人気ブログランキング |

ちょっとだけごめんね、志有人くん

幸野志有人選手の契約満了が発表された。

なんとなくそんな気はしていたが、決まってしまうと複雑な気持ちが残る。

Vファーレン長崎がJ2に上がった年に長崎に加入したプラチナブロンドの男の子。
福島のJFAアカデミー出身のサッカーエリート。10代なのにキラキラと自信に満ちていた。技術よりも強い気持ちとハードワークで闘うV長崎の中で、由紀さんと同じく個人技に優れたゲームメーカータイプ。才能の豊かさを感じさせる選手だった。さらにオシャレな都会っ子。すぐさまV長崎の人気者になっていった。

V長崎のファンサポたちに語らせるとみなさん目を輝かせて「技術が違う。天才的」と言う。ファンのそんな声もあってか、志有人くんのプレーによく言う「オシャレプレーが目立ってきた。若い志有人君にしたらその頃は怖いものなしでファンサービスのプレーだったのかもしれない。それを見、聞きするたびに少しづつ白ける私の気持ちがあった。
天才的という選手はそんなもんじゃないのよ。技術が高いってそんなものじゃないよ。たとえば中村俊輔を見てごらんよ。あれだけの才能あふれる選手だけど天才と呼ばれることを否定するし、毎日の地味な練習の積み重ねを続けている。不要なオシャレプレーはしない。それでも技術が光るのは必然の場所でそのプレーが出るし、それを超える予想もしないプレーで危機を回避し得点につなげることができるから。
田舎のチームでチヤホヤされて努力を怠らないでほしい。人を活かすプレーをしていつの間にか自分が輝いている。そんな選手になってほしいと思っていた。
リケルメが好きだと聞いた。俊輔もリケルメが好きだ。だったら中村俊輔の努力を参考にしてもいいんじゃないか。リケルメは古風な10番のプレーにこだわり10番として引退した。俊輔はリケルメ的な10番でありたいと思いつつ、新しいサッカーに順応しながらスタイルを変えて今も選手をつづけている。それでも心の中には古い形の10番へのこだわりを熾のように抱えている。
志有人君にはそんな選手になって欲しいとおもっていた。
だから、私の幸野志有人評価はいつも辛口だった。ずっとものたりないと言っていた。ものたりないプレーをしてもファンサポーターが志有人君を褒め称え、待ってましたというように「シュート、シュート!」とチャントを歌う。それにいらだっていた。もっともがけよ!もっと悩めよ!泥臭いプレーを楽しむようになれよ!と思っていた。
 今シーズンは、なかなか1つになれないように見えるチームの中で接着剤になれそうな役割を期待した。きっと志有人君はその役割を感じて努力してくれたのだと思う。しかしチームの中はもっと複雑だったのだろう。
わかっているんだけど、どうしても少し厳しい目になってしまう。それは私の中で、俊輔と通じるプレーが好きな幸野志有人って選手をどこか身内的な気持ちで見ているからもどかしいんだろうなあと最近わかってきた。


幸野志有人選手。

Vファーレン長崎の誕生から成長を見てきたサポーターにとっては、そんなVファーレン長崎のスピリットを持った末っ子なんだよね。
いつまでもVファーレン長崎のちょっと生意気な末っ子。
マンチェスターシティーのデブライネのアップ顔をみるといつも志有人君に似てるねと思うのは私だけ?
負けるな!魅せてほしい。
ちょっとだけごめんね、志有人くん_b0009103_12042251.jpg
2013年のマッチデープログラムがでてきた。表紙の志有人君、変わらないね〜。懐かしいチーム。
ちょっとだけごめんね、志有人くん_b0009103_12050010.jpg
ちょっとだけごめんね、志有人くん_b0009103_12050778.jpg




by windowhead | 2019-12-06 12:13 | Vファーレン長崎 | Comments(0)

日本の西海岸・長崎からのつぶやきはビンの中の手紙のように漂いながら誰かのもとへ


by windowhead