<   2016年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

俊輔のプレーを見て我がチームを思う

広島を迎えてのホーム戦、マリノスついに勝ち点を落としてしまった。
前節のアウエー磐田戦でバカ勝ちしたせいか、ファンサポの間でも期待が高かったのかもしれない。負けたこともあるし、俊輔はじめ学くんや他の選手もボールロストが多かったりもあって、評価の低いゲームとなっているが、私にはとても興味深いゲームだった。
寿人がいない広島はやっぱり寂しい。青山もいなかった。でもあのチームは下からも外からも出てきた選手がきちんと仕事する選手に成長できるチームなんだなあ。そして、森崎兄弟のようにザ・ヒロシマな選手がきっちり仕事をする。外国人選手もきちんとチームを理解している。改めてすごく完成度の高いチームなんだと思う。
マリノスは、いつもどこかピースが足りなかったり、壊れたりしている感じ。今は訓練不足の猟犬を飼ってる感じ。
俊輔のパフォーマンスは、小さなほころびはあったけれど、それでも両チーム合わせても頭一つ抜けていると思う。
最近の試合では、試合後に必ずメッセージを残してくれるので、チーム状況とその日のプレーの意図がつかみやすい。
浦和戦では、初登場の外国人と同じく若い選手の前線だったので、どうしても守備から入るプレーに終始せざるを得なかった。ミシャから皮肉をいわれても、「今のチームの現状ではこのやり方がベストなんだ。サポーターの皆さんもイライラすると思うけれど今は辛抱してほしい」というメッセージをくれた。何いう俊輔がいちばん辛抱しているはずだ。
磐田戦では、辛抱したサポーターに大量得点の喜びを味あわせてくれたが、彼自身の気の緩みはなかった。

俊輔サポの私としてでなく、Vファーレン長崎サポの私として、広島戦の俊輔のプレーから、2つのシーンと1つの事実をもらった。
1つは、俊輔がPKをもらったシーン。PKの成功でなく、その前のところ。パンゾーが右サイドから切れ込んでペナルティエリア内にクロスをあげた。そこに飛び込んできた俊輔がヘッドであわせた。ディファンスが遅れた千葉ちゃんがハンドで防いでのPK。飛び込んできた俊輔を見てて、あるシーンを思い出した。Vファーレン長崎が勝利した昨シーズンのアウエーセレッソ戦。最後の最後にゴール前に飛び込んできた梶川選手のゴールシーンだ。キーパーの手に落ちる寸前のボールに向かって飛び込んできた梶川選手のゴールは鮮烈だった。俊輔も言っているがペナルティーエリアに入っていくことが大事。今のチームの攻撃が淡白に感じるのはここに入れてないからかもしれない。

もう1つのシーンは、88分。飯倉選手から伊藤選手へのカウンターのキックに、広島DFがオフサイドを仕掛けた。それを察知した俊輔が2列目から全力で追いかけた。現地でみていた俊サポさんは、ど迫力の爆走だったと表現していた。結果は追いつかなかったが、おそらくすでに12キロ近く走っている時間帯に、力を振り絞って走る執念とフィジカルに脱帽だった。解説の玉乃氏もこのシーンをちゃんと捉えて言及してくれた。
昨シーズンのVファーレンでもハーフェーライン手前からボールを持って走り上がる古部選手を追いかけて走り、最後の最後のパスを滑り込みながらゴールに押し込んだ前田選手の走りを思い出した。
諦めないで最後まで走りきる馬鹿正直さが以前のVファーレンにはあった。今シーズンいちばん腹がたったのは、熊本戦だったかな?大卒ルーキーDFが、エンドに出るのを見越してボールを追うのをやめた矢先に相手選手がそのボールに追いついてゴール前にクロスをあげたシーンだった。若者が力の出し惜しみをするのは美しくない。私は相当怒っていた。新人DFくんも、この恥ずかしいシーンは一生忘れないだろう。

そして最後の1つの事実とは、この日の俊輔のトラッキングデーター。
13キロ走っている。その節のランキングでは3位。37歳のMFが13キロ走る。それだけではないガンバ戦11,952キロ(その時の遠藤のデータ11,112より長い)、浦和戦12,402キロ(柏木7,890より長い)磐田戦12,067キロ(小林祐希11,184)そして、広島戦13,060キロだ。
37歳が毎試合走る距離としては驚異的ではないだろうか。おそらく俊輔の走りには他の人ほど無駄な走りはないだろう。それでも12キロ近く走るのだ。それだけ走っても精度の高いパスを出す、クロスをあげる。指示を出す、試合後はすぐさま歩きながら若手選手の指導をする。
勝ちたい、今シーズン優勝したいという強い気持ち(彼の中での目標だろう)が彼にその上の頑張りをもたらしているのだと思う。

今のVファーレン長崎の選手は、間違いなく中村俊輔ほど走っていない、若いのに。無駄に走ればいいってもんじゃないという声が帰ってきそうだが、それを跳ね返すのが中村俊輔のデータなのだ。少なくとも若さ以外は俊輔に勝っていない選手達なら、もっと走らなければ。走って走り込んで、それでも正確なクロスがあげられるようになるまで精進するくらいの気概で闘って欲しい。
J2、Vファーレン長崎の選手にだって等しく日本代表になる権利はあるのだ。だからこそ頑張って欲しい。
29日の試合には、レジェンド・キングカズが来てくれるはずだ。キングに恥ずかしいプレーは見せられないよ。
キングを悔しがらせるだけのプレーをして、勝ちましょう。
[PR]
by windowhead | 2016-04-26 19:40 | 10-25shun | Comments(2)

たらみ市で支援物資活動

ウルトラ長崎さんの物資支援活動のお手伝いにたらみ市に行ってきた。
雨の中、トレペやおむつを持ってきてくれる人がぽつぽつ。
それでも11時頃には物資もワゴン車いっぱいに。
出発間際に「間にあいますか〜」という声。
老婦人がお買い物カートいっぱい、さらに背中のリュックにもトイレペーパーや大人用紙おむつを持ってこられた。
リュックの紙おむつを出すとき「主人が入院してしまったので買い置きの紙おむつがいらなくなってしまったので」と。支援物資にも持ってこられた人の物語があるんだなと改めて思う。雨の中、空のカートを引いて帰られるご婦人にいいことがありますように。
今日のたらみ市には「みかんさん」でなく「かわいいみかんちゃん」がいた。支援活動のPRボードを持ってもらったら、「お役に立ててうれしい!」って。育ちのいいお嬢さんだね、みかんちゃん。うないさんも来てた。
支援物資を乗せた車を送り出して帰ったけれど、諫早でヴィヴィくんが参加しているイベントがあってたんだね。
行けばよかったなあ。
b0009103_00034603.jpg


マリノス負けた。
俊輔、この試合では13キロ走っている。
きょうの試合では少し調子が落ちているのかと心配なプレーもあったが、闘う熱量はものすごい。暑苦しい熱量ではなく、炎の中心部のような青白い炎。中澤もパンゾーも闘ってた。こんな先輩を持つマリノスの若手は羨ましい。いまV長崎に足りないものは、この戦いきる熱量。長崎の君たちは13キロ走っているか?闘いきったと言い切れる闘いをしているか?見せて欲しい。

[PR]
by windowhead | 2016-04-25 00:07 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

Vファーレン長崎の街頭募金活動

b0009103_01005286.jpg
b0009103_01011884.jpg
忙しい1日だったなあ。
でもすごく気持ちがいい1日だった。
朝からすごい雨と風。こんな日に、ヴィヴィくんの1日店長さんがあり、Vファーレン長崎の選手たちによる熊本地震災害支援募金活動が予定されていた。
待ちに待った選手たちによる募金活動だ。
なにがなんでも行かなければ。

熊本といえば、お隣の県。昔は何度もオフロードバイクで風を感じながら走らせてもらった阿蘇の大自然があり、亡き父が好きだった熊本城があり、父の話では父方の先祖は菊池一族の流れを引いているとか。身近に感じる部分の多い県だ。
最近ではもっぱら「ロアッッソ熊本」を通して親しみを感じているところ。サッカーをとおして何か支援がしたくて、そうなるとVファーレン長崎をとおしての支援が一番だと思っていたので、クラブがなかなか動かなかったのに苛立ちすら感じていた。
クラブとしては、長崎も時々余震が続いていたので、選手やサポーターたちの安全のために、あえて活動を抑えていたのだと漏れ聞いた。

他チームの活動を耳にするたび選手たちも僕たちもやらなければ、やりたい!と気が急いただろうなあ。動きたくても動けない気持ちのストレスもあっただろう。
この日、募金活動をする選手たちはとてもいきいきしていた。
どの選手も自分の中から溢れてくる気持ちのままに大声で募金を呼びかけて、笑顔で「ありがとうございます!」と言っていた。
その姿と募金現場の様子は、なんだかちょっと感動的でもあった。

浜町では、高木監督も募金箱を持って呼びかけていらした。募金を済ませて近所に住む友人に募金をお願いしたら、気安くでてきてくれた。報道陣が募金活動を取り巻いていたので、気後れしてお金を預けて帰ろうとする友人のところに、大久保選手が歩み寄ってきてくれたので彼女も無事募金ができた。

浜町から長崎駅前の募金活動の方に移動。
アミュプラザのエスカレーターで梶川選手とすれ違う。自分の普段着生活圏で選手と出会うのって不思議な感覚。
駅前の募金活動でひときわ大きな声で呼びかけをしていた安達コーチ。休むことなく声をあげて募金のお願いをされていた。1日店長のお仕事中のヴィヴィくんも登場!募金活動を取り巻く人の輪がぐっと狭まって一気に動き出した。JRを降りてくる人、通勤帰りで列車に乗る人たちも気軽に募金をしてくれていた。
残念ながら諫早の募金活動にはいけなかったが、きっと同じような雰囲気だっただろう。
私の勝手な思い込みかもしれないけれど、この活動で、サポーターと選手やクラブとの信頼関係がちょっと深まったように感じた。
この選手たちのがんばりを支えてシーズン最後に大声で笑えるといいなあ。
正直に言うと、活動の遅れにちょっとだけ君たちの気持ちを疑った。本当にごめんなさい。
今日の姿を見せてもらって、迷うことなくこのチームを応援するって再確認した。
お財布はずいぶん軽くなったけれど、あったかい気持ちをいっぱいもらったね!
何人ものサポさんがそんな話をしていた。
だよね!私もそうだもの。
b0009103_00553690.jpg

[PR]
by windowhead | 2016-04-22 01:05 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

俊輔の応用力

一昨夜の「スーパーサッカー」(BS-TBS)を見て、また俊輔の面白さを再確認した。

先日のガンバ大阪戦でのフリーキックについて、「真相」を語るなどとすごいキャッチフレーズの割には短い内容だったが、中身はなかなか面白かった。

あのFKの前にもう1つFKを蹴っていて、それは外していた。

ボールが走るように水を撒かれたピッチだったので、カーブを掛けるために踏み込んだ軸足が滑って、バランスを崩していた。

その修正を2度目のFKでやっていたそうだ。

2度目のキックは軸足を強く踏み込んで腰をひねらない強いインパクトのボールを蹴っていた。

そしてそのスローの映像では蹴ったあと軸足が前に動いていた。

軸足が前に動く蹴り方と俊輔の「軸足が動くんですね」という言葉をつい最近なにかで見たような気がしたので、記憶と記録を辿ってみたらありました。

あの「五郎丸歩選手との対談」の中で見ていた。

壁の外を回り込むボールを蹴るために軸足を倒して腰を回し遠心力でボールを蹴る俊輔のキックと、まっすぐで強いボールを遠くに蹴るために軸足を踏み込んで蹴りだす五郎丸選手。

それぞれのキックを見せ合いながら、五郎丸選手が自分のキックで、蹴ったあと軸足が前に進んでいると言ったら俊輔が軸足が動くんだと何かを感じたようなつぶやきをしていた。

以前俊輔と三浦 淳寛さんがFK論をやったとき、アツが伝えたブレ球の蹴り方に似てるという気がしたので、俊輔もそう感じたのかもしれない。

ガンバ戦でけられた2度目のFKは俊輔の軸足がキック後に前に移動していた。強くまっすぐに飛ぶキックだった。

俊輔も昨シーズンあたりすでに、助走が少なく強くまっすぐに飛ぶボールを蹴っていたので、五郎丸選手のキックで開眼したわけではないだろうが、ガンバの壁の上を擦りぬける強いボールを蹴っていたのは、このシーンでこの蹴り方のボールが効果的と閃いた何かがあったのだろうな。

中村俊輔は先輩や他分野の第一人者からの得た情報を自分のものに落とし込んでいく能力が高い人だ。そしてその技術をどの場面で使うか、瞬時で判断する応用力のすごさ。

中村俊輔というプレーヤーがいつも人を引き付けるのは、その引き出しの多さと、最適な使い方を見せてくれる進化型だからだろう。

中村俊輔の言葉には他の選手が応用できる知恵がたくさん詰まっている。

今シーズンのボールの特徴は、パシパシしていて、中心を外して当たると変化してしまうキーパー泣かせのボールという言葉。

FKの壁の話も面白かった。壁の威圧を感じるのは鹿島。FKを決めた仙台は壁が立っているだけだったとか、浦和の壁では槙野選手がごちゃごちゃ動くが、入れさせたくないという気持ちが伝わる。それは集中しようとするとき目障りになる。という言葉。

壁の意思が伝わるというのは興味深い表現だった。

その槙野選手と西川選手が今日の対マリノス戦に向けて対策を考えているという。

槙野選手はFKを蹴らせないために、ゴール近くでファウルをしないでマリノスの攻撃を抑えて見せると意気込んでいる。すごいと思う。小手先の対策でなくFKを与えなければ蹴られないという本質的なことをやろうとするところが槙野選手の本当に賢いところだと思う。

選手たちが真剣に「考える」ことをやり、それを実践してみる勇気がサッカーを面白くしていくんだと感じさせられた。

また槙野くんが大好きになった。(俊輔もきっと槙野くんのことは好きなんだと思う)


⚪️五郎丸、俊輔対談>>https://www.youtube.com/watch?v=wQC7BR0PgzA&nohtml5=False



[PR]
by windowhead | 2016-04-10 08:53 | 10-25shun | Comments(2)

スギさまを見よ!

もうすぐVファーレンの応援で諫早にむかう。
その前にバタバタとブログを更新。どうしても描きたかったことがあったから。
チームはまだホームで勝てていない。今日こそはホームで勝利してほしい。
先日、木村選手が怪我から復帰できそうだというニュースがきた。ヨンジ選手も代表に行ったくらいだからもう復帰できるだろう。ミヌくんはどうだろうか。
昨シーズンに活躍した選手たちが怪我などでピッチに立っていない。
チームもメディアも新しい戦力のPRが第一だったのだろうし、彼らに期待して加入してもらったのだから、彼らが活躍することは喜ばしいことだ。
しかしここ数試合、私の気持ちはなんとなくもやもやしている。
今のチームは個々のプレー、足元の技などたしかにアップしている。
しかし、何か物足りない。
それがなにか、前試合・熊本戦で分かった気がする。
熊本は以前の長崎のようにシンプルに前に!相手より走って、ボール保持者には複数人で厳しいプレスかけて、相手より早くボールの落ちどころに行って、自陣が攻められたらいち早く全員で戻って守りたおすというプレーを見せてくれた。
昨シーズンまでVファーレンはそんなチームだった。
なぜ今シーズンはそのプレーが見られないのだろうか。
守備から攻撃のチームに変身しようとしているのか。
そのわりにはシュートは相変わらず枠に飛ばないし、力強いシュートは少ない。
反面失点が多くなっているが、その特徴的なものが、シュートを打たれる時、キーパーとの1対1シーンが多くなっていると感じる。
カウンターをくらったとき、ほとんどの選手が戻れていない。ゴール前がスカスカ状態が多すぎる。そんな感じの試合が多い。
そんな中で、高杉選手のがんばりが目につく。
村上選手、大海選手が入ったことで、昨シーズンのようにセンターバックの真ん中をやらなくなって、「こんなところにスギさまが!」を期待するところが大きいが、それ以上に相変わらずタイトなプレスをするし、激しく当たられても倒れない。あの細っこい体でなんて強いんだろうと今更ながら驚かされている。
印象的なのは、キーパーの大久保選手との関係だ。
金沢戦で、タクオ選手が水永選手に交わされてゴールを決められた時、ただ一人スギさまがゴールのカバーに入ってきたが、ほんのちょっとの差で間に合わなかった。他のDFはだれも水永選手に追いつけていなかった。(あの足の遅いしょうまに)
このケースの反省があったのか、清水戦でタクオ選手がPKを止めた後、そのボールから2度のシュートを打たれた。1度目に反応してニアに飛んだタクオくんは次のシュートには間に合わない。そのときゴールに入って止めようとしたのはスギさまと神崎選手。残念ながらボールが神ちゃんの手に当たってゴールとなったが、必死でゴールを守ろうとする気持ちが伝わった。熊本戦でも大海選手のパスがかっさらわれてカウンターをくらったが、前にでて止めようとするタクオくん、交わされてもしっかりとゴールをカバーしたスギさまの姿があった。金沢戦後からタクオくんもスギさまもおたがいのタイミングを確認しあったのだろう。
スギさまとタクオくんの間には、昨シーズンから培った信頼関係があると思う。昨シーズン途中からキーパーに入ったタクオくんをスギさまはずっと声をかけて、給水も一緒にしてコミュニケーションをとっていた。その前にいたボランチの黒木選手と合わせて守備の真ん中の軸がしっかりと連携できていたのが昨シーズンの強さの要だったのだと今更ながら感じている。
とにかくスギさまの気迫は凄い。なんとしても勝ちたいという気迫が身体中を包んでいる。TV録画を通してもその気迫が伝わって来る。
今こそ私たちはスギさまを支えなければいけないと思うほど。
新しい選手のチャントを歌うのもいいがスギさまのチャントを歌うときは今なのだ。
昨シーズン、鬼神のごとく頑張った黒木選手に対して私たちはチャントを歌うこともなく、チームのホームページで新しい選手の紹介ばかりで黒木選手の紹介記事は書かれなかった。いるのが当たり前だと思っていた選手。しかし彼は長崎を去った。自分のチャントがあるのを知らなかったそうだ。
今の高杉選手は黒木選手を見るようだ。本当に大切な要の選手。
讃えて後押ししていきたいと思っている。

[PR]
by windowhead | 2016-04-03 09:42 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧