タグ:日常のできごと ( 60 ) タグの人気記事

弾く音楽は栄養になります

b0009103_01180865.jpg
10年ほど前ガンで亡くなった弟の友人が思いがけないものを届けてくれた。
弟の若いころの仕事のパネル
仲畑貴志氏に師事してコピーライターになった弟が最初の大きな賞をもらった仕事の一部。
YAMAHAエレクトーンの「ドレミは弾くからおもしろい」というコピーで全国展開したシリーズのもの。
このミルクのコップの下には「弾く音楽は栄養になります」というコピーが書かれている。
その友人の話では、このポスターは卵とミルクと野菜か果物の3連になっていたらしい。それぞれに違ったコピーが書かれていたのかな?そうなら、どんなコピーだったのだろう。
広告の仕事というのは消費されていく仕事なので形が残るのは少ない。そんな中でこのパネルはよくぞ30年近く生き延びてくれた。友人が代官山の弟の部屋に遊びに行った時、3連の1つをもらって自室においてくれていたらしい。私も遊びに行っていたので懐かしい。その頃の代官山は大使館の多い美しい街並みでヒルサイドテラスのトムズサンドイッチやハリウッドランチマーケットなどが弟のお気に入りだった。もしかしたら、この一連のポスターはトムズサンドイッチにインスパイアされたのかも。

そして「YAMAHA」
奇しくも今シーズン中村俊輔選手の移籍で身近になった[YAMAHA」の文字
なぜだかその移籍を気持ち良く受け入れられたのは、こんな細〜い細〜いつながりがあったからなのかな?
サッカーの応援をしていると、様々なメッセージの伝え方をみる。
ゲーフラ、横断幕、フラッグ、コレオグラフィー、アンセムソングやチャント。
伝えるメッセージも励ましや応援、感謝や思い入れ。面白いのはみんな「だれかのために」であって自己主張ではないところかな。

明日の(厳密には今日になっているね)スタジアムは「ジャパネット」への感謝のコールや文字でいっぱいになるだろう。
準備不足の私は、タンスの奥から引っ張り出した2014年シーズンのユニフォームを着ることにした。
胸には旧ジャパネットのロゴとジャパネットたかたという文字、背中にはリンガーハット。背番号10番は当時のキャプテン佐藤由紀彦。このユニフォームに感謝と共闘のメッセージを託そう。

[PR]
by windowhead | 2017-03-18 03:07 | 言葉を拾う | Comments(0)

ファッションと音楽熱ふたたび!

よれよれカーキのトレンチの上に羽織るストールにょうなものを思案しながらファッションTVを見ていてすごい衝撃をうけてしまった。
今朝はもうそのことて頭いっぱいでネットをザッピングしまくっている。
ファッションTVで見たのはバーバリー プローサムの15,16秋冬コレクション。
このショーは昨年末か今春始めに行われたものだからもうすでに1年。おそらくこの秋冬のレトロなポンチョやフリンジなどはこのショーの影響なのかも。
バーバリーが大儲けの土台になっていた日本企業とのパテント契約を解消して大衆化から方向転換したのは賢明だったなあと思わせるようなショー。
たしかに日本のデパートにあったバーバリーは英国のバーバリー製品とは全く違うものだったけれど、日本人はデパートのバーバリーをこぞって買っていた。デパートのバーバリーはバーバリー社のものではなくて、パテント契約した日本の会社が作っていたもの。パテント契約の製品は日本の大衆のちょっと背伸びして身につけるブランド品として普及したけど、それが海外にまで出てしまうと(中国富裕層の爆買などで)バーバリーの世界的な価値を落とすという諸刃の剣的な心配もあってバーバリー社は日本の企業とのパテント契約を解除したという話を何かで読んだ。

衝撃を受けたのはバーバリーのショーの中での生演奏していた歌手。正確に言えばその歌手の歌声。
彼女はクレア マグワイアという英国の期待の女性アーティストらしい。
日本ですでに騒がれてもいいのではないかというくらいの容姿と歌唱力を持っている人だった。
もちろん日本でもすでに彼女の音楽はリリースされているが、「クレア マグワイア知ってる?いいよ〜〜」という声はあまり聞かない。
なんでだろう、おそらくその歌声が日本人のかわいいっ娘好みに合わないのだろう。
骨太の歌声。それも厳しい風土から育ったような骨太さと陰影を含んでいる。
綺麗な高い声や、かわいいしぐさと明るさが好きな今の日本人向きではないのだろう。

そういえば久しくCDを買ったり、歌を有料でダウンロードしたりしていない。
手元でなんども聴きたいなあというほどの歌にであえていない。
最近買ったのは「トレモロイド」の古いCDかな。なんとなく70年代末から80年代ごろの雰囲気が感じられて懐かしさで買って聞いている。
クレア マグワイアはぜひとも手元で聴き続けたい歌声。
身近に音楽を流して聞いていたいと思わせる歌手(あえてアーティストと言わない、そう名乗ってごまかしている下手くそな歌手の多いこと!)に出会えたことで自分の中でも音楽熱が再燃してきた。
ありがたいことにファッション熱もいっしょに。(来年はおそらくもっとファッションの近くにいることが日常になる。だからファッション熱が再燃は必須だった。)

これだけ語っても独りよがりでつまらないはず。
そこで、この映像を!

「London in Los Angeles」

今年4月、バーバリーのヴィヴァリーヒルズショップのオープンを記念して行われたショーの映像。場所は LAの歴史的建造物・グリフィス天文台。セレブがいっぱいの中で繰り広げられるショーで歌っているクレア マグワイアのかっこよさ!
曲はなつかしい「朝日の当たる家」..
ランウェイサイドの真ん前にアナ・ウィンター(プラダを着た悪魔のモデルになった米ヴォーグの名物編集長)がいる、その横にビッド・ベッカム一家の姿もチラリと。
とにかく圧巻の映像。
そして耳に残るクレア マグワイアの歌声!
ブラボー!


○Burberry Prorsum「London in Los Angeles」
[PR]
by windowhead | 2015-10-30 14:06 | 至福の観・聞・読 | Comments(0)

平和な日常を守るために

ここに書くべきか迷ったけれど、やっぱり書いておかなければ後悔する。だから意思表示しておこう。
あす7月15日、安全保障関連法案を審議している衆院特別委員会でこの法案の強行採決がなされようとしている。
国の姿を変えるかもしれない、場合によっては主権在民の民主国家を滅ぼしかねない法案をこんなに短い審議で採決にまでもっていくとは、健全なころの自民党なら内部で歯止めがかかっていたのだろうが、今の自民党にはその知性も内在していないようだ。傘下の庶民には平和を守るといいながら自民に追従する党もある。強行採決が行われれば、間違いなく私たちの平和的な生存権は少しづつ狭められていく。戦争に巻き込まれる確率は格段に高くなる。このままでいいのだろうか。

まだ子供が小さかったころ平和運動に参加していた。
初恋も知らず散っていく少年兵たちに我が子を重ねて、せめて我が子が恋をして女の子と付き合うようになるまでは絶対に戦争は起こさせないって行動しようねと活動していた。熱心な活動家ではない私でも、イラク戦争への自衛隊派遣反対や人質救出支援のためのビラ配りや街頭募金などに積極的に参加していた。子供がその年齢を過ぎるまでの短い期間の活動でも、同じ考えで世の中のお母さんや恋人たちが行動すれば平和は続くはずだ。そう思っていたけれどそうでなくなりそうな気配が濃くなってきている。

昨年多くの人が感動したという「永遠の0」のような時代には絶対になってはいけない。親や妻子や恋人を守るために戦いに行くなんてことを最愛の男たちにさせてはいけないよ。そんな事態になるまで私には関係ないことと耳をふさぐのは、大きな罪作りだと思う。
男たちが戦場に行くという最悪の事態になる前に、女たちが男たちを守るって気構えはどうだろう。
平和憲法の改正に反対だ、平和を守りたい、最愛の⚪️⚪️を戦争から守りたい、という意思表示をすることや行動に起こすことは小さいけれど一番の力なのだと思う。
⚪️⚪️のところは具体的に自分の大切な人を入れてみるといい。家族もそうだろう、恋人や友人ももちろんだろう。私なら大好きなサッカーチームの選手たちも守りたいし、スタジアムで出会う気のいい若者たちも守りたい。健康で健全な心身を持ち、for the teamの献身と戦う勇気があり、身体的スキルの高いサッカー選手たちは徴兵があれば真っ先に対象になりやすいと思っている。実際に過去の戦争で多くのサッカー選手たちが戦死している。大好きな我がチームのあの選手この選手たちがサッカーができなくなるような時代にならないように平和存続のための意思表示しなければいけない。

最悪、強行採決で決まっても、それで終わりと諦めないで、それを施行させないように声をあげなければいけないのだろう。
本当に大切なものをどうやって守るか、ひとりひとりが問われる時代になってくる。
[PR]
by windowhead | 2015-07-15 02:09 | 日日抄 | Comments(1)

ん、もう〜なにやってんだか!

4ヶ月ぶりにホームで勝利に大喜びした矢先、なんとなんと社長の不祥事が〜。
交通事故。出勤途中に信号待ちの車に追突し、玉突きになって3名の方が負傷されたらしい。原因は内田社長がアクセルとブレーキを踏み間違えたことらしい(長崎新聞記事によれば)

Vファーレン長崎からは、夕方くらいには公式ホームページにその旨がリリースされていた。
素早い対応と見る人もいるだろうが、朝の事故、おそらくマスコミ取材もあり、翌朝の新聞への掲載は間違いないとのことで、発表せざるを得なかったというのが本当のところじゃないのかな。

Vファーレン長崎からのリリースは 
「弊社代表取締役社長 内田正二郎による交通事故のご報告」
この文にFacebookのいいね!が3万となっているが、なにがいいね!なんでしょうね。
対応が素早かったとか、隠さなかったとかいうことかしらん。
この文章をみて、あら不思議と反応した人も多いんじゃないかなあ。
「弊社は内田に対して厳重注意を行うとともに……」
あの〜会社の責任のトップである社長が起こした不祥事に厳重注意を行うのは誰なんでしょう?株主?
って、言いたくなりませんか?
「取り合えず」感がだだ漏れに感じるんですけど。
これで、不祥事の責任は内部でなあなあで落ち着くんじゃないかしら。
8月31日、宮田前社長との事務引継が終わり、新社長としてしっかりしてもらわなければいけないところに、この事故、本当に腹が立ちます。

100歩譲って、被害者となられた方が比較的軽症だったこと(公式発表によれば)と、事故を起こしたのが選手じゃなかったことにホッとしています。
決まった練習場のないVファーレン長崎の選手達は、毎回いろいろなグランドに移動して練習をしています。大村だったり、長崎だったり、島原だったり…これ市を跨いでいるんですよね。
長い距離を自分たちで運転して移動している選手達。
交通事故の危険性は他チームに比べて凄く高いとおもうのです。きっと彼らは、厳しい練習後、ヘロヘロになりながらも、事故を起こさないように緊張して長い距離を移動しているのだと思います。
そんな状況にあるなかでフロントのこのような事故は、選手に対して本当に申し訳ないと思うのです。
本当にしっかり緊張してクラブ運営をしていただかなければ、選手達から見限られてしまいますよ。選手がいなければクラブは成り立ちません。魅力的な選手がいなくなれば、スポンサーだってファンだって離れて行きます。
社長の事故はこれくらい大きな影響があるんですよ。分かっていらっしゃるのだろうか。
形に見える責任の取り方をしていただきたいものです。

選手のためにも、できるだけ早く練習場を!
戸石の練習場はまだなんでしょうか。
[PR]
by windowhead | 2014-09-04 12:39 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

音楽を殺さないで

ASUKA氏の覚せい剤逮捕で「チャゲ&飛鳥」の歌が街から消えようとしている。
世間から非難されると思ったのだろうか、その前に自分たちは良識の人だと見せたいためだろうか、彼らの所属事務所やレコード会社やショップが早々と「チャゲ&飛鳥」のCDやDVDやネット配信の音楽まで人々の前から消してしまう決断をした。
この良識人ぶった自己規制は行き過ぎではないのかしらん。

たしかに「チャゲ&飛鳥」の一人が反社会的な行為をした。厳罰に処すべき行為なのだろう。
しかし、彼らが作った音楽に罪があるのか?
まして、ずっと昔、彼らが若者だった頃作った音楽までも覚せい剤に汚れているというのだろうか。
罪を犯した人間が作ったものに触れることは触った者まで汚れるというのだろうか。

チャゲ&飛鳥のファンではないので彼らの音楽のことはあまり知らない。それでも『YAH !YAH !YAH!』などを耳にするたびに「なんだか元気がでる曲だなあ、名曲だよね」と思ってしまう。今でもこれからもこの曲に力をもらう人たちは多くいるのだろうと思う。

作った者の罪で作品の「商品としての価値」は下がるだろうが、「質」は変わらないはず。変わったとしたら、それは聞いていた人の気持ちが変化したからだろう。本当に音楽が好きな人たちは、歌手や作者のネームバリューで音楽を判断しないはずだ。

モーツアルトだって生きていた時はハチャメチャで自堕落で罪も犯している。ビートルズもポールが麻薬を所持していたということで日本政府は日本での公演を許さなかったこともある。それでも彼らの音楽まで縛り隔離することはしなかった。だからこそ今でも名曲は名曲として、後の世の人々が楽しむことができている。

罪を犯した人はその罪で裁かれる。
でも憎むべきは罪であって、その人格ではない。
「罪を憎んで、人を憎まず」が日本の司法の原点ではないのか。人は更正できるという前提があるはず。
今の日本社会にはその原点に気持ちを及ぼすことなく、汚れたもの怖いものは自分の周辺からきれいさっぱり消し去って、自分の周辺が平和であればそれでいいという気分がただよっている。
今回のことも音楽を殺そうとしているのは国の権力ではなくて、音楽会社という本来彼らの味方であるべき側だということが悲しい。
「保身のための自己規制」こんな姑息な人たちの財産やちっぽけな名誉を守るために音楽が隔離され抹殺されていく。それはやはりおかしいことだと思う。そして、彼らの音楽を隔離することから不正コピーなどの犯罪を生むことにだってなりうる。これは音楽関係の人たちだけの問題ではない。でも音楽者たちから音楽の自然なありかたを守りたいという声が聞こえてこないのも寂しい。

「チャゲ&飛鳥」の音楽が後の世に残るものか、ここで消えるものかは、音楽を愛する普通の人たちの行動が時間をかけて自然と決めてくれるのだと思うし、それが本来の姿ではないのかな。
[PR]
by windowhead | 2014-05-21 09:09 | 至福の観・聞・読 | Comments(2)

「生存指導書 ー生き抜くために」のこと

長いことブログを書いていると、書いた本人も忘れていたような文章に思いがけないアクセスがあって驚くことが多い。最近も2007年4月17日に書いた「手帳にメモした「生存指導書」の巻頭言」という文章に多くのアクセスがあっていた。おそらく韓国の痛ましい海難事故が要因なのだろう。
テレビで、傾いて沈んでいく船に装備されているのにほとんど使われないままの拡張式救命筏が映し出された。すでに沈没しかけている船の救命筏が使われていないことを想像する。とても悲惨な映像だ。

b0009103_7154217.jpg

アクセスのあった昔の文章には、拡張式救命筏の中身について書いていた。
救命筏の装備品の中に耐水性のある紙に印刷された「生存指導書ー生き抜くために」という200ページ弱の冊子がある。
食糧や水の注意のほか、釣りの方法、陸地発見方法、応急手当て、救難信号の使い方やボートの修理方法まで、遭難の際の重要事項が日本語と英語で書いてある。
その冊子の最初にはこんな文章が書かれている。

「生き抜くために、望みを捨てるな
救助は必ずやってくる。
遭難、漂流と人生最悪の極限ではあるが、
強い精神力で3日は生き延びよう。
後は10日も生きられる。
海は不毛の砂漠ではない。
食料の魚、プランクトンもある。
又、魚肉の50~80%は真水である。
船が沈んでも世界はある。
何も恐れることは無い。
過去の遭難の犠牲者は海の為に死んだのではない。
恐怖のために死んだのである。
飢えや渇きによって死ぬには長時間かかる。
最後の1秒まで生き延びる努力をしよう。
死を急ぐ理由は何にも無い。
家族が待っている。」


「生きる希望と生命力は比例するといわれます。望みを捨てた時が、終わりの時です。どんなに絶望的な状況でも『生き抜こう』と思うことが、生還の第一歩です」「もし数人で漂流した際は、団結です。仲間が多いほど知恵が生まれ、生還のチャンスが広がります」と仲間と励まし合えば恐怖を乗り越え、希望を持ち続けられるとも言っている。
救命筏には、小さな室内灯がついていて、「生存指導書」が読める明るさになっているらしい。

私たちの日常でも、「生存指導書」が教える精神は大いに役立つ。
大きな災害が続いて、非常時の物品の準備をしている家庭は多くなっているだろう。でも気持ちの準備はむつかしい。
希望を持ち続ける精神状態を作ることがとても難しい世の中になっているのかもしれない。
それでも「希望を持って生き抜くぞ!」というプラス思考を身につけよう。

改めて「生存指導書」のことを思い出させてくれたアクセスに感謝!
[PR]
by windowhead | 2014-04-23 07:18 | 私的危機管理 | Comments(3)

さあ、いよいよ始まるね

TV前で待っているJ1開幕戦
「サンフレッチェ広島」VS「セレッソ大阪」
まっさきにサンフレッチェの試合が見られる幸運
マリノスの試合が明日になったので、今日はゆっくりとサンフレッチェ応援ね。
フォルランフィーバーのせいか、なぜか王者サンフレッチェは開幕戦をアウエーで闘うことに。
サッカー協会やらサッカー関係者はなぜかサンフレッチェにつれないと感じるのは思い過ごしかな。
まあ、サンフレッチェというチームはそんなことぶっ飛ばすくらいの勢いで発進してくれることを願います。


あすはVファーレン開幕戦。
もちろんスタジアムいきます!!!
「有光亮太・松橋章太メモリアルLEGEND AGAIN V・ファーレン長崎OB戦」があるので早めに行かないとね。

b0009103_14124375.jpg

レジェンドといえば、昨日知り合いのお嬢さんから素敵なプレゼントをもらいました。
私がVファーレンの応援に行っているということをお母さんから聞いてプレゼントしてくれたものは
なんとJFL時代のVファーレン長崎の選手のサインです。
こんど中学生になるお嬢さんが小学生のときにもらったものをいままで大切にしていたんですね。
6年くらい前のもののようです。
そんな前のVファーレン長崎のことは私も知りません。
だからこれがだれのサインか わかりません。
ご存知の方、教えてください。

明日は、さっそくヴィヴィくんバッジを買ってお嬢さんにおみやげにします。
ヴィヴィくんバッジがかわいいと思ったら、スタジアムに一緒に行こうねと伝えましょう。
あたらしいグッズが、特にヴィヴィくんグッズが増えていることを期待しながら、明日を楽しみにシーズンパスとマフラーの準備です。
あ、雨具もいるのかなあ
[PR]
by windowhead | 2014-03-01 14:13 | Vファーレン長崎 | Comments(2)

終わっていないことを忘れない

朝のタイムラインに流れてきた記事

雪多い会津に「浜通り」の被災者 過酷な3度目の冬
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140212-00000520-san-soci
東日本大震災からまもなく3年。東電福島第1原発が立地する福島県大熊町は原発事故以降、全町民の避難生活が続いている。このうち人口の約2割、2500人ほどは、雪が多い会津地方の仮設住宅や借り上げ住宅などに入居。福島県の海岸線沿いの「浜通り」地方にはない、過酷な3度目の冬を迎えている。(記事の一部を引用した)

福島第一原発、雪からセシウム検出
http://www.huffingtonpost.jp/2014/02/11/fukushima-daiichi-nuclear-power_n_4770074.html

3年目の春が来ようが、東京五輪が決まろうが、まだ終わっていない。
何もできないが、被災者の最後のお一人が終わったと言われるまで忘れない。
それくらいは私にもできる。
脱原発を支持することも。
[PR]
by windowhead | 2014-02-12 12:01 | 日日抄 | Comments(0)

わぉ、しょーま!

b0009103_11482057.jpg

長崎市図書館のエントランスにはいつもVファーレン長崎のコーナーが置かれている。
そこに置かれていたホーム戦のフライヤー。
すでに終わった試合のフライヤーだけど、この写真の迫力についついいただいてきちゃいました。

ひさしぶりにインパクトのある広告に出会ったな。

水永翔馬選手。
Vファーレン長崎のFW 背番号15番 27歳なんだね。
Vファーレンサポの人が、翔馬がJリーグでどれくらい通用するか楽しみだねと言っていたっけ。
VファーレンのFWで一番期待してしまうし、彼が活躍するのはやっぱりうれしい。

このフライヤーの迫力が、いまのVファーレンの勢いを著しているみたい。
うまいなあ~と感嘆するプレーは確かに少ないんだけど、頑張るなあと共感するところがいっぱいある。
そのがんばりを応援し続けたくなる。
泥臭いのが地方クラブなんだから、泥臭く勢いのあるチームであり続けてほしい。

このフライヤー、なんだか捨てられないんだよね。
ついつい眺めてしまう。
写真は山頭さんなのかな?
彼はイラク攻撃のころイラクの子供たちを撮っていた人だよね。
そのころの写真展で1度会ったことがあるけど、心優しい若者だった。
Vファーレンの写真にも山頭さんの温かハートが感じられる。

そういえば5月は佐藤由紀彦キャプテンの誕生日だったとおもう。
由紀彦も36歳?
Vファーレンには、絶対に必要な選手。
由紀彦がいるからVファーレンを応援に行きだしたんだから。
[PR]
by windowhead | 2013-04-25 12:33 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

こどもたちはどこに

b0009103_163160.jpg

通っている詩吟のお稽古場は、いぜんは幼稚園だったところ。
今は障害者福祉サービス施設になっている。
だからちいさい木製の椅子は今は使われていない。
すこし高台の住宅地の幼稚園だったが、少子化で閉園したとのこと。
そういえばお稽古にいく道すがら小さな子供に逢わないなあ。

2,3日前、北鎌倉の友人夫婦が来崎した。
彼の故郷は千葉県香取郡。大利根用水付近の穀倉地帯。
首都にも近く、食料が自給自足できるような恵まれた土地柄。
平野のない長崎から見ると本当にうらやましい。
しかし、そんな土地でも、来年小学1年生がいなくて、廃校になる学校が出てきたとか。
山間や島の過疎地ではなく、都心に近い交通の便のいい農業地帯でも子供がいなくなっている。

今日の長崎新聞には、長崎県松浦市の県立松浦高校が数年前から定員割れしているという話。
県立松浦高校は松浦市にある唯一の県立高校。
そこが、定員割れって、どういうこと?
近くの平戸市や佐世保市の高校に行く子供が多いとのことだが、それでもその市唯一の県立高校が定員割れというのは、変な感じ。

やはり、それだけ子供の数が少なくなっているということなのか。
実感すると、寒気がしてくる。

日本のおとながあまりに勝手だから、ハメルーンの笛吹き男が子供をつれていった……なんてことになりませんように。
[PR]
by windowhead | 2012-12-26 01:45 | 日日抄 | Comments(0)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧