<   2016年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

のどかです、V長崎の練習場

Vファーレン長崎の練習見学。
昨日の練習は見ている私たちにもわかりやすくて楽しい見学になった。
そして、この日もちょっとしたハプニングが。
ヨンジ(李栄直)選手がドスンと蹴ったボールが、この前洸一選手がガラスを割ったお家の庭に飛び込んでいった。慌ててスタッフさんが謝罪に行っていた。ガラスは割れてなかったみたい。
練習が終わったら、ヨンジ選手はファンサもなしで一目散にクラブハウスに引っ込んだ。どうしたんだろ??
他の選手たちのファンサを眺めたり、待望の梶川選手からTシャツにサインをもらったりしていたら、いつの間に出かけていたのか、ヨンジ選手の真新しいアウディーが帰ってきた。
アウディの後ろからおもむろにビニール袋に入った棒のようなものを出しているヨンジ選手。見ていた私たちは、「釣竿?」かな?   立ち話していた監督が不思議そうに「なに?」と声をかけられたら、ヨンジ選手「物干し竿です』。
どうやら飛び込んだボールが物干し竿を壊したらしい。新しい物干し竿をもって、そのお宅に謝罪にいくヨンジ選手。その神妙な姿に、練習中とはいえ、すごく気にしていたんだなあということがわかる。謝罪後にもどってくるときは、笑顔だった。
それにしても個人スポンサーが付いている人気選手が汗だくの練習着のままで慌てて物干し竿をを買う姿を想像すると微笑ましくなってくる。
そのすごいシュート、つぎの試合で相手のゴールに蹴り込んでね。

練習後、練習場の海側がなにやらうるさい。子供みたいにキャッキャした声声。
何人かの選手たちが、通路から海に飛び込んでる。なに〜ピンクの浮き輪までもってきている!
お前たちは中学生か!
チーム広報の動画でわかったがキャプテンも率先して飛び込んでいた!
プライベートビーチ(??)付きの練習場、なんて贅沢な(笑)

その練習場でTwitterを見ていた人から聞いた植草選手とロドリゴ選手の移籍。
馴染み深い植草選手。若いキーパーたちの精神的支柱でもあったと思う。でもJ1復帰を目指す名門清水から請われての移籍だ。条件だってきっといいはず。さすが植草選手と気持ち良く送り出せる。仕事帰りココサのガチャガチャしたら植草選手のバッジが出てきた。
昨日は大久保選手がでてきて、きょうは植草選手。
植草選手から、長崎のキーパーを応援し続けろよと言われているみたいで心強い。
長崎との対戦にはぜひ登場してほしい。
長崎のFWたちが番長さんにビビらずシュート撃ちまくってほしい。
b0009103_105748.jpg

b0009103_1033867.jpg

[PR]
by windowhead | 2016-07-29 10:06 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

ホーム初勝利!ファン・サポーターも大喜び

b0009103_18154892.jpg


昨夜の対岐阜戦でVファーレン長崎がホーム初勝利。
すでに全日程の半分を経て、やっとスタジアムで大喜びできた。
選手のみなさんや監督コーチスタッフさんは、本当にたいへんだったろう。ホームに帰ってくるのがこわくなったりしなかっただろうか。ホームがプレッシャーにならなければいいけどと本気で心配してもみたが一ファンはなにもできない。彼らを好きになって応援するしかないと思い知る数ヶ月だった。

雨にもかかわらず9000人以上の観客。スポンサーさんやフロントスタッフの人たちの頑張りだろう。
バックスタンドの「NAGASAKI」の文字が見えない!いいことです!スカパーさんガンガン写して〜〜。

今日こそは勝たせたいというゴール裏サポーターさんたちの気持ちは途切れない選手チャントや応援歌とともに伝わってくる。
ハーフタイムに青い帽子の若いコールリーダー「たけるくん」が、ハンドマイクを持って、ゴール裏の端っこの方や3階席の観客・ファンのところまで出向いて「みんなで勝たせましょう、僕らといっしょに拍手やチャントをお願いします」とお願いして回っていた。
その姿をみていて込みあげてくるものがあった。選手と同じようにプレッシャーを背負いながら戦っている彼が、さらに一体感を作ろうと必死なんだ。コールリーダーが自らお願いして回る姿は初めてみた。
熱意は伝わるもの。前半は観客だった近くの中年夫婦や家族たちが手拍子を続けてくれていた。
永井選手の2点目が入り、試合は終盤に。「愛してるながさき」が歌われ出した。「だめ、いまそれ歌うには早すぎる」と思ってしまったのは私だけではなさそうだ。セレッソ戦で痛い思いをしている。最後の最後まで喜んじゃだめ。それをわかっていたはずのコールリーダーたちが歌ったのは、勝たせる確信があったのかもしれない。これだけの応援の声が届かないのか!という迫力を見せつけたのかもしれない。

勝った瞬間、私の周辺は歓喜よりも感慨ぶかさが漲っていた。「よかったねえ」「やっとここで勝てたね」「ホッとしたね」なんかうるうるしちゃって、しばし青とオレンジのヴィヴィくん傘を回すことも忘れていた。

ゴール裏に挨拶に来た選手たちが一列に並んでいても、大喜びのセレモニーは始まらない。選手もコールリーダーやコアサポさんたちも、ヒーローインタビューの永井選手が来るのを待っている。いや永井選手が着いたあとヴィヴィくんが追いかけてきている。ヴィヴィくんが列に並んだところで歓喜のセレモニーが始まった。このほのぼのとした一体感が長崎なのかもしれない。負傷交代していた長崎の気配り屋さん・梶川選手を監督とフィジカルコーチが肩を貸して運んでいる。これまた微笑ましい。

この試合の数日前にはフィジカルトレーニングと称して、今年もペーロン競漕やってチームワークを高め気持ちをリフレッシュさせた選手の皆んなと監督・コーチ・スタッフさん。それが功を奏したのかもしれないね。

勝利のこの日も、選手バスを拍手で見送って、応援活動おしまい!
そう、長崎では、だれが決めたわけでもないけれど、負けても勝っても選手バスは拍手と声援で送り出す。相手チームのバスにもお疲れ様と拍手する。
ゆるくって、女子供っぽいけれど、それが女性の比率が高い長崎らしさなのかもしれない。

女子供っぽい応援といえば、うちに掲示している「Vファーレン長崎」のポスターに今週は青とオレンジのバンダナを飾る。今シーズン、ホームで勝ったら、そうすることに決めて待っていたがなかなかそのチャンスが来なかった。やっとその日が巡ってきたが、あいにくの大雨。
でも飾ったさ!

b0009103_189462.jpg

[PR]
by windowhead | 2016-07-11 16:06 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

寝不足の6月が過ぎて

b0009103_16342662.jpg


自分の店とはいえ毎日仕事して、ちょい家事して、ユーロが観れるときは見る、コパアメリカも観れるときはチェック、マリノスの試合を毎回録画で見て、Vファーレンの試合、ホームスタジアムで応援するけど、再度録画見直して、ときどき、サンフレッチェやヴァンフォーレの試合録画みたりして…。
いやあ、サッカー見るだけでパンパン。時間の余裕ないです。
本をゆっくり読む機会が少なくて、6月に読んだのは、スタジアムで女の子からもらったのと、京極夏彦の『書楼弔堂 破暁』と古書ミステリのアンソロジー集。あとは雑誌くらい。本を読む時間がないと悩みながらもサッカーを見てしまう。
なんだろうね、やっぱり面白いんだろうね。

わがVファーレン長崎の6月最後の試合はアウエー愛媛戦。スカパー観戦。
なんだろ、ワチャワチャしているのだけど、昨シーズンのVファーレンっぽさが感じられた。(昨シーズンのいいときではなく、頑張ってるんだけど点がはいらないなあな試合の感じだけど)
選手が身体ぶつかるのを避けていない。逃げない、やり切るって意思がチームから感じられた。愛媛もかなりタイトに来ていたので、荒れるのかなと思っていたけれど、そうならなかった。
長崎の選手も愛媛の選手もスポーツマンとして激しく厳しく戦ったのだろう。
この試合ですごいハプニングがあった。
誤審と言ってもいいのだろう。
永井選手が間近で足を上げて相手キーパーのキックをカットし、そのボールがそのままゴールに吸い込まれた。このプレーにイエローが出された。あ、永井選手の危険行為と取られたのかと思ったらカードは佐藤選手に出され、その前にイエローをもらっていた佐藤選手は累積でレッドカード退場とされた。
その前のプレーで佐藤選手と永井選手がボールを追いかけてゴール前に詰めたが、ゴールキックになった時点で佐藤選手は後ろにさがっていった。
あまりの不思議なジャッジにさすがに長崎サイドはクレームをつけたが受け入れられない。安達コーチがものすごい情熱と勢いで審判に詰め寄っている。ここまで選手のためチームのために一生懸命になってくれる長崎のコーチたちに頭が下がる。だれがどう見ても佐藤選手はこの危険行為(と判断されたプレー)に関わってはいない。映像で再確認してもそう。解説の人たちも不思議がっていた。それでも主審はその場を落ち着けようと必死のようだった。落ち着くはずがない。かなりの時間、このやりとりがなされて、主審があらためてその行為をジャッジした副審と情報交換をしていたが、やがて、主審は、佐藤選手のレッドを引っ込めて、永井選手にイエローを出した。それでゲームは再開された。
かなり時間はかかったが、審判が誤審を認めて、一度出したカードを取り消したのだ。すごいことだと思う。勇気のある主審だと思った。
このジャッジのおかげでその後のゲームも激しくはあったが荒れた試合にならず、長崎にとっては長いアディショナルタイムに中村選手の得点があって勝ち点3も手中に収めた。

SNSなどでだめな審判だったとの声があがっていたが、そうだろうか。
未熟ではあったかもしれないが、自分の誤審を認める勇気を持ち、どちらのチームにもフェアなジヤッジをされていたと思う。
そう思えたのは雑誌「Number」の904号ユーロ特集がされている号に掲載されていた西村雄一レフリーの「レフリーは選手を裁かない」というコラムを読んでいたからかもしれない。「審判にとって一番の願いは、素晴らしいプレーにより選手たちに輝いてもらうこと。公平公正な立場で、起きた出来事を見極め、選手のためにベストを尽くす。…という純粋な思いがあります。」という一文が心に残っていたからだろう。
愛媛VS長崎を担当した審判も西村さんが書かれたような思いがあるからこそ、誤審を認め、修正されたのだろうし、審判のその思いを汲み取ったから選手たちもその後のプレーを思い切り気持ち良くできたのだと思った。
ただ残念だったのは、マッチデーハイライトみたいなダイジェスト版でこのシーンに言及されてないことだ。誤審を認め取り消した審判の勇気ある行動は、サッカー界や審判界ではペナルティに等しいのだろうか。そうだと残念だな。未熟なことはだれでもある。自分の未熟さを認め真摯な態度を取れることが大切だと思うのだけど…。私はこの審判の方たちの勇気あるジャッジをもっと他のチームやファンたちに知って欲しかったけど。


雨ばかり続いて愛媛戦の前から練習を見にいけなかったけれど、昨日やっとそのチャンスができた。
遊学の里に向かう道すがら、愛野のコンビニでのできごと。
レジでお金を払っていたら、レジの女性が、「あ、それはヴィヴィくんですね」と私のポシェットを指差された。ポシェットには、たしかにヴィヴィくんのキーホルダーをつけていた。
「うちの子がヴィヴィくん大好きなんです」と言われたので、胸キュン!
ついそのキーホルダーをあげちゃいそうになったけれど、これは限定品でもう手に入らない。ああ、なんか渡したいけど、渡すものが入ってない。おろおろバックの中を探していたら2016Vファーレン長崎ポケットガイドが1枚でてきた。選手紹介の最後にヴィヴィくんの紹介もあったので、「もしこれお持ちじゃないなら…」とお渡ししたら、ポケットガイドのことご存じなくて、喜んでもらってくださった。
愛野のコンビニにヴィヴィくん大好きな子のお母さんがいる!
そういえば、愛野あたりにはVファーレン長崎のポスターなど見当たらない。
あまり人口密度が高いところではないようなので、マーケッティングの対象にないのかもしれないが、愛野展望台などは、ドライブ途中に立ち寄る人も多いようなので、ポスターなど掲示できれば訴求にはなりそうだ。クラブも県内の市町村を訪問して集客にがんばっているようだ。
立ち寄った町々でVファーレン長崎のポスターやヴィヴィくんのフラッグなどに出会えるようになりたいですね。
クラブもサポもがんばりましょ。

今日リリースがでた、碓井選手が帰ってくる。
「おかえり、スアレス!期待してるよ」
[PR]
by windowhead | 2016-07-01 16:36 | Vファーレン長崎 | Comments(2)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧