人気ブログランキング |

「Foot × Brain」国産スパイク復活の話 を見ていたら

b0009103_14575976.jpg

土曜日だったか日曜日だったかに録画しておいた「Foot ×Brain 」を見た。

「YASUDA」という国産サッカースパイクの復活の話だった。
サッカー経験者の勝村さんが大感激するほど50代前後のサッカー経験者には「YASUDA」のスパイクは思い出の深いものらしい。
日本人の幅広の足を熟知しているので自然なフィット感がぜんぜん違うらしい。
{YASUDA」のスパイクが好きでたまらなかった男性が、その復刻のためクラウドファウンディングで呼びかけてお金を集めて復刻した。好きだけどスパイク作りは素人。すでに倒産して会社がなくなっている「YASUDA」の商標の権利を持っている人を探し、設計図になる木型を探すなどたいへんだったようだが、いろんな意味で「YASUDA」に愛着を持っていた人たちの「愛着の形」から、スパイク作りが実現していった。
見ていて一番うれしかったのは、「YASUDA」倒産で潰れてしまった福島のある工場が木型を保存してくれていたってところ。商品が脚光を浴びても一番日の目を見ない制作現場の人たちの自分が作った物への愛着と自信が感じられたエピソードだもの。好きな物でなかったら、その仕事が楽しくなかったら、倒産した製品の木型なんてとっくに捨ててしまうだろう。きっとその木型には仕事の思い出や作った人の愛着やスパイクを履いた人からの感謝の気持ちが詰まっていたんだろう。
そんな人たちの想いが集まって「YASUDA」のスパイクが復刻され、製品化されて行っているらしい。
発表会は海外からも注目され、昨年会社設立に至ったようだ。
なによりこの「YASUDA」のスパイクを広めるアンバサダーを、今シーズンからVファーレン長崎の監督に就任した手倉森誠氏が引き受けていたという。TV画面にほんのちょっとだけテグさんと社長さんが並んだ写真がでてきた。テグさんの名前の下に「Vファーレン長崎監督」って書かれててなんかちょっと嬉しい。テグさんも、選手のころ「YASUDA」を履いていたんだろうか。東北つながりなのかな?詳しいことはよくわからないけれど、テグさんを通じてVファーレン長崎の選手の中にも「YASUDA」愛用者がでてくるかもしれない。それを見つけた時、なんとなくほのぼのしてきそう。
番組を通して感じたのは今そのスパイクを作っている人たちもすごくていねいに愛着をもってスパイクを作る仕事をしているなあ。それが見えるくらいの規模で作られているのはある意味理想的な製品なのかもしれないなあということ。


そして、なんだかんだいいながらやっぱり物を作ることは自分が一番楽しいんだよ、生活の張りになるんだよ、それでできた物を誰かが「いいね」とか「手放せない」とか言ってくれることで誰かのために作ったんだと思えるけれど、根っこは自分が一番満足感を得ているってことなんだ。って再確認。最近、どうしても好きなバッグにであえなくなって、ついつい自分で作ってみているけど、それがなぜか楽しくて、いろいろアイデアも出てくるしでものづくりに燃えている自分のエネルギーの出処まで再確認させてもらったみたい。

「Foot × Brain」は 1週間遅れだけどBSジャパン(BSジャパン 毎週日曜日 深夜2時10分 から)が見られる環境があれば長崎でも見られるよ。この「YASUDA」復活の回は、今週末にあると思います。お勧めの内容でした。


by windowhead | 2019-03-13 15:00

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead