<   2017年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「サッカーと愛国」 今読むべき本かも(ガンバ応援旗問題に思う)

b0009103_14010037.jpg

「サッカーと愛国」清義明 イースト・プレス
昨年11月に読んだ本ですが、今ぜひサポーターと名乗る人たちに読んでほしいと思って、改めて紹介します。
ミズノスポーツライター優秀賞に選ばれている本です。

この本の帯にも書かれていますが、「スタジアムには日本人が知らない世界基準」があるのです。
昨日あたり、ガンバ大阪のサポーターのフラッグのデザインがナチスの親衛隊SSのロゴそっくりだという話がネット上を賑わし、今日は新聞にもそのことが取り上げられました。
ガンバのサポさんたちは、SSじゃないSHだと言っていますが、そんな問題じゃないんですよね。ナチス親衛隊をイメージさせる意匠を使ったことが問題なのです。振り返ってみたら、このガンバのフラッグは、以前にも出されていて、問題になりクラブから掲示禁止の処置を取られていたようで、それをまた持ち出してきたらしい。このガンバサポの意匠は、すでにヨーロッパではナチズムに親和的なサポーターのフラッグとして取り上げられていたらしいのです。そんなことさらさら知りませんでした。日本にも親ナチグループがあるって思われていたわけですよ。
日本人には分かりにくようですが、ナチズムは絶対に否定されるべきものなのです。
もう30年以上まえになりますが、あるドイツの若者に「日本人はよくドイツは同盟国だったので親近感があるというけどどう思う?」と聞きました。するとその若者は「それは迷惑な親近感です。ドイツはあの時代を否定しています。あの時代の仲間というのは否定する対象なんです」と言われました。ドイツは先の戦争で自分たちの国がやってきたことを否定しきちんと決着をつけ、全てを捨てて新しい国を作ってきたのです。
誰もが集まるサッカースタジアムにナチスを連想させる意匠があってはならないことは世界の常識なんです。
日本の場合は、旭日旗という意匠があります。よくJリーグのスタジアムで旭日旗やそれを模倣したデザインのフラッグが振られていますが、これは中国、韓国、アジアの人々にとってナチの意匠と同じようなイメージなのではないでしょうか。この旗のもとにどれほどの犠牲者が出たか、アジアの人々の身になって考えたら、このようなフラッグは作るべきではないと思うのです。旭日旗は自衛隊も使っているから悪いものではないのではという人もありますが、それこそ軍隊(厳密にはそうじゃないが)が使う意匠を平和を目指すスポーツに持ち込むことの方がおかしいと思いますし。自衛隊にしてみれば、たかがスポーツ、そんな場所に大大切な旭日旗を使って欲しくないとおもわれるのではないでしょうか。
昨シーズン、Vファーレン長崎には在日朝鮮人、韓国人の選手が在籍していました。在日の彼がもの凄い嫌がらせメールをネット上で浴び、ゴール裏の一部からも国籍に関する非難を浴びたようです。若い彼らはあまり気にしないのかもしれませんがゴール裏あたりで振られる旭日旗まがいのデザインフラッグをどう思っているのだろうという気持ちがありました。記者ではないので、本人たちにそのことは聞けませんが、すごく気になることでした。

Jリーグは今シーズンから英パフォームグループと契約しました。これまでJリーグは東洋の端っこの閉ざされた環境でやってきたわけですが、今後グローバル化されることになります。当然のことながら、日本のスタジアム風景が海外に流れるわけですが、レイシズムに疎い日本人が作るスタジアム風景が海外からひんしゅくを買うことをやらかしたりしないだろうかと心配でもありました。
今回のガンバサポのフラッグの問題を機に、もう1度スタジアムであげている幕や旗などについて、考えてみるのもいいかもしれません。
その意匠が他の人に違和感を持たれるものであれば、それは引っ込めるくらいの対応が必要だと思います。それを若い子たちに諭すくらいの大人なサポーターこそが、クラブにとって真のサポーターなのではないかなと思います。




[PR]
by windowhead | 2017-04-21 14:01 | 紙のフットボール | Comments(0)

いよいよ九州ダービー!帰ってきたのかよ〜

b0009103_23280617.jpg

いよいよ今日、ホームにアビスパ福岡を迎える。

あの日、アビスパ福岡のゴール裏に眦を決して乗り込んだ。プレーオフ。
あの人もこの人も本当に真剣な顔で、チャントを歌い続けたけど、勝ち上がれなかった。
負けた長崎の選手たちにもっともっとコールを送りたかったけれど、彼らが早く引っ込んでしまったので、気持ちの高ぶりを持た余した長崎ゴール裏は勝ち上がったアビスパ福岡にさらに勝ってもらおうと、「アビスパ福岡」コールをした。
「行っちゃえJ1」と書いたボードを掲げアビスパコールをするU氏の悔し涙とコールする長崎サポの声が全国に放映された。
アビスパの選手たちも長崎ゴール裏に来て挨拶してくれた。
喜ぶアビスパ選手たちをひとりじっと見つめていた黒木選手の姿があった。一番勝ちたかった一人だったはず。彼は、その後一足先にJ1にあがった。
アビスパのほうでは、アビスパサポの漫画家さんによって、J1に駆け上がる城後選手の後ろ姿が描かれたが、城後選手の背中はVファーレン長崎のユニフォームを背負っていた。
長崎の悔しさも背負ってJ1に行くよ!というメッセージ。心に響いた。
井原監督は、長崎から古部選手を引き抜いた。けど、悔しくなかった。井原さんだからこそ古部選手の献身的な守備をわかってくれてるんだと、喜んで送り出した。

アビスパのホーム開幕戦は、井原監督に因縁のマリノス戦。井原さんをレジェンドとして尊敬している中村俊輔のFKに沈められた。
中村俊輔のFKの成長のきっかけは、実は井原監督にあるんだ。最近出た中村俊輔のFK集DVDの中で、「マリノス入団したころ、FK練習の壁に井原さんや小村さんたちがいた。この人たちにぶっつけるわけにはいかない。FK練習はもの凄い緊張の連続だった」と語っている。井原さんの壁が育てたFKの名手との対決だった。

あれからワンシーズンを経て、「行っちゃったまま」でいいのに、アビスパさんはまた九州ダービーに帰ってきた。
古部選手も長崎に帰ってきてくれた。
長崎のユニフォームを背負ってくれた城後選手も今日は背負った長崎の思いを返しに来てくれるだろう。
アビスパのメンバーをみると、ゾクゾクする。これJ1時代より強化されてないか?
山瀬や駒野までいるよ。ウエリントンには煮え湯を飲まされているからね。
強敵だ。
でも勝ちたい。
練習見学してないので、今日の予想ができないけれど、とにかく全力で!
今シーズンの長崎は調子がいいときは、攻守の切り替えが早いし、球際もしっかりタイトにいっている。だから前を向いたプレーができている。
気持ちが守りにならなければ、強敵でも臆することなく戦えると思う。気持ちが守りになると反則が多くなるから、それだけは避けてほしい。
誰がスタメンかな。
そろそろ畑ぼうにもゴールしてほしい。
城後を迎え撃つDFに杉さまがいてほしい。
ベーちゃん、前ちゃん、杉さま、三浦くん、あのプレーオフの悔しさを知っている選手たちが登場してくれることを望みながら。
今日は、仕事なので試合開始ごろにバックスタンドに駆けつけることになりそうだ。
青のチームがくるので、今日は少しオレンジ多めのスタイルで行きましょうか。




[PR]
by windowhead | 2017-04-15 09:59 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

クリーンに熱く、そういう試合になればいい

今日は静岡ダービー

俊輔くんの居残り練習相手をしていた選手たちが、いろんなチームで頑張っている。清水のGK六反勇治選手もその一人。

六反くんはアビスパからマリノスに移籍してずっと第3キーパーだった。その間俊輔の居残り練習でのFKやシュート練習の相手をしてくれていた。その間、いろんなことを俊輔から学んだという。
(静岡新聞よりhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00000029-at_s-socc
正キーパーとして仙台に移籍し、日本代表にも選ばれた。今シーズンからは清水へ。今日、清水のキーパーとして再度相見えるかもしれない。
俊輔くんの居残り練習は磐田でも続いているようだ。磐田ではどんな練習をしているのだろうか?だれとやっているのだろうか?など練習を見るのは試合とは別の楽しみがある。
実は私に練習場に見学に行く楽しみを教えてくれたのも俊輔選手の居残り映像なのだ
我がVファーレン長崎のDF田代真一選手も北谷史孝選手もなにかの形で俊輔くんと練習をともにしていると思う。
居残り練習の相手をしたかもしれない。キックオフマリノスの映像のなかでファン感謝デーで俊輔くんと一緒に金魚すくい屋さんをする北谷くんがいたっけ。
田代くんは、すでにチームの主軸として開幕からスタメンを続けているし、北谷くんも田代くんたちの出場停止の穴を埋めたりして活躍の兆しを見せている。
俊輔居残り練習塾の塾生さんたち、どんどん成長し活躍してください。
俊輔くんの成長は他の選手たちも巻き込んで一緒に伸びていくからすごいのだ。

今日の静岡ダービー向けて、俊輔くんはこう言っている
先輩たちが作ってきたもの。移籍してきたからこそ、敬意を持ってやりたい」(http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20170331-OHT1T50243.html スポーツ報知

ダービーというのは、単に絶対に負けられない戦いなだけではない。この戦いを作り上げてきた人たちの歴史が詰まっている。だから選手たちはこの歴史をリスペクトしてそれを汚さないように戦うし、スタジアム全体はその歴史にさらに歴史を積み上げるために最高の空間を作ろうとするんだろう。あの時のダービーが最高だったね!と語り継がれるためにも。

だからこそ、この記事で俊輔くんが言っていた言葉は大きな意味を持つ。
「クリーンに熱く。そういう試合になればいい」
すべてのスポーツに通じる言葉だと思う。

[PR]
by windowhead | 2017-04-01 12:24 | 10-25shun | Comments(0)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧