス一すじ(ジェフレンタル移籍があったが)。出場チャンスは少なかったが、折れることなく黙々と練習をこなし、チームの雰囲気を明るくしてきた天野選手への俊輔選手なりのリスペクトと感謝、それがスパイク磨きに込められている。俊輔の思いはあまのっちに届いているはずだ。きっと長野でのすばらしいプレーでお返しすると思う。

俊輔とスパイクの話といえばこんな話もある。俊輔選手がセルティック在籍時代にセルティックユースの練習に参加した。その試合で一番頑張ったプレーをみせた少年にその日自分が履いていたスパイクをプレゼントした。その少年は、お父さんに立派なアクリルケースを作ってもらって俊輔のスパイクを大事の飾っていた。その少年が今シーズンディフェンダーとしてセルティックのトップチームデビューした。

前述の二宮氏の記事で俊輔選手はこんなことを言っている。
「(スパイクに)魂を吹き込んできたというのはあるよ。野球ならグローブとかバットとかあるなかで、サッカーは自分に刺激を入れる物ってスパイクしかない。助けてくれたり、モチベーションを上げてくれたりしてくれる凄く大切な存在だと思うから」

サッカー選手にとってスパイクとゴールキーパーのグローブは体の一部。喜びも苦悩も歓喜も落胆も全てが染み込んでいるものなのだと改めて実感した。
俊輔のみならずVファーレン長崎でも選手たちがファンのためにプレゼントやオークション品として提供してくれるスパイクやグローブ。その品々にも選手のサッカー人生の一瞬がきざまれているのだ。サインがあるからすごい品物でなくて選手たちの歴史や思い出の一部が刻まれているというところまでしっかりと受け止めてくれる人にこそ渡って欲しいと思うだろうなあ。
軽々しく選手が身につけた品物を欲しいとねだってはいけないね。幸運にも手に入れることができた時は彼らの歴史の一部と連れ添っているってぐらうの気概を込めて応援しなければ。


                        〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Vファーレン長崎のことを書きたいのだけど、練習見学で一般人の私たちが選手やスタッフにインタビューし書くわけにはいかない。クラブからの情報は少ないし、メディアも取材していないようだ。せっかくの早朝6時30分からの3部練習や記録史上初の大雪の中での出来事など、きっと面白いネタにあふれているだろうに、密着取材するメディアはないのかしらん。わが街のチームのことをもっと知りたいという人は多いだろう。それにいかに応えるかも今シーズンのVファーレンの課題になるかな
[PR]
by windowhead | 2016-01-29 17:18 | 10-25shun | Comments(0)

芝生とボールとスパイクがあれば

「大丈夫、芝生とボールとスパイクがあれば。」
⚪︎横浜中村俊輔20年目始動 シーズン10点超えだ(日刊スポーツ2016/1/12)

新しいシーズンに向けて、劇的に環境が変わったチームの一つに横浜Fマリノスがある。
Jリーグチームとしては理想の環境とも言えたマリノスタウンが昨シーズンかぎりで使えなくなって、日産フィールド小机に拠点を移した。ここがどんな施設かよく知らないが、少なくともマリノスタウンのような充実した設備を持った施設ではないようだ。
マリノスサポさんの練習見学のtweetなどを見ていても、天然芝のグランドは1面とか、見学する所は傾斜のある土手で座る所がないとか、グランドは川(?)の状況によっては水没する恐れがあるとか、食堂はあるのか?、トレーニング室は?クールダウンやトレーニング用のプールは?とか、いろいろと心配になることが多いようだ。
水際に天然芝のグランド1面って、なんだかVファーレン長崎の練習場のような感じだ。Vファーレンの練習場だって、海のすぐそば、波打ち際といってもいい。ちょっと嵐になればグランドは潮かぶりだ。それでもクラブは練習見学者用に3段のベンチ席を作ってくれた。この点はマリノスのサポさんよりVファサポは恵まれた環境にいる。長崎のクラブ屋敷の中がどうなっているかは知らないが、2年前まではクラブハウスはおろか練習場もなくて、毎日あちこちのグランドを転々としていたジプシーみたいなチームだったから今はかなり充実って感じに思える。しかしもし日本最高の施設から長崎の施設に来たら不便でしようがないだろう。今、マリノスの選手たちやサポはそんな思いでいるのかもしれない。
マリノスの施設のことが気になるのは、そこに日本の至宝とも言える選手たちがいるからだ。
中村俊輔と中澤佑二
ともに37歳の大ベテラン。すでにこの年齢の選手たちは多くが引退したりカテゴリーを落としたチームでプレーしているが、彼らがこのチームでスタメンで戦っていられるのは、十分な身体ケアができたマリノスタウンという施設があったことも要因のひとつだろう。マリノスタウンを失ったことは選手にもサポにも大きな痛手だろうし、今後のことは不安もあるだろう。
チームの始動日にマスコミから向けられたそのような質問への中村俊輔の応答がこの文の最初の言葉だ。

「大丈夫、芝生とボールとスパイクがあれば。」

なんだろう、この一言ですごく安心して前向きの気持ちになってくる。
おそらくクラブに対してはいろいろな改良案を出しているだろうし、足りないところも諦めざるを得ないところもあるだろうが、現実を見据えたうえで、こう言い切る中村俊輔の覚悟はすがすがしい。
中澤佑二も選手の価値を守るためにクラブと最後の最後まで交渉を重ねての契約更新となったのだろう。俊輔がマリノスというチームの伝統やプライドを守り、ボンバーがサッカー選手のプライドや価値を守る。彼らは表向きにはお互いそれぞれのようだが、視線の先にはいつも同じものがある。
「サッカーが好きだから」

俊輔サポ仲間から送ってもらった新春の「キックオフマリノス」の映像もよかった。
箱根温泉での座談会はいろんな示唆を含んでいた。「マリノスは無冠ではいけない」という言葉も、2桁ゴールを決めるという俊輔の決意も心に響くものがあった。それにも増して心に響いたのは、マリノスを離れて長野パルセイロで戦うことになったマリノス生え抜きの選手天野貴史に向けた言葉だ。在籍年数に比べて出場機会が少なかった実績を申し訳ないと思うあまのっちにたいして、「それを後ろめたく思っているなら間違いだよ。出場機会がない間も折れることなく献身的にクラブとチームに尽くしてきたあまのっちはクラブの本物のレジェンドなんだから、どんなことがあっても将来必ず帰ってこなければいけないよ」と言う俊輔。
18年前、シドニー五輪最終予選勝利で思わずこみ上げた涙を「おじいちゃんが亡くなったから」と言い訳していたか細い選手が、これほど頼もしい選手になってきたことが感慨深い。
サッカーが大好きだからという1点だけで、逆境も中傷も乗り越えて、先輩や周りの手助けに感謝しているから今があるんだなあと。

「芝生とボールとスパイクがあれば大丈夫」日本のサッカーの原点になるような言葉だなあ
[PR]
by windowhead | 2016-01-19 14:33 | 10-25shun | Comments(2)

高木監督の言葉も聞けた新入選手お披露目会

b0009103_13555614.jpg

Vファーレン長崎に加入した新しい選手たちのお披露目記者会見が行われた。
今回は長崎駅のかもめ広場。駅を利用する人たち、ショッピングモールの買い物客たちもいるオープンなスペースでの会見とフォトセッションだったけれど、これ成功だと思う。300人ほどの参加とメディアに報道されていたが、そのほかにもいろんな人が興味深げに足をとめたり、振り向いて眺めて行っていた。

選手たちは「白いかもめ」に乗って改札口から登場するという演出になっていた。
ヴィヴィくんに先導されて登場する選手たち。これ改札口側から登場のためのシナリオだけだと思っていたら、他の方がネットにあげた映像を見てびっくり!
選手たち、本当にかもめに乗って来ていた!改札口で一人一人切符を駅員さんに渡してるのだ。
こんな嘘のないところ、いいね。映像ではロドリゴくんが切符渡すのにモタモタしててほのぼのとなった。
ひとまわり自己紹介や質問タイムのあと、高木琢也監督がロータリー側から登場。今シーズンの決意を「初心」という言葉に択して話された。
「初心忘るべからず」とよく言われるがこの初心は物事を始める最初の志しのことと一般に思われている。
しかし、初心にはもう1つの意味があって、これは室町時代の書に書かれているが恥のことでもある。Vファーレン長崎は2度のプレーオフで負けた。J1に上がると言って上がれなかった。それを恥として、その恥を忘れずに、今年こそ大願を果たしたいというような話だった。

聞きながら思ったのだが、高木監督が言われる室町時代の書というのは、おそらく世阿弥の「花伝書」ではないだろうか。
「花鏡」の中で「初心忘るべからず」と言っていたと思う。この中には是非の初心や時々の初心や老後の初心といういろんな初心があってそれぞれ忘るべからずと説いている。
高木監督は、初心にサッカーを始めた時の初心や、最初のプレーオフを戦ったときの初心やJ1に上がると誓った時の初心みたいなことを重ね合わせて言われているのだろう。それを叶えられずいる状態を「恥」と捉えているところが、高木監督らしい部分なのかな。
若い時に初心を成して周りからほめられたら有頂天になり自分のことを過大評価してしまう。でもそれはその道を極めたわけでなく、その姿ほど浅ましいものはない。自分の未熟さに気がつかなければ芸の道はそこで止まってしまう。未熟な時の浅ましい姿を恥と思って、精進を重ねれこそ本当の道を木割れられるみたいなことが「風姿花伝」に書かれている。
おそらくこのことを言われているのだろうと、勝手にかんがえている。(間違っているかもしれないから、あくまでも私見)

監督の言葉はぐっと重かったけれど監督も選手も爽やかな笑顔だった。
諫早のサポ集団「KATARODE」さんが監督の横断幕を掲げてくれていた。監督うれしかっただろうな。
b0009103_1357116.jpg

b0009103_13582551.jpg
それにしても新しい選手は14人(2人がライセンス取得のための講習で欠席だったが)、覚えきれません。昨シーズンの選手名鑑に付箋をつけて、選手たちの顔や名前、プレースタイルをチェックしたが、やっぱり実際にプレーを見なければわからないなあ。
ただ1つ言えることは、今シーズンもVファーレン長崎の選手たちのプロポーションは日本人離れしている。ほとんどの選手が180センチ以上だ。長崎の走るサッカーではぽっちゃりの選手はついていけない。みんなそぎ落とされた鋼のような肢体だ。
練習場で黒づくめのゴールキーパーたちなど190センチ前後だもの、海外アクション映画や劇画で見るようなプロポーションだ。これは近寄り難いかも。
それに比べればフィールドプレーヤーは身体もプレーもそれぞれのスタイルがあって華やかだ。
イケメンが見たいぞという気持ちからでもいいから、一度プレーを見に来てほしいなあ。
練習見学でもすごく楽しめる。
今シーズンはスタジアムに来てくれる人を増やしたいなあ。
新しいファンが増えるように、微力でも協力したいと思っている。
[PR]
by windowhead | 2016-01-17 14:15 | Comments(0)

戸石での始動!を見学

Sさんと一緒に戸石の練習場(十八銀行フィールド)へ。
すでに15人以上のファンサポーターの人たちが来ていた。
平日なので圧倒的に女性が多い(いや、Vファーレンの練習場見学者はいつも女性が多いのです!)
それと、TV局や新聞社の人たちなど取材の人たちも多い。
顔見知りのサポさんと挨拶を交わしながらグランドを見るとすでに2人の選手がグランドに出ていた。
ヒョンジン選手かな?もう一人はわからない???
サッカー関係のニュースやファンの発信情報を見ていると、いくつものチームで選手たちの多くが移籍などで流出して昨シーズンと全く違ったチームになってしまったと悲観的に語られている。
Vファーレン長崎も昨シーズン終了時から14人の選手がこのチームを後にした。
それでも14人の選手が昨シーズンから引き続きこのチームに残っている。
梶川選手、大久保選手、リ・ヨンジ選手たちは昨シーズンの活躍などを見ても他チームに引き抜かれるのは覚悟していたがVファーレン長崎を選んでくれた。梶川選手の完全移籍加入にありがとう!と叫ばなかったサポはいないはず。
神崎選手、高杉選手、前田選手、佐藤選手というこのチームのスピリットを引き継ぐ選手たちがしっかり残ってくれたのはサポにとってはいちばん心強いことだ。
さらに、チームの柱の選手が抜けていっている状態で木村選手と岸田選手をレンタル延長してくれた柏と鳥栖にも感謝したい。
昨シーズンの悔しさを知っている選手たちに加えて、新しく14人の選手が加わった。

フィールドに続々と選手たちが登場してきた。
みんな昨シーズンと変わらない。オフが短いので変わる暇もなかっただろうなぁ。
新しい選手たち、まだはっきり顔と名前がわからない、ごめん!
フィジカル中心のトレーニングというより、きっと軽いウォーミングアップという感じ。
キーパーとフィールドプレーヤーに分けての練習。その合間にそれぞれの選手のデーターを取っているのかヨブさんが測定したりチェックしたりしている。すごくていねいなフィジカルトレーニングなんだなあ。
個人取材でもあっていたのか梶川選手や永井選手、ロドリゴ選手の顔が見られなかったのは残念だったが、すこし大人っぽくなった新しいチームの姿が見られた。
今シーズンはプレーオフなんて関係なく自動昇格を目指すチームでなければならない。
J2で4年目はすでに新参者ではないし、3年で2回のプレーオフ経験は、J2では強豪という見方をされるのは当たり前だろう。
おそらく選手たちはその思いを強くしていると思う。選手たちのちょっとした動きにもその決意を感じさせるものがあった。
新しいVファーレン長崎に新たな期待を持ちながら、今シーズンも行ける限り応援に行きたいと思うし、サポートできることはサポートしたいと思った。
[PR]
by windowhead | 2016-01-13 14:08 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

レベスタで会おうね、全力少年・古部健太選手

Vファーレン長崎ファンのみなさん、寝起きはいかが?
気持ちは切り替えられた?
あ、あなた目が腫れてる、ずいぶん泣いた?
昨日いちにち、長崎方面は暗雲垂れ込めてたね。
原因はこれ
古部健太選手 アビスパ福岡へ完全移籍のお知らせ

古部健太選手はVファーレン長崎でもっとも愛されていた選手だった。大人も子供もお年寄りも若者も古部選手が好きだった。
新しい選手が入団すると「⚪︎⚪︎選手いいね」「今シーズンは⚪︎⚪︎選手のユニ買う」と移り気な女性サポたちはいるけれど彼女たちだって古部選手が大好きなのだ。神崎選手、前田選手と並んでJ2昇格を勝ち取った選手の一人。このチームのシンボルみたいな選手だから居て当たり前と思ってしまっていた。

古部選手の素晴らしさはいろんな人がいろんなところで語っているし、これからも語られるだろうから、私なんぞが書く必要はないだろう。
2015シーズンのVファーレン長崎オフシャルホームページにも彼のインタビューが残っている。
スピリッツ オブ Vファーレンのインタビュー
彼のホームページ・ブログもある「雨のち晴れ」
長崎は彼にとっては雨の中だったのだろうか、それとも晴れ間が見えたところだったのかな?
「快晴だったよ!」と言ってもらえる瞬間があったらうれしいな。

古部健太選手に抱いた私の印象は「小学高学年向け少年漫画の主人公」
(昨シーズンもこんな表現をしたけれど、変わらないなあ。)
まっすぐ正直で明るく元気がよくて、人のために頑張る男の子。
私が好きだったVファーレン長崎というチームの持つ「がむしゃらだけど清々しい」というイメージを具現化すると古部健太選手になるのだ。
大学卒業後J1横浜Fマリノスに入団したけれど、結果をだせず地域リーグの金沢に期限付き移籍になり、金沢でJFLに上がって、J2をめざすVファーレン長崎に来た。長崎でJFL優勝とJ2昇格を勝ち取って、2度のプレーオフを経験して、再びJ1で戦う。7年かけて地域リーグからJ1に返り咲いた。
あっぱれな選手人生だね。諦めない全力少年が夢をつかむって、やっぱり少年漫画の主人公。
そんな選手が長崎を離れる。…残念だけど、悔しいけど、がんばれ!って送り出したくなる。それがサポーターたちの本心だろう。

古部選手、レベスタで会いましょう!
私はレベスタのホーム側には絶対行かない。プレーオフで本当の悔しさを味わったアウエー席のことを忘れないから。
こんどは我がヒーロー中村俊輔とともにレベスタのホスピタリティーのかけらもないアウエー席に乗り込むつもり。
中村俊輔が、偉大な先輩として尊敬してやまない井原監督のチームとどんな戦いをするのか。それを見とどけるのを今から楽しみにしている。
そのときアビスパのスタメンに古部選手がいることを願っている。

がんばれ古部健太選手、全力少年のままで!
b0009103_1437566.jpg

[PR]
by windowhead | 2016-01-07 14:38 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

意外なお年玉

昨年のプチ大掃除で出てきた雑誌の中に面白いものがあった。
2006年前後の雑誌が多いのは中村俊輔が海外にいた関係でとにかく情報が欲しくてサッカー関係雑誌を手当たり次第買っていたからだろう。
そんな中に「高校サッカー2008」というのが出てきた。
第86回全国高校選手権決算号。
流経大柏が藤枝東を破って優勝した大会の総集編かな。
なんでこんな雑誌を買ったのだろう?
それでも表紙に子供顏の大前元紀選手がいて、彼の弾けるような笑顔が、Vファーレン長崎の梶川選手のゴール時の笑顔を思わせる可愛さで、ついついページをめくった。
ちらほらと聞いたことがある名前が出てくる。その後、Jリーガーになった選手たちがこの中に何人いるんだろう。そして今もプロのサッカー選手でいるのは何人いるのかな?と思いながら見ていたら、なんと素敵なページに出会った。
わがチームの守護神大久保選手、チームの心臓だった黒木選手、それと2014シーズンまで長崎の選手だった下田選手の姿がそこにあった。
もちろん彼らは高校3年生。
2008年といえば、中村俊輔選手のセルティック最後の年だ。その2年前、2006年9月に、チャンピオンズリーグに日本人として初めて出場して、マンチェスターユナイテッド戦で2本のFKを決めている。その後もチャンピオンズリーグでミランやバルセロナと戦ったころだ。
そのころの高校サッカー少年たちが、今私の地元のチームを背負って戦ってくれているんだという感慨。新しいシーズンもそれぞれのチームで活躍してほしいな。
意外なお年玉をもらった気分!
b0009103_1532321.jpg

[PR]
by windowhead | 2016-01-02 15:34 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧