人気ブログランキング |

ベテラン選手の存在

V長崎も先日対戦したが、横浜FCに中村俊輔選手が加入し、試合にでるようになってから、対戦相手チームのサポーターたちのつぶやきに驚きや賞賛に混じって共通した言葉がある。

「動きながらずっと仲間に指示を出している」

俊輔ファンやJ1チームファンの人には普通の光景だが、J2ファンにはこれは驚きの光景のようだ。
中村俊輔といえば、いつも下を向いていてあまり人付き合いが良さそうにない孤高の存在的なイメージを持っている人が多いようだ。なんといっても日本サッカー界を背負った人だから近寄りがたそう。
そんな選手が割と早くにチームにフィットしていくのは不思議でもあるだろう。
磐田で俊輔選手と一緒にプレーしてきた選手のインタビューの中に俊輔選手の姿がわかりやすく書かれていた。ファジアーノ岡山の上田康太選手の昨年のインタビューだけど、ベテラン選手の存在がどんな影響を与えていたかわかるので読んでほしい。

俊輔選手は、練習時や試合後は自らコミュニケーションをとる選手だし、なにより練習後の居残り自主練は相変わらず続いているようだ。
FKやシュートの居残り練習をすればおのずと第三、第四GKさんがおつきあいさせられるが、最高の選手のキックが受けられる。一緒に居残り練習に参加したい選手は割と自由に参加できてるようだ。自身がもっと練習したいのだろうが、一緒にやりたい選手への門戸はいつも開けてくれている。若手、主力、そんなの関係なし。若手選手には自分から声をかけて、アドバイスしたり話し込んだりしているようだ。試合後、かならずチームメイトの若手選手と歩きながら反省会(?)している。これ見よがしではないが、自ら若手に歩み寄ってくれている。
自分が若手のとき居残りシュート練習に先輩の川口能活選手が付き合ってくれたこと、初めて代表に選ばれたとき、ピリピリした雰囲気の中で、三浦知良選手(キングカズ)が真っ先に声をかけてくれたこと、代表の中心選手のとき年上のベテラン選手たちがサポートしてくれたこと、そんな経験からベテランになった自分がやらなければいけないことを学んだという。若手に対して自ら歩み寄っていくのもそんな経験からなんだろう。(若手が好きということもあるだろうけど)
そういえば、Vファーレン長崎のシーズン当初の激励会のときマリノスユースだった新里選手に俊輔サポだよと言ったら「オフのときに俊さんに呼んでもらって会ってきました!」「俊さんのサイン入りユニはすでにもらってます」と自慢されたっけ。絶対に若手と絡むのは好きだよね。

V長崎の練習を見ていても、高杉選手がでてくると翁長選手がうれしそうに絡んでいっておしゃべりしたあと活き活き笑顔で練習に入っていく、そんな姿をよく目にした。チーム最古参の杉さま、今シーズンはいろんなことで苦労も悩むことも多かったのではないだろうか。このチームになくてはならない選手、信頼も深まる。

ベテラン選手や代表経験のレジェンド選手がチームにいることは絶対にプラスになると思う。教えてもらおうと思わず見て学べともいう。だけど、見ていてわからないことを聞けるとさらに成長できるのではないかなあ。俊輔選手の居残り自主練は自然とそんな場になっているんだろう。
今シーズンもあと2試合。俊輔選手が登場できれば、それはもううれしい。
願わくば横浜FCのJ1自動昇格が現実になりますように。
Vファーレン長崎は天皇杯という大きな仕事が残っている。次に繋げて欲しい。






by windowhead | 2019-11-14 13:58 | 10中村俊輔の今 | Comments(0)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead