ミヌくん、君が私のMVP!なホーム山口戦

山口のみなさんが初めてトラスタに乗り込んでくるのに、あいにくの雨。
でも山口からたくさんのサポが来場し、長崎のホームの緩さもあるせいかアウエーにきているという緊張感もなく楽しんでおられた。
いつものようにバックッスタンド3階の選手名横断幕取り付けのお手伝い。バックスタンドの一番高いところから開場前のスタジアムを眺める。つくづく美しいスタジアムだと思う。全方位屋根付きのこのスタジアムを山口サポさんたちはどう感じただろうか。
ヴィヴィくんのハロウィンコスチュームはコウモリみたいな黒い羽根を付けた小悪魔風。ダークイメージなのにさらに可愛さ倍増。衣装プロデューサーに花マル!

練習が始まるころには雨も小降りになった。
スタメンが少し変わった。最終ラインがキャプテン、前ちゃん、ミヌくん。杉さん体調が悪いのかな?真ん中をキャプテンにしないで前ちゃんにしたところに監督の意図を感じる。
山口はパスがどんどん繋がる魅力的なサッカーをするということで長崎サポにも人気のチームだが、練習試合とアウエー戦を見た限りでは、ミシャのサッカー全盛期のサンフレッチェのような超攻撃的なワクワク感はない。訓練されてるなという感じはあるけど意外性がないからかな。
ただ、群馬戦のVファーレンでは山口の攻撃を抑えられない。裏どころか真ん中から突破されてしまう。高木監督のことだから、緻密な対応策を練っているはずだけど、選手がそれを表現できるかが課題だなあ。
山口は10番と29番がポイントの選手かな。ここにプレッシャーをかけ、パスの精度を下げさせればリズムがでないはず。試合を見ていて感じたのはこのチームはパスをつなぐリズムがあって、そのリズムに乗ると手がつけられないくらい勢いがでるんじゃないかなということ。リズムが出る前にパスの勢いを削ぐとフィニッシュも怖くない感じ。

試合が始まって驚いたのは、長崎の選手たちの前への勢い。みんな闘志がみなぎっている。特にミヌくん、ヒョンジンくん、ソンドンくんの韓国勢の闘志は目をみはるほどだった。闘志をむき出しにしながらも汚いプレーはしない美しい激しさだった。ミヌのものすごい攻め上がり、ヒョンジンのタイトなチャージ、ソンドンのドリブルがこんなにすごいとは思わなかった。彼らが攻撃を押し上げるので、梶くんがボールをもらいに下りてくることが少なくなり、前目で2トップに絡める。チーム全体が気持ちの見えるプレーをしていた。
それが花開いたのが梶くんの得点。
なんでここに杉様が!じゃなく、なんでここゴール前までミヌが!だった。そのミヌに永井がパスを入れたがミヌちょっと合わず。そのおかげで相手がDFがミヌにつられて、ゴール前があいたところに梶くんの鋭いシュート。梶くん、満面の笑顔、それに飛びついて喜び合う韓国3人衆。その後、永井くんがPKを決めて2得点。その後1点を返されたが、気持ちの見えるヨンジくんを投入して2点を守りきって久々の勝利。

ゴール裏サポからのMVPは梶くんと永井くん、MOMも梶くんだったが、それ以上に輝いて見えた選手がいた。
チョ ミヌ選手。
バクスタの2列目で見ていた男性3人組が、あの3番はすごいね!となんども感嘆していた。MVPたちのゴールが決まっても、最後まで3番ミヌくんの印象は消えないくらい強烈だったようだ。
MVPもMOMも選ばれなかったけれど、私の中でもMVPはミヌくん!
同じようにかんっじている人も多いようだ。
せめて試合後のコメントでも取材して欲しかった。この試合にミヌくんがどんな気持ちで挑んだか、その気持ちの改革と監督の戦術につながりがあるのか、この日のミヌくんの言葉には多くの貴重なものが含まれていたと思う。それが聞けなかったのは残念だ。
クラブ公式でも番記者さんの記事でもいい、チョミヌ選手のロングインタビューをやってもらえないだろうか。ミヌくんに期待しているサポーターはたくさんいるのだから。

b0009103_422574.jpg

清々しい雨上がりの空、ブラボーミヌくん!
[PR]
# by windowhead | 2016-10-26 04:05 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

なぜ負けた、モヤモヤを語りあいたいよね

ザスパクサツ群馬に3:0で負けた。
ココサテで見ていたが、監督や選手がうまくいっていたという前半にもどこか安定感が感じられなかった。前日ルヴァン杯決勝戦を見ていたから物足りなかったのかもしれない。
いろんな意味で1点目を入れられた時が一番ショック。中盤にぽっかり空いていたあの大きなスペースが焼き付いている。

なんかこのまま「負けたけど次に向けて応援しよう」では自分のなかで納得がいかず、かといって誰かその話をしあう相手もなく、翌日この試合の録画を見て、続けて再びルヴァン杯決勝見た。
浦和も3バックで両サイドが高いポジションをとるし、守備になると両サイドが下りてきて5バックになる。単純に長崎も同じだからと素人考えもあったが、なによりミシャのサッカーが好きなのでお口直しの意味が大きかった。
やっぱり両方見てみると参考になる部分が多かった。
素人なので感覚的な言い方をするといろんな部分で鋭さとメリハリが違う。

そんなこと言うと、「それはJ1とJ2の差だから比べちゃ可哀想」と サポさんからお叱りが帰ってくることが多い。でも  Vファーレン長崎はJ1を目指しているんだから、その域に達しないとJ1に上がれないし、J1で生き残れないんだよね。J1を目指すって、現実を見据えるととても難しいことなんだよなあ。
なんだかんだ言いながら最後は「まあサポは応援するしかできないから目一杯応援するけどね」に納まるしかないんだけど 気になる点は解決せずモヤモヤ続いている。

こんな時こんな話をする仲間がいるといいんだろうなあ。
そこに行けばサッカーの話をする人たちがいて、持論を戦わせたり、疑問に答えてくれたり、世間話のようにサッカーを語る人たちがいる。そんなところが長崎には不足してるんだよね。

ホームで試合があったあと2回ほど参加させていただいた諫早のKATARODEさんのペーニャ。駅前のパンとワインのお店「Roojee」(ロージー)さんがあることが本当に羨ましい。
長崎市内でもペーニャができてこないと文化としてのサッカーは根付かないのかもね。

サッカーの内容を語りたい女性だってたくさんいるはず。
その人たちとの接点を見つけて、まずはお茶会でもするかな。お茶のテーブルにボードを置いて、クッキーやチョコを選手に見立てて試合の細部を話してる女子がいてもいいじゃない。
例えばミスマープルみたいに中高年のご婦人が集まって手芸や編み物しながら、サッカー談義というのも憧れるね。

サッカーは応援するだけでは物足りないーーずっと感じていること。


b0009103_19462288.jpg

ミスマープルたちがフットボールを語っていたら、それはまた楽しいかも
[PR]
# by windowhead | 2016-10-20 19:50 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

横浜FC戦ー思いがけないツイート

b0009103_1421095.jpg


徳島戦に比べてアウエー横浜FC戦はいい感じで入ったなって思ったけど、思いもよらす前半2失点。
解説の山口素弘さんがしきりと長崎のディフェンスの甘さを指摘。「軽い」という表現。
素さんは2年前まで横浜FCを率いて長崎と対戦しているので、全員でタイトなプレスを仕掛けてフィジカルいっぱい走り勝つスタイルが長崎の良さだったという。確かに、今シーズンのV長崎でものたりないのはその部分だということをサポーターの誰もが思っている。シーズン終盤になってもサポの間で黒木選手や古部選手を求める声が出てくるのはその証拠だろうな。永井選手の2得点(PKと村さんからのナイスパスをワンタッチでゴール!)で引き分けに持ち込めた。
「長崎は9試合勝ちなしですね」と深刻な実況さんの声に、そうだよねと思うものの勝ち点1落とさずよかったと思っている自分の甘さに苦笑い。
ゴール裏で応援の翔くんが注目の的!ママがきっと頭を抱えているはず(会ったら案の定、言わないで〜〜!と)。翔くんがごく普通の礼儀正しい青年だということは長崎サポは誰もが知っている。全国のみなさん、そうなのよ〜。

翌日、ツイッターで、とてもいい写真が回ってきた。
https://twitter.com/sunamachiSC/status/784743582313746432

V長崎のGK・大久保択生選手と横浜FCの三浦知良選手が試合後抱き合って健闘を讃えあっている。択生くんの嬉しそうな顔!
ただそれだけのシーンかもしれないし、試合後カズ選手は永井選手も肩を抱いていたので、特別感はしない人もいるだろう。
でも、大久保択生選手の中では特別の感情があったのではないかな。
長崎の守護神くんは、高卒ルーキーで横浜FC入団。横浜FCに決めた理由のひとつに「カズさんがいる」があったという(V長崎番記者さんのインタビュー記事にも書かれているhttp://www.targma.jp/nagasaki/2016/07/14/post3440/)
カズさんは当時40歳くらい。20歳以上年の差のあるレジェンドと18歳ルーキーの距離感ってどんな感じなんだろう。
大久保選手は、横浜FCから千葉に移籍し、V長崎に移籍して3シーズン目。たしか昨シーズンもカズ選手と対戦している。今回肩を抱いて讃えてくれたのは手応えを感じてくれたからだろう。長崎で着実に成長していることをキングが認めてくれたんだなと、ファンとしては一番嬉しいし、この写真は貴重な1シーンを記録してくれたお宝の1つだと思った。欲目かもしれないが、最近の大久保選手は飛び出しに迷いがなくなっているし、1対1もめっぽう強くなっている。なにかを得たのか何かが吹っ切れたのか…(知りたい気もするが教えてはくれないだろう。)

さらに嬉しいのは、この写真をツイートしてくれたのが砂町サッカークラブという大久保選手が子供の時に所属していた少年サッカークラブだということ。
そして、そこには大久保選手が出場したVファーレン長崎の試合のダイジェスト映像へのリンクが毎回記録として残されているのだ。
V長崎の公式ホームページでも追えない昨シーズン、一昨シーズンのダイジェスト映像までリンクが残されている。V長崎サポとしてありがたいリンク集になっている。地道に大久保選手を追ってくださっているのだ。
以前、関東アウエーのとき砂町サッカークラブの後輩さんたちが大久保選手の応援に来ていたこともあった。大久保選手は後輩たちの身近な目標でもあるんだろうなあ。

大久保選手はV長崎ファンサポの勝利への熱望はもちろん先輩・恩師たちからの期待や後輩たちの夢も背負って長崎のゴールマウスに立っているんだ。
大久保選手のみならず選手たちはみんなそれぞれの立場で熱望や期待や夢を背負ってVファーレン長崎での日々を過ごしているのだ。
当たり前のことなんだけど、砂町サッカークラブさんのツイートを見て、それを具体的に感じることができた。

Vファーレン長崎での日々は選手たちにとっては人生の途中でしかないだろうが、その日々はのちのち「思い出したい日々」であってほしい。
そのためにも、今シーズンの最後まで選手たちに晴れ晴れと頑張ってもらうように、厳しいけど気持ちのいい応援を続けていきたいと思った。




・ツイッター記事https://twitter.com/sunamachiSC/status/784743582313746432
・番記者さんによるインタビュー http://www.targma.jp/nagasaki/2016/07/14/post3440/
[PR]
# by windowhead | 2016-10-14 14:39 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

幕末の先駆者・赤松小三郎を知っていますか?

b0009103_16162820.jpg
大河ドラマ「真田丸」も大詰めを迎えている。この1年、久しぶりにワクワクさせる大河ドラマで、2002年の「新選組!」を彷彿させるものがあった。「新選組!」ファン時代に知り合った方々とも10年以上を経てネット上で再会したり、やはり「大河」の楽しさは演じる俳優の力量と脚本の魅力に尽きる。

真田一族を生んだ長野県上田市だが、この地が生んだもう一人の偉人を知る人は少ないようだ。

幕末の兵学者で政治思想家「赤松小三郎」がその人。
勝海舟の門下生として長崎海軍伝習所赴任になる勝の供侍として長崎に同行。4年間長崎に滞在して蘭学、英学などを学んだ。英国の兵学書の翻訳をしたり新しい海外の知識と情報の収集に富む赤松の私塾には在京の各藩から800人もの門下生が集まった。特に薩摩藩は京都屋敷に教室を開いて赤松を招き藩士の教練にあたらせたほど。
赤松の書いた「建白七策」は、当時日本に押し寄せていた英米仏蘭などの軍艦との戦争を避けるために公武合体論を主張し、世界情勢の中で日本が置かれている状況は内戦をしている場合でないほど逼迫していると論じて、幕藩体制から一挙に民主国家に移行する構想をあげたものだった。この構想は坂本龍馬の「船中八策」よりも1年早く松平春嶽に提出されたおり、船中八策の原案になったのではないかと言われている。
これほどの赤松が歴史の表舞台から忘れられていたのは、彼が道半ばで暗殺されたからだろう。それも門下生である薩摩藩中村半次郎らの手にかかってだ。

近年、赤松小三郎についての研究が、さまざまな人たちの中で始まっている。
先日、韮山の江川文書の研究をされている方から、赤松小三郎についての勉強会の連絡がきた。
残念ながら私は参加できないが、このブログの読者の方には、幕末史研究や愛好の方も多い。その方々に情報をお届けしたいと思い、以下に転載しておきます。
赤松小三郎は会津藩との接点もあるので、ぜひお時間があれば参加されるといいと思います、


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
講演会「薩摩から見た赤松小三郎」のご案内
(暗殺された赤松小三郎 ~ 幕末に日本近代化のグランドデザインを描いた男)


                              

 幕末、信州上田藩士赤松小三郎は、京都で開いた洋学塾などで多くの英才を育てるとともに、わが国の近代化に向けてのグランドデザインを描きその実現に力を尽くしました。赤松は、1867年(慶応3年)37歳で志半ばにして暗殺されましたが、その先進的な政治思想と優れた洋学の教えは日本の近代化に大きく貢献しました。
 当研究会では、今回、赤松小三郎を多方面から研究し、脚光を当てた歴史作家の桐野作人氏をお迎えし、薩摩藩と赤松小三郎の関係についてお話を伺います。幕末史に関心をお持ちの多くの皆様のご参加を心からお待ち申し上げております。                  
     
日時:平成28年10月15日(土) 受付開始14:00 講演14:30~16:00
会場:文京区民センター 3階 A-会議室 (下記案内図ご参照)
参加費:1,000円(当日会場受付にて申し受けます。)
対象:幕末の歴史にご興味ある方であればどなたでもご参加いただけます。
定員:200名(先着順 お早めにお申し込みください。)
主催:上田高等学校関東同窓会 赤松小三郎研究会 (会長 丸山 瑛一)


演題:「薩摩から見た赤松小三郎」
    ・新発見の赤松小三郎建白書(盛岡藩京都藩邸公用日誌)の意義
    ・4種の赤松建白書の比較検討
    ・四侯会議と赤松建白書
    ・赤松の「幕薩一和」論の陥穽
    ・桐野利秋「京在日記」について


講師:桐野 作人(きりの さくじん)氏
   歴史作家、武蔵野大学政治経済研究所客員研究員。鹿児島県出身。立命館大学文学部東洋史
 学科卒業。歴史関係出版社の編集長を経て独立。織豊期と薩摩の歴史(戦国織豊期、幕末維
 新史)が専門。著書に『さつま人国誌』幕末明治編1~3(南日本新聞社)、『孤高の将軍 徳
 川慶喜』(集英社)、『織田信長―戦国最強の軍事カリスマ―』(KADOKAWA)など多数。
  
お申込み、お問合せ:
赤松小三郎研究会事務局(事前のお申し込みをお願いいたします。)
メール:kannazuki-6318@kxb.biglobe.ne.jp
電話:070-2685-2384(事務局 小山)




赤松小三郎(天保2年(1831年)~慶応3年(1867年))
信州上田藩士。江戸に出て内田弥太郎、下曽根金三郎に師事し、数学、天文、測量、暦学、蘭学、
 砲術を習得。その後、勝海舟の供侍として長崎海軍伝習所で英学、兵学、航海術を学ぶ。さらに横浜の英国士官アプリンから英語、英国兵法などを習う。幕末の京都で開いた私塾や薩摩藩邸などで、洋式兵学を教えた。諸藩より学ぶ門下生の数、800余名。その中には東郷平八郎元帥、上村彦之丞大将など日清、日露戦争で活躍した諸将が何人か含まれる。薩摩藩島津久光侯の委嘱により「重訂 英国歩兵練法」を翻訳した。将来の政体構想と国家のグランドデザインを描き、慶応3年5月、前政事総裁職・前福井藩主の松平春嶽侯と島津久光侯に建言した「建白七策」は、政治史のなかで輝いている。天幕一和、諸藩一和のもと上下二局の議政局により内憂外患のこの時期を乗り切る方策を模索し、最後まで東奔西走したが、明治維新直前の慶応3年9月、京都において暗殺された。享年37。
上田市(上田城跡公園内)に赤松小三郎記念館がある。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[PR]
# by windowhead | 2016-10-06 17:51 | Comments(0)

強く。美しく。勝つ。ということ

強く。美しく。勝つ。
今シーズンのマリノスの弾幕に書かれた中村俊輔選手の決意。
名門の誇りを持って正々堂々としたチームとして勝ちに行くという彼の理想だろう。

その中村俊輔が今度は膝の怪我で離脱になった。
高知で行われた天皇杯・対ヴェルディ戦での怪我。スポーツ紙サイトによると4〜6週間かかるという。
これで鳥栖で俊輔のプレーが見られなくなった。地方在住者には年に1回2回しか見ることができない日本最高の選手のプレー。どんなに待ちわびていたか。私だけじゃない。この日を心待ちにしていたサッカー少年たちがどれほどいただろう。残念でならない。

怪我はサッカー選手には付きもので俊輔の怪我が特別だとは言わない。しかしこの怪我の要因となった選手の考え方と態度は絶対にあってはならないことだと思う。
このプレーについて、ヴェルディの番記者が書いたものを読んだ。それが掲載されている有料サイトの読者であるからその記事をチェックできたし、その状況を書いた部分は無料でも見られる範囲だった。

まその記事によると
ずこの選手は最初から激しいチャージをするつもりで謝る気もなかったと言っている。
最初のチャージで俊輔が左足を抑えてうずくまり一旦ピッチ外に出て治療を受けたときはしれっと水を飲んでいた。ピッチに復帰したらまた激しいチャージで俊輔を倒したという。その間倒した選手はひと言詫びを入れるどころか、助け起こすため手を差し伸べようともしないで左右を見て、取るべきポジションを取ったそうだ。(この書き方はその記者の文のままだ)記者がのちにその選手に聞いたら「俊輔さんだからといって中途半端なことはしたくない。相手が年上だとか、立派な選手というのは、戦いの場では関係ないですから。試合中は謝らない。すみませんとは絶対に言わないと決めていました」と言ったそうだ。
この言葉とこの選手の態度を記者は褒めている。それにチャージは反則ではなかったとも。さらに俊輔にも若い頃、こんなことがあっただろうとも言っている。

すごく嫌な記事だ。19歳の若手選手の熱い頑張りを評価したつもりだろうが、相手に怪我をさせるほどのラフプレーもその熱さと若さに免じているところがずるいと思うし、俊輔も若い頃そうだっただろうと、誰もがすることだと言わんばかりの書き方で逃げている。
中村俊輔は相手に怪我をさせるようなボディアタックを最も嫌ってきた選手だ。体が細かったのでできるだけボディアタックを避けてきた選手だということは誰もが知っている。少なくともこの選手を見て中村俊輔は俺の若い頃もそうだったとは思わないはずだ。

若い選手が強気な発言をする。それを持ち上げる風潮が続いている。
その中でとても気になるのは、その言葉で自分の技術の未熟さを正当化してないかということ。
技術の確かな選手がチャージしていたら怪我にならなかったかもしれないとその時感じなかっただろうか。感じなかったらこの選手は選手としても人としても成長はないだろう。その時感じたら、とっさにあやまるなり起こすために手を貸そうとするはずだ。
それは人間的な行動だからだ。それがスポーツマンシップというものだから。

今日もU-19代表のある選手のコメントに「削ってでもポジションは渡さない」というのがあった。仲間内で怪我をさせることを前提にした言葉。例えで言っているというなら、その選手にボキャブラリーの指導をすることが大事だろう。
これらのことに、まだ未熟な若手が言うことだから大目に見ろよという人がいるがそれもおかしい。ヴェルディのその選手は自ら「年齢は関係ない」と言っているのだから、言葉と行為への責任は自らが引き受けるべきだろう。


とにかくスポーツマンが怪我でその道を閉ざされるのが一番悲しい。

怪我のために泣く泣く自らチームを離れた選手を知っている。
その選手が「取り替えることができるならあなたの膝と僕の膝を取り替えてもらいたい」と呻くように言ったという話も聞いている。怪我で前途を絶たれるということはそのようなことなのだ。

間違っても怪我をさせることを前提にした考え方やプレーはやめてほしいし、指導者が厳しく注意してほしい。

技術を磨き、相手選手をリスペクトすることで絶対に試合中の怪我は減ると思う
育成や指導の根本はそこにあると思う。

知的なありながら、激しく美しいサッカーは必ずあるはずだ。

私が応援しているチームはきっとそれを求めていると信じている。

今はまだ未熟だが、日々技術を磨くことを怠らず、相手選手へのリスペクトと人間らしさを忘れない誇り高いチームであろうとしていることを信じている。



b0009103_1681211.jpg


記者の記事を読みたければ(アクセスアップになるから文句も言うまい)http://www.targma.jp/standbygreen/2016/09/23/post5278/?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter    その選手の名前は井上潮音、他チームも被害を受けている
[PR]
# by windowhead | 2016-09-29 16:08 | 10-25shun

遠いよね、遠くなるね北海道(コンサドーレ札幌戦)

b0009103_15281657.jpg

台風が迫っているぞ!という中で無事に(?)開催されたホーム札幌戦。
前夜祭よろしく札幌サポさんたちと長崎の街で食べて飲んでおしゃべり会。やっぱり聞かれた『ちゃんぽんが美味しいところは?』長崎組の意見は相変わらずバラバラそして最後には常套句「リンガーハットなら当たりハズレなし!」それをすかさずツイートする札幌サポさん。二次会で立ち寄ったサッカーパブに俊輔のセルティック時代のユニがあって、勝手に感動。長崎でセルティックの25ユニなんて信じられない。
b0009103_15293212.jpg


翌日は強い雨が降ったり止んだり。試合開始が19時30分という異例の遅さなのでゆっくりしてたらJRのダイヤが乱れているという。よりによっていつも連れ立ってスタジアムに行くTさんは、こんな日に「ある列車」の優雅なお客様のため札幌戦は不参戦。白いかもめに乗り込んだら、アシシさんと再会。スマホ片手にアシシさんは、諫早までのトンネルの多さに驚いてた。でもさ東京の地下鉄みたいなものと思えば別に問題なかろうと内心思ったが…地下鉄はスマホ使えたよね。ああやっぱり長崎は田舎です。彼のユニを見たら長袖。ちなみに背番号は9。札幌のオーセンティクユニには長袖もあるそうです。羨ましい。長崎のオーセンキーパーユニがキーパーっぽくないのは半袖だからだよ、きっと。私、タクオみたいに長袖をたくし上げて着たい派なのに。

タクオくんは試合当日が誕生日だったはず。でもなぜかチーム公式HPに彼の誕生日メッセージは流れてなかった。まあそんな気分じゃないかもね。だって相手は首位を走るチーム。なんども都倉にやられている事実。さらに信頼関係バッチリのディフェンスリーダー杉様が累積で出られない。さらにチームのバクボーン前ちゃんも。いやーまかり間違えばキーパーはサンドバック状態になるかも知れない。それなりの覚悟と集中で挑まなければ。
Katarodeの皆さんに便乗してこの日はバックッスタンド。雨にぬれる1、2列目は避けて3列目(軟弱)。

今日はどんなことになってもタクオくんに前を向かせると思っていたが、練習時からなぜか胸騒ぎがしなかった。今日はゴール破られないかもという不思議な安心感。
最終ラインの真ん中はキャプテン。ディフェンスラインは安定してる。左右の坂井くんとミヌくんはここ数試合消極的なバックパス、横パスが多かったがこの日は違った。どんどん前にパスを通す。それを梶くんが受けてはたいて、いいリスムのパス回しからフィニッシュへとか、すごくアグレッシブ。いい感じでケームに入った。あまりに縦パスが通るのでコンサさんの罠?と思ってしまったくらい。しっかし、決定的なパスとフィニッシュの精度は今ひとつ。これが改善されていたら3点は入ってたでしょう。
後半になるとやっぱり相手はトップを走っているチーム。小野伸二選手が入るとうちは警戒しすぎで上がれない。プレーしながら終始指示をだすシンジの手の動きを見ているのも楽しい。
うちのゴール前で自チームに帰りながら給水する都倉のボトルを受け取りに行って定位置に戻してからゴールキックするタクオ、余裕なのか?性格なのか?隼樹をサブに追いやっているソンユンのプレーもまじかで見られた。タクオより5センチ大きい。長崎サポの一部が大好きな四六時中コーチングなんてやってないけどね彼も。彼見てもやっぱりGKは大きさって必須だなあと感じる。
結局札幌は引き分けで良しだったのか無理をしてない。ならばうちは事故でもいいから1点取りたかった。だからこそ最後に畑くん入れたのに納得がいかない。ミドルを抑えて打てるヨンジくんを入れてもよかったのでは。彼、最近気持ちが空回りって感じするけど、その気持ちの部分を発散させてやりたかったな。
スコアレスドロー。

選手名幕かたずけ手伝って外に出たら、またまたアシシさんと再々々会。ヨンジくんが待ってると言いながらしっかりヴィヴィくんとのツーショットを撮らされた。でもヴィヴィくん絡んでくれてうれしい。
選手バスを拍手で送って、タクシーで諫早駅に着くとすでに10時半。列車が遅れているとかで特急券払い戻し。

帰宅してから札幌サポさんのtwitterやblog見たら、湿度が高くムンムンしてて体力を消耗させる過酷な試合だったと書かれていてびっくり!長崎サポにとっては湿度は高いけど暑くないし風も感じるプレーし易い気候だったのに。 改めて北海道は北国なんだと再認識。
札幌はほぼ昇格決定的だよね。
遠くなるね〜北海道
アシシさん、おばらちゃんさん、一期一会でしたね





急遽ビニールカッパでつくったタクオくんへの誕生日ゲーフラ(ボード)。体の大きさくらいにプレーも存在感も圧倒的であってほしいという願いを込めて。ただ、ご本人はゲーフラを見てないような気がする。まあいいさ、ゲーフラなんて自己満足だもの。
b0009103_15351898.jpg
[PR]
# by windowhead | 2016-09-22 15:43 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

勝たなきゃ、金じゃなきゃ、意味ないの??

b0009103_14573370.jpg

朝TVつけたら「サンデーモーニング」のスポーツコーナーだった。
親分がいなくなってからの張本氏のコメントが好きでないので、見なくなっている番組だ。たまたまチャンネルがそこだったのが不幸。そして今日もきになる発言をした。オリンピックのメダルについて、銀、銅をよろこんでいるが、上には金がある。金以外は意味がないとう感じのコメント。
そうなのか?一番上を目指すのが選手だからそう言う選手もいるだろう。でもこの言葉を選手以外が言うのは違うと思う。ましてその場はオリンピック。オリンピックの本質から外れるじゃないか。オリンピックの本質なんて綺麗事と言われるかもしれないが、この建前があるからこそオリンピック競技は感動を呼ぶのじゃないかな。
決勝戦で負けた女子レスリングの吉田選手の姿は絶対に忘れない。試合終了と同時にマット上で泣き崩れた吉田選手の後ろ姿を見ながら、ある姿が蘇った。2013年、リーグ優勝を逃してしまった試合終了時、ピッチに突っ伏して泣き崩れた中村俊輔選手の姿。二人とも勝てなかったことで大きなものがするりとこぼれ落ちた感覚だったろう。そのとき「勝たなきゃ意味がない」って思っただろう。そうそんなとき、それを実感した選手が言うのはまちがっていない。でも見ていた私たちは本当にそう感じたかな。残念だと思うけどいろんなすごいシーンを見せてもらった。がんばったね、お疲れ様、という気持ちや、不甲斐ないぞもっとしっかりしろよと叱咤する気持ちの方が素直にでてくると思う。
勝たなきゃ意味がない、金メダルじゃないと意味がないという言葉は本当にそう感じた当事者だけが言える言葉。そして、そこ言葉は本当は表にだしてはいけない言葉のような気がする。だからこそ感情の高ぶったときにポロリとでてくるのだろう。
だから、そんな言葉を応援する人や記者や評論家が安易に使うのは好きになれない。自分が冷静でものの見えた人間だということをアピールするために安易にその言葉を使うのはやめてほしい。それがプレーヤーに対する敬意だと思う。

昨日の天皇杯初戦、Vファーレン長崎の選手たちは勝ったが、決して満足のいくプレーをしたわけではなかった。応援しながら、何度も臆病にならないで!最後まで走りきって!と叫んでしまった。でも木村選手の2ゴールには歓喜したし、久しぶりの碓井選手や北川選手のプレーを楽しんだ。できれば昨シーズンのように大量得点で余裕のキーパー交代で富澤選手デビューという甘い夢も見ていた。
私たちがスポーツの中に見る物は勝ち負けだけではない。
だから、試合を終えた選手たちに、勝ち負け、敵味方関係なく感謝の気持ちを伝えたい。選手バスを拍手で見送りたくなるのはそんな気持ちから。
自宅にかえってtwitterを見たらタイムラインにヨンジ選手のコメントが。
反省と悔しさに溢れる気持ちから絞り出した言葉。これをつぶやくには相当の覚悟があるんだと思う。
だから次の試合での彼のプレーを期待を込めて見たいと思う。

サポーターも観客も評論家もライターも忘れてはいけない言葉はひとつ
「プレーヤーズ ファースト」
[PR]
# by windowhead | 2016-08-28 14:53 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧