人気ブログランキング |

おかえりなさい組の逆転ゴール!

b0009103_11383567.jpg

Vファーレン長崎のルヴァン杯での立ち位置からすると、おそらくスタメンは総入れ替えに近いだろう。今シーズンは練習を見に行くチャンスがなかったので、リーグ戦に出ていない選手の状況がわからない。富澤選手のホームデビュー戦になるかもしれない。レンタルバックの吉岡選手、畑選手、香川選手のスタメンも期待できる。そう思うとどうしてもホーム湘南戦が見たくなり、雨具と寒さ対策をして仕事後トラスタに駆けつけた。
スタジアムに到着した時、ちょうどV長崎のスタメンがアナウンスされていた。
「ナカムラホクト」えっ、聞き間違いじゃないよね、北斗選手スタメン!J1湘南とガチに戦う試合で復帰するの!すごいサプライズだ。
V長崎のスタメンは
GK富澤  米田、鹿山、イサンミン、香川  磯村、北斗  大竹、名倉、大本  長谷川
サブに 鈴木、キュベック、亀川、新里、畑、吉岡 ハイロ

北斗選手は磯村選手とダブルボランチ、CBはなんと鹿山選手と合流間もないイ・サンミン選手というフレッシュすぎてこっちが戸惑うような組み合わせ。TMで怪我したみたいとの情報があった香川選手もしっかりスタメンでホッとした。なにしろこの日一番見たかったのは香川選手と大本選手の左サイドだったから。

湘南は梅崎司選手がいる。北斗選手と同じく諫早出身だ。それと鈴木冬一選手は総科大付属出身で吉岡選手の後輩にあたる。ワントップの指宿選手、でかくて強そう。若者センターバックたち止められるか?

試合開始直後に攻め込まれ富澤選手が一旦シュートを弾いたもののそこに詰めていた梅崎選手にゴールされてしまった。1点差のまま前半が終わり、後半入って、V長崎の攻撃は活性化してきたが、シュートまでなかなかいかない。
大本選手に代わって吉岡選手。
待ってましたとばっかりに、バクスタの私たちの背後でおじさんたちの吉岡コール!振り返ってみると吉岡選手とはなんの所縁もない吉岡さんとおもてなし主催のお仲間たち。我が子に向けてのような愛情たっぷりのコールが続く。吉岡、名倉、大竹と2列目はちびっこトリオ。でもそれぞれに視野の広さとテクニック、敏捷性、決定力と秀でた特徴のある3人。
そこに北斗選手と代わって、前への意識が強い新里選手が入ってきた。攻撃の勢いが見えてきたがゴール前に入れない。「このまま終わってもサブ組はJ1とトレーニングマッチできたと思えば悪くないよね」などと不埒なことを思ってたら、それを叱るように最後の交代はDFの鹿山選手に代えてFWの畑選手が投入された。「失点を恐れず点を取りに行け!」の合図だよ。
長谷川選手からのボールを追う畑選手。相手DFに内側を取られても諦めずにエンドラインぎりぎりまで追ってマイボールにしてマイナスのパス。そこに吉岡、名倉と二人が詰めていたが吉岡選手がシュートで1点返した。アディショナルタイムも終わる頃、新里選手が相手を3人も引きつけながら絶妙タイミングでパスを出すとそれを畑選手がキーパーの動きを見ながら落ち着いてゴール。このゴールもさることながら、その前の吉岡選手へのパスのシーンで畑選手の成長を感じた。以前のFW畑潤基ならあれほど粘り強くタッチラインまでボールを追わなかったと思う。どちらかというとカッコつけのストライカーっぽかった。でも今の彼は最後までボールを取ろうとして、取ったボールを仲間につなげる。その姿にちょっとウルっとなってしまった。
最後の最後に追いついて逆転して、昨シーズンのルヴァン杯の覇者湘南から勝利をもぎ取ってしまった。

めちゃくちゃ嬉しいゲームを見せてもらった。
なにより嬉しかったのはレンタル移籍から帰ってきた3人がとても頼もしくなっていることだ。
ヴェルディから帰ってきた香川勇気選手は実戦を積み重ねてきたことでさらに頼もしい侍のような選手になっていた。ヴェルディの選手としてJ1参入プレーオフを決勝まで戦ってきたツワモノだ。中村俊輔選手を見てサッカー選手になったという俊輔ファンなのでこちらも思い入れがある。プレーオフ決勝で最後に俊輔選手と同じピッチで戦えたことを誇らしく話してくれた好青年。ヴェルディでも主力だったが同じカテゴリーの長崎に帰ってきてくれた。
吉岡雅和選手と畑潤基選手は、J3のチームで戦っていた。
吉岡選手はカターレ富山、畑選手はアスルクラロ沼津。
吉岡選手は富山でもあまり試合に絡めてなかったようだが、武者修行は吉岡選手の覚悟を本物にしたのかもしれない。さすがフォワード、ゴール前にスルスルと入ってきて美味しいボールがきたらゴールは外さない決定力に磨きをかけてきたかな。
畑選手は1年半、沼津で戦ってきた。レンタル移籍が決まった時、「絶対に成長して帰ってきます、約束します!」と言っていた。移籍したシーズンはなかなか力を発揮できなかったが、昨シーズンは沼津の主力で得点も重ねていた。チームでもサポさんからも愛されていたようだ。沼津サポさんが定期的に畑選手のポートレートをtwitterにアップしてくれて、その表情が少しづつ明るくなっていくのを嬉しく思いながら見させてもらっていた。湘南戦の畑選手の活躍に、さっそくTwitterで沼津のサポさんだろうか「畑潤基は沼津が育てた!」とのつぶやきが上がった。本当にそうだと思った。沼津の人たちの温かさが、畑選手に自信を取り戻し成長する場を与えてくれたのだと思っている。
シーズン初めの激励会で「おかえりなさい!」と言って迎えた選手たちが躍動した。
それだけではない。
GK富澤選手が4年目でホーム戦のゴールマウスを守った。大竹選手や長谷川選手名倉選手、磯村選手、米田選手がフル出場できたし、大きな崩れもなかった。左サイドの香川〜大本ラインは絶対に亀川〜翁長ラインを脅かすセットになりそう。そろそろ大竹選手のFKでゴールってのも見たくなる。
ルヴァンを戦った選手たちがリーグ戦に顔を出すようになるだろう。手倉森監督が目指している誰が出ても同じ戦力で戦えるチームが着々と出来てきているのかな。楽しみになってきた。

試合後、撤収ボランティアが早めに終わったので、選手バスの出発に間に合った。拍手で選手バスを送り出す。スタジアム観戦(応援)の締めくくりとして爽やかなあと味とささやかな満足感。
今シーズンも始まったなあと、本当の意味で実感した水曜日の夜だった。


 

by windowhead | 2019-03-08 11:41 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead