タグ:Vファーレン長崎 ( 185 ) タグの人気記事

晴れときどきVファーレン

J2の新参者・」Vファーレン長崎が快進撃を続けている。
今シーズンはかなり厳しい試合が続くだろうから、諫早だけど、なるべく応援に行きましょうね。
と、いつもご一緒する女医さんと話していた開幕前。
ところが、ところが、あれよあれよという間もなく九州の先輩チームを抜いて、3位だの4位だのとできすぎです!

Vファーレンの快進撃のおかげで、最近いろんな人から「調子いいですね!」のお声をいただく。

先日、通っている歯医者さんから「ヴィファーレン、すごいじゃないですか~」と。
歯医者さんの息子さんはF・マリノスの兵藤選手の中学後輩。歯の治療を受けながらサッカー談義で治療が億劫ではなくなりました。中学生SBくんは欧州サッカー番組ばかり見ていて、Jリーグには興味ないらしい。「5月19日はかきどまりであるから、近いですよ」と仲間を増やすPR。

朝、マンションの1Fで新聞を取ってエレベーターに乗ると、一緒に乗っていた初老の男性から、「長崎のブイファーレンというサッカーチーム、強いですねえ」と、朝の挨拶代りのお声かけをもらった。
「ブイファーレン」ですよ、やっぱりまだ皆さんそう呼んでいます。
「そうですね~。ヴィファーレンはJ2が22チームあるなかで今3位なんですね。」と、自然な感じで読み方訂正を挿入。「長崎でもやるんですかね?」「諫早が多いんですが、5月19日には長崎でもやるんですって。かきどまりですからら車ですぐですよね」とPRしているうちに自宅の階に「あ、お先に~~」

各地の俊輔ファンのお仲間からも、メールやtwitterで「ヴィファーレン快進撃、おめでとう!」のメッセージが届けられる。
あいちゃんママさんからは「ヴィファーレンがJ1に上がってくれると、俊輔応援で長崎に行けるから、楽しみですぅ」なんて、もうこっちがおたおたするようなメッセージまでもらっちゃった。
えー、もしやもしや俊輔マリノスとヴィファーレンが戦うことになったら、どうしよう。
やっぱりここは地元をうらぎっても私は俊輔マリノスの応援席にいくだろうけど…。
なんといっても俊輔を応援してきた歴史があるからなあ。地元に不義理してもそこは譲れないところ。
などと、つい深く考えてしまう。

長崎の町の人達も、少しづつファンが増えているのかな。
3月終わりごろだったかな、浜町の観光通りアーケードを万屋町方向に歩いていく私服姿の幸野選手を見かけたんだけど、だれも反応していなかった。(垢抜けたオシャレさん)
先日26日だったかな、興福寺でのお能の鑑賞会に行く途中、中央橋でビラ入れするヴィファーレンの選手たちに出会った。ちらしを貰って顔を上げると水永選手だったので「あ、水永選手ですね、がんばってください!」というと、水永選手、あっけにとられていた。まさか、おばさんから声を掛けられるとは思っていなかったんだろうね。(水永選手は、近くで見るとすごーくオトコマエでした。俳優の加藤雅也似)
サッカーはおしゃれや顔でするんじゃないけれど、イケメン度が高いことも、Vファーレンはアピールしなきゃね。

Vファーレンを応援に行って、試合では満足できても、運営で満足させてもらったことはまだない。
会社のほうも初めてのことでいっぱいいっぱいなんだろうけどね。
勢いのあるうちにいろいろ試みるほうがいいと思うんだよね。
「ヴィヴィくんぬいぐるみ」つくるとか(とどさくさに紛れて言ってみる)
ファンの質問やお願いや不満や提案などを受け付けてくれる窓口をつくるとか

なんだかんだ言いながらも、私の日常の中では、ヴィヴィくんとヴィファーレン長崎が楽しみの一部になってきつつある。
私みたいなライトなファンでも増えてくるとそこからまたつながりができて、さらに応援に行くことが楽しくなるのかもしれない。
おばさまファンの仲間が増えますようにと密かにねがっていま~~~す。
[PR]
by windowhead | 2013-05-02 16:24 | Vファーレン長崎 | Comments(2)

ロアッソくんも来てくれた!

b0009103_9554347.jpg


ヴィヴィくんとくまもん、一部の人たちの間で、垂涎の組み合わせ。
ヴィヴィくんとくまもんの競争やくまもん体操などサービス満点。
さらにロアッソくんまできてくれた!
ロアッソくんは、あくまでもロアッソサポと一緒にアウエーサイドから離れません。
もっと近くで見たかったけれど…熊本で会うのが正しい会い方ですね。

Vファーレン長崎とロアッソ熊本の「バトルオブ九州」
両チームレッドカード1枚づづという「バトル」を征したのはVファーレン長崎
え~~、なんとJ2で4位にまで上がっちゃった。
どうしましょ~~。

諫早ではじめてバックスタンドから応援。
この日は佐藤由紀彦選手がメンバーに入っていなかったのでちょっと残念だったけれど、
見つけました!
向かいのメインスタンドの3階席に出場していない選手たちがスーツ姿で観戦していました。
前半、相手ゴール前での競り合いで、長崎の下田光平選手にレッドカードが出て、下田選手退場。
悔しそうにうつむいて退場する下田選手の見ながら、メイン3階席を見ると、さっきまでいた幸野志有人選手の姿がありません。おそらく下田選手の気持ちのケアに向かったのでしょう。
下田選手も幸野選手も今シーズンFC東京から来てくれた選手。
おそらくキャプテン由紀彦が指示したんでしょうけど、下田選手の気持ちのクールダウンには一番良い相手だったでしょう。
下田選手。FC東京時代から知っているので愛着のある選手です。気持ち切り替えてがんばってください。

終盤ロアッソは北嶋選手が登場!
交代の名が告げられた途端気持ちが張りつめました。
ロアッソにゴールのにおいプンプン。こわ~~!
北嶋選手、やっぱり膝がかなり悪いのかなあ、思ったほど動けていませんでした。

長崎の33番、相変わらずイケイケ。
小さいけれど、強気のプレー。
山田晃平選手、お気に入りの選手です。

人の少ないアウエー側スタンドで、ひとり試合観戦しているロアッソくんが
とってもかわいかったなあ。

b0009103_1027663.jpg




b0009103_102727100.jpg
b0009103_10274538.jpg

[PR]
by windowhead | 2013-04-15 10:28 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

Vファーレン長崎応援2年生

Vファーレンのホーム開幕戦チケットの発売当日まで届いていなかった後援会会員券がその日の夕方ごろ届いたみたいで、翌日朝郵便受けにあった。
昇格記念の後援会会員募集に応募したので、なんかペナントみたいなものも一緒に入ってたよ。
ただね、昨年まで3000円の後援会会員にも自由席券が1枚ついていたけれど、J2になって5000円の会員になってもチケットはもらえないんだなあって、ちょっとがっかり。
ペナントより自由席チケットのほうがうれしいけどね。
はっきり言って、このペナント、扱いに困ってしまう。捨てるわけ行かないし、飾るほどのものじゃないしね。
でも、佐野監督のチームがJ2に昇格したという証だなあ思うと、やっぱりとっておかなきゃね。
佐野監督が作るチームのサッカーがだんだん形になっていくのが見えて、なんだかんだ言いながらもホーム戦は80%以上は行っているんだから自分でもおかしいくらい。

J2ホーム初戦ガンバ戦のチケットは、無事「カテゴリーA」が取れました。
「ローソンチケット」でね。
友人は、近所の浜町の「チケットぴあ」に行ったけど、発売日すでに売り切れと言われたとか。ゴール裏しかないと、ぴあスタッフがにこにこしながら言ったのが腹立たし~!!って。
当日の午後4時、ローソンで2人分ゲット!

そういえば、長崎なんて、チケットはプレイガイドで買うものと思っている人が多いのかも。
若い人はインターネットやコンビニでチケット買うのが当たり前なんだろうけど、おばさん、おじさんには、コンビニのロッピーみたいな機械で自分で入力してチケット買うのに慣れていない人が多いと思うのね。
「Vファーレン長崎公式ホームページ」は、10日の時点で、チケット購入方法がなかなか探しにくいところに書かれていた。おそらく、チケットを買おうと初めて公式ホームページにアクセスした人は、その記事を見つけきれなかったのでは。
ホームページのほうは、あくまでも新人ファンに向けた親切な記載をお願いしたいなあと感じた次第。
ホームスタジアムの地図や座席割など、掲載されてなかったけどなあ。

どうもVファーレンのフロントは、ファンやサポーターや選手より、もっとほかのほうを大事にしているような感じがして、ちょい不信感がまだ消えない。
地元PRのためにVファーレン長崎があるのではないのよね。
Vファーレン長崎がよりよく育つことで地元PRになる。
そこのところを、本末転倒してもらっては困るんだなあ。

地元メディアも、「地元出身監督のチーム」と高木監督押しでPRしているようだけど、それ、つまんないね。
サッカーは選手が主役。監督は彼らのプレーの質をあげるお手伝いをする人。
私はずっとこのスタンスでサッカーを見ている。

「プレイヤーズ ファースト」

b0009103_13383959.jpg


Vファーレン応援は2年目(ほんとは3年目だけど、初年は2試合しか行ってないから)の新人ファンだからV]ファーレンのことはほとんど知らない。
これからは、疑問に思ったことは、ここに書いて、先輩たちの意見を聞こうっと思っています。
[PR]
by windowhead | 2013-02-13 13:39 | Vファーレン長崎 | Comments(2)

ヴィファーレン長崎最終戦も勝ち!

b0009103_74832.jpg

Vファーレンサポーターが掲げるビッグフラッグの中
はじめてバックスタンド側で応援
サポーターさんたち、気合入っていましたがどこか楽しそう

なによりうれしいのは、佐藤由紀彦選手がフル出場。
随所に質の違ったプレーを見せてくれました。
ユキヒコ目当てですから、堪能しました。
試合後、優勝セレモニーには、一昨年のFマリノスのユニフォーム姿のユキヒコ。
背番号は3。
マツのユニフォームでした。
たしか天皇杯予選でマリノスと戦ったとき、マツとユキがユニフォーム交換していたとマリノスファンの方のツイッターで知りました。
きっとその時のユニフォームでしょう。
全てを相談していたマツがいなくなって、一人悩み苦しんだときもあった。これからも彼と一緒に戦っていきます。とのコメントです。
マリノスの俊輔もおなじような気持ちで戦ってきたんだろうなあ。
マツのユニフォーム姿のユキをヴィファーレンサポーターの方が撮影してツイッターにアップしてくれています。感慨深い勇姿をみてください。
http://instagram.com/p/SLIo3KGRWT/

来シーズンも「由紀彦」応援でいきます!


b0009103_7135293.jpg

もう1人のお目当て「ヴィヴィくん」
きょうも変わらずかわいかった。
ちっちゃな王冠とちっちゃなケープで、控えめにJFL王者のしるしなのかな。
来シーズンは、マスコットファンの間でヴィヴィくん旋風が起きるはず。
それ、一番たのしみです。

佐世保バーガーお土産にウキウキ気分で長崎に帰りましたよ。
[PR]
by windowhead | 2012-11-19 07:17 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

観戦日和(Vファーレン長崎)

b0009103_2321938.jpg

「明日のVファーレンの試合、雨でもいきましょう」
先日初めてVファーレンの応援に行った友人から思いがけない言葉が返ってきたので、ポンチョも準備していたら、気持ちの良い青空。
日焼け止めと帽子をもって出かけました。
Jリーグ昇格のための観客動員数の規定を聞いて、市民として少しでも手助けになれればという気持ちから、後援会に入会し、スタジアムに行きましょうと始めたVファーレン観戦。

先日のホンダFCに比べると、今日の相手は、勝てると思わせるチーム。
そのせいか、Vファーレン、試合の入り方がなんかゆるゆる。
もう一歩危険を冒して仕掛けてもよさそうなところで、最終ラインやキーパーに回して組み立てなおそうとすることしきり。前半は1ゴールしたものの、欲求不満に陥りそうな試合運びね。
後半少しアグレッシブになって3得点。
4-0の快勝で首位キープ。

先日の試合時、佐藤由紀彦の幕が見えなかったのでtwitterつぶやいたら、Vファーレンサポの方から返事をもらい、今日は「佐藤由紀彦」の幕が掲げられていました。私にとってはVファーレン観戦・応援の目的の大部分が佐藤由紀彦選手とVIVI君なので、この幕の存在はとても大事。Vファーレンサポーターの方々ありがとうございます。

あ、そういえば、今日「コーヒールンバ」を聞きました。
長崎の応援で「コーヒールンバ」を聞いたのは初めてです。ついトリコロールパラソルを回したくなりました。

古部健太選手が後半途中から入って得点したので、ついtwitterでつぶやいたら、マリノスファンの方から「古部選手の活躍はうれしい」という返信がありました。古部選手は、大学卒業後、兵藤選手と同期にマリノスに入団し、その後金沢に期限付き移籍し、今シーズンから長崎に来たということで、マリノスサポさんでもいまだに古部選手を気にかけて応援しているのだそうです。


試合終了直前に投入された佐藤由紀彦選手。セットプレーで、すばらしいコーナーキックを見せてくれました。残念ながらヘディングした人が枠に決めきれなかったので得点になりませんでしたが、由紀彦選手のキックの質の高さをしっかりと見せてもらいました。
[PR]
by windowhead | 2012-06-04 03:42 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead
プロフィールを見る
画像一覧