タグ:ジュビロ磐田 ( 3 ) タグの人気記事

弾く音楽は栄養になります

b0009103_01180865.jpg
10年ほど前ガンで亡くなった弟の友人が思いがけないものを届けてくれた。
弟の若いころの仕事のパネル
仲畑貴志氏に師事してコピーライターになった弟が最初の大きな賞をもらった仕事の一部。
YAMAHAエレクトーンの「ドレミは弾くからおもしろい」というコピーで全国展開したシリーズのもの。
このミルクのコップの下には「弾く音楽は栄養になります」というコピーが書かれている。
その友人の話では、このポスターは卵とミルクと野菜か果物の3連になっていたらしい。それぞれに違ったコピーが書かれていたのかな?そうなら、どんなコピーだったのだろう。
広告の仕事というのは消費されていく仕事なので形が残るのは少ない。そんな中でこのパネルはよくぞ30年近く生き延びてくれた。友人が代官山の弟の部屋に遊びに行った時、3連の1つをもらって自室においてくれていたらしい。私も遊びに行っていたので懐かしい。その頃の代官山は大使館の多い美しい街並みでヒルサイドテラスのトムズサンドイッチやハリウッドランチマーケットなどが弟のお気に入りだった。もしかしたら、この一連のポスターはトムズサンドイッチにインスパイアされたのかも。

そして「YAMAHA」
奇しくも今シーズン中村俊輔選手の移籍で身近になった[YAMAHA」の文字
なぜだかその移籍を気持ち良く受け入れられたのは、こんな細〜い細〜いつながりがあったからなのかな?
サッカーの応援をしていると、様々なメッセージの伝え方をみる。
ゲーフラ、横断幕、フラッグ、コレオグラフィー、アンセムソングやチャント。
伝えるメッセージも励ましや応援、感謝や思い入れ。面白いのはみんな「だれかのために」であって自己主張ではないところかな。

明日の(厳密には今日になっているね)スタジアムは「ジャパネット」への感謝のコールや文字でいっぱいになるだろう。
準備不足の私は、タンスの奥から引っ張り出した2014年シーズンのユニフォームを着ることにした。
胸には旧ジャパネットのロゴとジャパネットたかたという文字、背中にはリンガーハット。背番号10番は当時のキャプテン佐藤由紀彦。このユニフォームに感謝と共闘のメッセージを託そう。

[PR]
by windowhead | 2017-03-18 03:07 | 言葉を拾う | Comments(0)

新しいシーズンが始まる。

いよいよ今週末からJリーグが始まる。
今シーズンオフは、お気に入りの選手の移籍で、ことのほか忙しかった。
中村俊輔選手、佐藤寿人選手、兵藤慎剛選手、そして長崎の大久保択生選手、全員新天地へ。
特に俊輔の移籍は、長年の俊輔サポとしては一大事だった……はずだが、私を含め俊輔サポの人たちは俊輔が行くところに行くというこれまでと同じスタンスで磐田のサックスブルーの10番を新たな応援グッズに加えている。

磐田への移籍で、俊輔を特集するメディアが増え、多くのインタビューや対談が放映されて、久しぶりに考えながら慎重に発せられる「俊語」の数々も堪能できた。
(中村俊輔は自己のイメージを正確に伝えるために言葉を駆使する。それもペラペラと数多くの耳障りのいい言葉を流れるように話すのでなく、伝えたいことを的確に表す言葉を選び組み立てて行く作業をしながら話す。彼の脳内で組み立てられた言葉は独特の表現力を持っている。それを一部の俊輔サポたちは「俊語」と呼んで、それを読み解くことも俊輔サポの楽しみの一つなのだ)

ここ数週間のインタビューの中で、ちょっと新鮮だったものがあった。
磐田での俊輔の役割のようなものを語る中で、インタビュアーから若手への指導や影響など「育成」につながることが磐田の戦力アップになるというようなことが言われた。ベテラン選手への常套句だなあ。
それに対して、もちろんそれは自分に求められている役割だとしながらも、俊輔は「このチームにいる30歳代の選手たちに期待している。彼らは、もう一皮むけると圧倒的にこのチームは強くなるポテンシャルを持っている。彼らが変化すれば、若手の力は自然に引き上げられる。」と言った。
たしかに松井選手や太田選手のように一流のプレーヤーや大井選手や上田選手たち磐田の生え抜きの選手たちが若手の成長を支えて次世代磐田の礎になろうとしているように見える。
気配りの人・名波監督がそれに気づかないはずもなく、俊輔以上にその選手たちの献身を大切に受け取っているはずだが、それでもどこかで彼らにもっと輝いて欲しいとも思っているはず。俊輔を刺激に中堅選手たちの可能性をもっとも期待しているのは名波監督なんじゃないかなあ。

同じような言葉を同じ時期に聞いていた。
その言葉は新しく名古屋の監督になった風間八宏氏がFoot-Brainで語った中にあった。
川崎でチームを作った時の話。チーム全体を一斉に引き上げるよりトップの優秀な選手たちに理解させ、そこをどんどん引き上げることで下の力は自然と上がってくる。そのやり方で風間フロンターレは作られた。まずは高い理解力とプレー能力をもつ経験値の高い選手たちがチーム作りの要だということだ。

ちょっと考えると当たり前のことなんだけど、なぜかサッカー界もメディアも簡単に若手若手と、可能性や期待といえば若手にと思い込んでいる。そんななかで、当たり前のことをいう二人の言葉はサッカーを見る側も考えさせられる指摘だった。

10年近くサッカーを続けてきた選手たちのポテンシャルは若さで駆逐できるほどヤワなものじゃないはず。それはどのチームでも感じられると思う。
私の街のチームでも、若い選手が多くなったが、J2でのチームを引っ張ってきたベテランたち、前田選手、高杉選手、復帰した古部選手は健在だ。村上キャプテンも三浦選手も養父選手も覚悟のプレーを見せてくれると思う。今シーズンも究極の戦いでは彼らの底力がものをいうはず。
若い選手が多いチームだからこそ、ベテランや中堅選手に期待していきたいと思った。
[PR]
by windowhead | 2017-02-21 16:16 | 紙のフットボール | Comments(0)

磐田戦を見て、俊輔の凄さを再確認している

Vファーレン長崎とジュビロ磐田の対戦、長崎でも一般的な期待値の高い試合だった。
観客数12000人越えは今シーズン初めて、昨シーズンのガンバ戦に次ぐ集客だったみたい。
ジュビロ磐田には、駒野、伊野波、松井大輔、前田遼一と日本代表経験者がたくさんいる。
試合前のスタメン発表、長崎は3バックそれも左野田、山口、右高杉。ボランチが奥埜、三原、サイド左石神、右古部、スティペのワントップに東と佐藤のシャドウ、GKが植草。ジュビロが3バックなのでその対策で3バックなのかな?
ジュビロは前田、松井大輔がスタメンに、駒野、伊野波、ポポ、山崎が控えにいる。手強そう。

この日のキックオフ前は大忙しだった。選手入場時に風船を飛ばすことになっていて、風船を膨らませて持つとタオルマフラーを掲げにくくなる。周囲では風船が割れる音があちこちから。その度に応援する気持ちの集中が途切れる。
はっきり言いたい!タオルマフラーやゲーフラやフラッグで応援するサッカーのスタイルを守ろうよ!ジェットバルーンなど不要だ!野球のまねなんか必要ない。無駄なファンサービスだと反省して欲しい。
まして、この日は差別撲滅宣言があった。このプログラムは各チームのゴール裏に事前に伝えられていたのだろうか?チャントで宣言が聞こえない。運営側の配慮不足ではないのかな。

長崎は、しっかり守って、シンプルに前に蹴る。勢いがあるぞ、今日は。

密かに、ジュビロの松井大輔がどのようなプレーを見せてくれるか期待していた。彼のミラクルな足技で長崎の選手達が翻弄されるのかなあ。前半、攻め込んで来られるとバックスタンドコーナー付近の2列目で見る私たちは松井のプレーを目の前で見ることができるベストポジション、怖さ半分期待半分、ワクワク!
ところが、期待のプレーが見られなかった。それどころか我がチームの杉さまが終始松井を押さえている。松井にボールが入ると高杉、古部でほぼ完璧にコースを消してボールを猟る。前半の松井は完全に消されていた。松井、本気なの?と疑うくらい。
松井大輔が、前田遼一が怖くないと感じる試合、すごく寂しい気持ちになった。

松井大輔も前田遼一も駒野も伊野波も…この日の各チームの選手達みんな中村俊輔より年下じゃないか。この試合の前日、マリノスとグランパスの試合をTV観戦していた。2得点されて負けてしまったがマリノスを背負って闘う中村俊輔のプレーを見ていた。持病の股関節痛がでているようだが、残り10試合なので調整しながら出続けるという。ただ出場しているだけではない、マリノスの中心は間違いなく中村俊輔であり、彼のプレーでマリノスのスイッチが入る。だからサボらない、スペースに飛び込んで行くし、チームが攻め込まれるとゴール前まで戻って守る。被ファウル数はJリーグでもダントツのトップ。足元への悪質なファウルも数限りなく受けている。南アW杯での不調の原因もJのある選手のファウルがもとになっていた。
俊輔より1歳下のガンバの遠藤選手の試合を見ていてもピンポイントで光る職人技はあっても、総合的に闘える力は俊輔には及ばなくなっている。若い頃は天才的なスペシャリストとして大切に育てられてきた俊輔は、体力がない、タックルもヘディングもできないと言われてきたが、今の中村俊輔にスタミナがない、タックルもヘディングもできないという人はさすがにいなくなった。もしそういう人がいたら彼らはJリーグを見ていないことを露呈することになる。最近はスペースに飛び出してゴールをねらうFW並のプレーにも意欲的だ。こんな選手をマリノスだけが独占しているのはもったいないと思うこともある。
トリッキーなプレーでは中村俊輔よりすごい言われていた松井大輔がこんな姿でいいのかな?いいはずないじゃないか、松井大輔!

帰りがけ、JR諫早駅でジュビロサポのご婦人と言葉を交わした。
「ジュビロが弱すぎて驚いたでしょう」と悔しそうに言われた。「怖くなかったというのが本音です」と答えると、それはサポーターさんの歯痒さでもあるらしく「一度落ちるところまで落ちないと駄目なのかもしれない…」と自分に言い聞かせるようにため息まじりだった。ジュビロとともにサッカーを見続け、輝かしい時代を経験してきた方の悔しさが伝わってきた。
サポーターはどこを応援していても、共通する心根がある。お互いに理解し合いながら「次節は勝ちましょう」と讃え合うしかない。
ジュビロの栄光、再び!
それより早く、VファーレンはJ1でジュビロを迎えたい。




****署名お願い*************
長崎市茂里町にフットボール専用スタジアムの実現を!
~建設に向けて10万人署名活動実施中~

WEB署名はこちらから!

*************************
[PR]
by windowhead | 2014-09-17 13:14 | Vファーレン長崎 | Comments(4)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧