タグ:神崎大輔 ( 3 ) タグの人気記事

ルーズストッキングの反骨漢・神崎大輔選手

2016年12月18日は特別の日になった。
日本中をワクワクさせた大河「真田丸」の最終回と鹿島アントラーズとレアルマドリードのCWCチャンピオン争い。夕方から日本中が楽しんだ素晴らしいエンタテイメントの先駆けのようなイベントが西の端の長崎の商業施設の一角であった。え〜〜っ、うそ〜!と言われるかもしれないが、Vファーレン長崎のファンサポーターにとってはCWCや真田丸と同じくらい楽しく清々しいひとときだった。

「神崎大輔選手感謝の会」
2009年からVファーレン長崎に所属して8年、ついに最古参になっていた神崎大輔選手が今シーズンを最後にV長崎を去ることになった。Vファーレンのスピリットを受けつぐ選手である彼を慕うファンサポーターは大変多く、特別にトークショーとファンと触れ合う場が設けられた。
当時サポーターだった番記者さんと2009年から今日までを振り返り。昇格後の話になると、なんとサプライズゲスト。2013,2014をチームメイトだった現大分所属の山口選手=ぐっさんが登場。さらに、引退された藤井選手やレジェンド佐藤由紀彦選手(選手じゃなくなっても選手と呼びたいお二人ですからあえて)からのメッセージも届いた。
神崎選手の開口一番は「俺、これまでに役職もキャプテンマークも一度もないんです、洸一だってキャプテンマーク巻いたのに」だった。そこに「そういえば選手会長や副もやってないね」と突っ込む番記者さん。
そうなんだ、でもそれも彼らしい。
佐藤由紀彦選手を見るため、2010年だったか初めてVファーレンの試合をのぞいたときの神崎選手はルーズに落ちたストッキング姿でガンガンドリブルで攻め上がるロングヘアのやんちゃ小僧だった。長崎には原田さんや由紀彦さんや有光さんという絶対的な精神的支柱がいて神崎選手は彼らに可愛がられている熱血漢の弟分的存在に見えていた。無理もやんちゃもいっぱいさせながらスピリットを吹き込んだ彼らの後継者。そんな選手なんだなあと思って見てきた。
神崎選手に寡黙な大人の印象を感じたのは由紀彦さんがチームを去った翌年から。
練習場に見学に行くと、いつも最後まで黙々とランニングをする彼の姿があった。なんか哲学する人みたいな顔付きで走る姿は近寄りがたかった。一度だけ勇気を出してその姿に「かんちゃん、がんばって!」と声をかけたら、人懐っこい笑顔を返してくれてほっこりした気分になったけ。

神崎選手には2つの呼び名がある(もっとあるのかもしれないが私が知っているのは)

「「大輔」 と 「かんちゃん」

古くからずっとVファーレンを応援し続けている人たちは「大輔」と呼んでいるようだし、彼もそれが当たり前のように笑顔で応じている。
J2に上がってからのファンサポーターは概ね「かんちゃん」と呼んでいると思う。J2前からでも私もやっぱり「かんちゃん」のほうだ。
「大輔」と呼ぶ人たちが支えてきたVファーレンの苦楽の歴史を考えるとやはりそれは特別の呼び名なんだろうし、彼らと神崎選手にしか共有できない歴史なのだ。
それでも今では「かんちゃん」と呼ぶ人たちの方が圧倒的に多いと思う。それはJ2に上がってから彼が獲得したファンの数だ。本当にたくさんのファンサポーターを持っている選手なのだ。それほど魅力的な選手なのだ。

試合中、膠着状態になったとき、何かを仕掛けてくれる期待が持てる選手。ここぞというときの判断力が優れているというか、判断した途端に行動できる選手だ。躊躇がない。そこがすごく魅力的で、膠着した試合になると「かんちゃんなら…」と期待してしまう。

さらにチームの中で監督から一番叱られた回数が多いのは自分だと思うとの発言。それでも番記者さんの話では、だまっていても監督の考えを理解できる選手だと監督自身が言われていたそうだ。さらなる高みを求められていたのだろうか。度重なる腰の故障だったが、故障者も多くなってきたホーム最終戦に間に合わせるように彼は復活した。試合終盤になるとドローや負けの状態でもなぜか守備的になってしまう今シーズンのチームの歯がゆさが最終戦でも見られた。そんな中で神崎選手は終始アグレッシブだった。戦う気迫がみなぎっていた、やりすぎて叱られないかなと思うくらいに。ホーム最終戦後、泣きはらした顔で挨拶する神崎選手の姿に、ケガがちだったこともあって引退なんだろうと予想したサポーターも多かったと思う。私もその一人。

クラブからの契約満了の知らせがでたとき引退を覚悟したが、なんと神崎選手は、現役を続けるという。
まだ戦うサッカーをやりきってないよということかな。さすが、反骨魂あふれる選手。
その言葉がとても嬉しくて、最後の練習後に、神崎選手から初めてサインをもらった。初めてのサインなんですよというと、えー何度も話してますよねと驚かれたが、彼のユニを着ているわけでないのでたやすくサインもらえないでいた。
由紀彦さんのサインが書かれたマフラーを渡してレジェンドマフラーだから書いてくださいとお願いすると「僕はレジェンドじゃないですよ」と言われる、私の中ではレジェンドなのでと強引に言って由紀さんのサインの上の白い部分を勧める。由紀さんの上はちょっと〜と尻込みするので、じゃあ裏側に書きますか?というと由紀さんの側がいいと。本当にお兄さんに寄り添いたい弟みたいでほほえましい姿だった。

トークショーが終わると、来場者一人一人ときちんと会話しながら握手して送り出してくれた。その後も名残惜しそうに残っているファンやサポーターのために時間の許す限り一人一人と写真撮影やサインに応じてくれた。そんなサービス心に甘えて、これまでどうしても聞きたかった「あること」を尋ねてみた。

「最初にプレーを見たときからずっと気になっているのですが、あのぐにゅぐにゅに落ちるストッキングは故意にやってるの?それとも自然に?」

大笑いしながらの答えは
「膝までピチッとは締め付けられてるみたいでいやだったから故意にずらしてたら、さらに落ちてきて……よく叱られました!」(だ〜よね)
ちなみに脛当てもつっぱりそうでいやなので一番小さいのをしているのだそう。
そして、最後に、「そんなところまで見ていてくれてありがとうございます」と。
いやいや、私だけじゃないよ、みんな君の一部始終を見てるんですよ。それほど愛されているんですよ

最近とみに感じる大人の漢の佇まいとは裏腹にまだまだ負けん気でやんちゃな根っこは健在の31歳。
次のチームでどんなプレーをみせてくれるのだろうか。
青とオレンジ以外のユニフォームで戦うルーズストッキングの反骨漢を新たな気持ちで応援したくなってきた。
「かんちゃん、目一杯熱いサッカーを楽しんで!」

b0009103_16495890.jpg

[PR]
by windowhead | 2016-12-19 16:50 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

スタジアムがくれた交流とプレゼント

b0009103_17453475.jpg


27日のホームジェフ千葉戦のスタジアムでもらったプレゼント。
贈り主さんは高校1年生の女の子。
Vファーレン長崎の応援にいくようになってご両親と知り合った。
ある日、お嬢さんと本の話になって、恩田陸の「夜のピクニック」の話に及んで意気投合。
最近、周囲に青春っぽい本の話をする人がいないので、彼女との話はすがすがしくていろいろと本の話をしたり、すでに読んだ文庫本を渡したりしていたのだが、まさか彼女から本のプレゼントをいただくとは思ってもいなかった。
「私がいまとっても気に入っている作家さんです。これからもいろいろ本を通して交流させてくださいね!」って、元気な笑顔で渡してくれたのが、この本。
村山早紀さんの「コンビニたそがれ堂」
村山早紀さんはたしか長崎出身の作家さん。そのせいかこのちょっとファンタジックな物語が懐かしく可愛く感じられて気持ちがいい。
スタジアムではとっても元気のいいお嬢さん。
Vファーレン長崎の神崎選手が「僕が長崎に来た頃小学低学年だったサポの女の子が今年高校生になったんです」と何かのインタビューで言っていたのを見たが、おそらくこのお嬢さんのことだと思う。
私が出会ったのはさすがにそれよりずっと後だけど、それでもお子さんという感じで見ていたのに、一緒に本の話ができる少女に成長したんだな。
3世代以上違う若いお嬢さんと共通の話題でお話ができるなんて、考えもおよばなかったなあ。
彼女が今後どんな本を読んでいくのか、すごく興味があるし、リアルなところでもどのような青春時代を送るのか楽しみで見ていたい。
素敵な高校生活が送れますように。
そしてスタジアムではいつものように男の子顔負けな元気を発揮してほしい。
そして、できるだけたくさん彼女の笑顔が見たいから、Vファーレン長崎の皆さんには清々しいプレーでできるだけたくさん勝利を積み上げてもらいたい。

この本は、スタジアムでもらった若いお友達との交流の記念品!
大事な1冊。
あらてめて、ありがとう

スタジアムではたくさんの人たちと知り合う。
おそらくサッカーがない日常だったら知り合わない人たち。
いつもみなさん、付き合ってくれてありがとう!
サッカーのある日常に感謝したい。
[PR]
by windowhead | 2016-05-31 18:36 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

前への勇気をふたたび

Fマリノスの勝ちゲームの録画を見て、勢いを付けて向かったVファーレン長崎のホームゲーム。
対戦相手はJ2最下位の富山。前期アウエーでは雨の中アディショナルタイムに失点して負けている。いくらなんでもホームで最下位チームに負けるわけにはいかないだろう。それに今のまま勝ちから遠ざかると降格という言葉も笑い話ではなくなってくる。

そのプレーを楽しみにしていた選手たちがレンタルで出されたりで正直Vファーレンを見続けたいという気持ちが薄らいでいたが、だからといって放っとけない。金曜日には応援仲間のSさんと練習まで見に行く始末。なかなか興味深い練習も見せてもらった。その効果がでるかな?

富山戦はSさんが体調不良でスタジアムに来れず、お一人様観戦になった。
とにかく勝ててよかった!
勝ててよかった、本当に勝ててよかった!
4ヶ月ぶりのホームでの勝利。
最後の最後、小松選手の前へのドリブルからのシュートが入ったときには、ほっとすると同時に涙が出そうになった。
スタジアム中が久しぶりに意気揚々と盛り上がっていたし、帰って行く人、日没のなかでも分かるくらいの笑顔がいっぱいだった。

この日の収穫は2つ
1つは勝ったこと。
そしてもう1つは、昨シーズンからいた選手達が輝いていたこと。
新戦力が投入されてスタメンが減ってきた小松選手。でも大切な一戦で結果を残してくれたのはまぎれもなく「るいるい」。昨シーズンからの選手が放出され新しい選手が補強されたこの夏。しかし、補強された選手達から満足のいく結果をもらっていない。私は今でもこの夏放出された選手達にこだわっているし、昨シーズンからがんばっている選手達を信じている。るいるいと神崎君の後半の状況打開に「彼らを信じてよかった!」って気がしている。

この試合、どんな入り方をするかなあと見ていた。
決して悪くはないんだけど、ぬるい。
しっかり守れているからむやみに仕掛ける必要もないのかもしれないが、なんとなく相手に合わせているようにまったりとしている。
相手に攻撃を許さないくらいしっかりと守れているのなら、どんどん攻めようよ!
もっとタイトにプレス掛けてセカンドボールしっかり拾ったらカウンター仕掛けてもいいじゃないよ〜!
相変わらずパス回しにこだわったようなパスを選択するシーンが多々ある。それでいてそのパスが通らない、合わない。縦にいれればいいのに狭いところでワンタッチのパスをつなごうとする。そこに打開は見えないのに。
FWの外国人2人が走れてないし、ボールに対して淡白すぎ、もっと走れよ!(これは今回ばかりではない。彼らが走らない分をカバーしているので奥埜くんの疲弊が激しいのだろう。そういえば奥埜君はいなかったなあ)
なんと前半無得点。後半で勝負なんて言っていられるチームじゃないだろ、うちは!って内心イライラしていた。
後半もノロノロした試合展開。
ああ、マリノスの試合を見てくるんじゃなかったなあ。マリノスはものすごい集中力で前に前に攻めていた。36歳の中村俊輔が最前線から自陣ゴール前まで休みなく走ってチームを鼓舞して闘っていたし、全員が早く得点とることに集中していた。
なにが違うんだ!
そりゃあ、長崎には中村俊輔はいない。でも昨シーズンの長崎は、あのマリノスのようにサボらず前に前に走っていたよね。スタミナだって、しぼりだしてがんばっていたよね。
きっと足りないのは前に仕掛ける勇気なんだと思う。
上手な選手が増えたけれど、技術が上がった分だけがむしゃらさが消えて、勝てなくてもがく間に、ミスをしたくないって臆病になっているんじゃないかなあ。
そんな気がしてきた。
今、自分のプレーに自信を持ってきた選手を投入すべきだよ!神崎いれてよ〜。
神崎選手がはいったら、少し変化がでてきた。
そこに、スティッペに変わって小松塁選手が入った。
彼は、純粋に前に仕掛ける。いつもその途中でボール失ったり、転んだりするけれど、前への意識はとても強い人。期待できるかも。
って、思ってみていたら神崎君からのクロスをしっかりと頭で合わせてゴール。
そして圧巻はドリブルから持ち込んでの2点目。
小松選手の自分を信じて前にチャレンジする勇気に神様がプレゼントしてくれたんだと思う。

この勝ちを次に活かして、つぎは隼樹からゴールを奪う!


*************************
長崎市茂里町にフットボール専用スタジアムの実現を!
~建設に向けて10万人署名活動実施中~

WEB署名はこちらから!

*************************
[PR]
by windowhead | 2014-09-02 10:24 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧